メインメニューを開く

グレートホープ日本競走馬。同期のスイフトセイダイとともに岩手競馬の2強と評され、SG時代と呼ばれる岩手競馬の黄金期を支えた。おもな勝ち鞍は桐花賞、南部杯、みちのく大賞典、北上川大賞典、東北サラブレッド大賞典。

グレートホープ
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1986年5月14日
ノーザリー
クリトキワ
生国 日本北海道門別町
生産 滝本健二
馬主 小野寺喜久男
調教師 小西重征(岩手)
競走成績
生涯成績 54戦24勝
獲得賞金 2億5254万円
テンプレートを表示

競走成績編集

年齢は当時の表記に合わせて旧年齢で表記する。

3歳編集

1988年11月27日にデビューし、条件戦を2戦2勝。

4歳編集

4月に条件戦で復帰、2着となるが、その後2連勝して当時特別戦だったダイヤモンドカップに出走するもシンガリ負け(勝ち馬スイフトセイダイ)に終わった。条件戦1勝を挟んで出走した東北優駿もミタケエルセンの4着、更に条件戦1勝を挟んだ後のサマーカップでもサカモトランナーの4着に終わった。しかし、条件戦2勝を挟んで出走した不来方賞ダービーグランプリではいずれもスイフトセイダイに敗れたものの、それぞれ0.4秒、0.2秒の僅差で2着、3着と善戦し、そして桐花賞ではスイフトセイダイが東京大賞典出走のために一時大井競馬場に移籍、不在となっていたこともあり、下り坂となっていたトウケイフリートを破り重賞初勝利を挙げた。

5歳編集

しかし、スイフトセイダイが岩手に戻ってくるとどうしてもスイフトセイダイには勝てないレースが続いた。桂樹杯、みちのく大賞典、すずらん賞、シアンモア記念といずれもスイフトセイダイに先着されたが、スイフトセイダイが再び大井競馬場に移籍すると、マイルチャンピオンシップ南部杯北上川大賞典と連勝した。桐花賞連覇を狙うがシャドウイメージに敗れ、2着に終わった。

6歳編集

初戦となったみちのく大賞典では、粘るスイフトセイダイの外から強襲して同時にゴール、長い写真判定の結果、1着同着となった。しかし、赤松杯ではスイフトセイダイに敗れ、シアンモア記念ではSGのマッチレースとなったが僅かにスイフトセイダイに遅れを取り2着だった。ここで、スイフトセイダイが中央競馬オールカマーブリーダーズゴールドカップに挑戦して不在になると、南部杯こそタケデンファイターの2着に敗れるが、東北サラブレッド大賞典、北上川大賞典と重賞を制した。

7歳編集

1月3日に行われた桐花賞を優勝、この年になるとスイフトセイダイとの力関係が逆転してくる。シアンモア記念こそ敗れたが、みちのく大賞典、北上川大賞典でいずれもスイフトセイダイに先着して優勝、上山競馬場で行われた東北サラブレッド大賞典も連覇、南部杯は4着に終わった。しかし、12月31日の桐花賞ではスイフトセイダイを再び破り、勝利したものの、4歳馬のモリユウプリンスにアタマ差に詰め寄られていた。

8歳編集

8歳になってからは、斤量差があるとはいえ、赤松杯、シアンモア記念とモリユウプリンスに連敗した。そしてみちのく大賞典ではトウケイニセイの7着に大敗、結局この年はすずらん賞の1勝のみで終わった。

9歳編集

重賞に出走を重ねるが結果を残すことはできず、この年もすずらん賞の1勝のみで終わった。

エピソード編集

スイフトセイダイとのSG2強といわれるが、24回対戦して、先着したのはわずか8回である。24回のうち1回はみちのく大賞典の1着同着がある。

種牡馬成績編集

1995年に競走馬を引退後、北海道日高軽種馬農業協同組合門別種馬場にて種牡馬として繋養された。産駒にはユングフラウ賞を勝ち、桜花賞 (浦和競馬)で3着、関東オークスで2着に入ったモミジホープ、岩手競馬で8勝を挙げたトウケイクラウン、フレッシュチャレンジを勝ってクローバー賞で4着に入ったビビットグローなどがいる。2000年10月18日付で種牡馬を引退し(用途変更)、余生を過ごしている。

血統編集

グレートホープ血統ノーザンダンサー系 / Nearco4×4=12.50%(父内) (血統表の出典)

*ノーザリー
Northerly (USA)
1972 鹿毛 アメリカ
父の父
Norhern Dancer
1961 鹿毛
Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Dancer
Almahmoud
父の母
Politely
1963 鹿毛
Amerigo Nearco
Sanlinea
Morn Again Sun Again
Morning

クリトキワ
1973 栗毛
*トピオ
Topyo (FRA)
1964 鹿毛
Fine Top Fine Art
Toupie
Deliriosa Delirium
La Fougueuse
母の母
クリヒデ
1958 鹿毛
クリノハナ *Primero
オホヒカリ
ケンタッキー *Diolite
*英月 F-No.1-b

母の母であるクリヒデは天皇賞(秋)を制している。クリヒデの兄弟にも天皇賞(春)を制したクリペロやクモハタ記念や函館記念を制したクリベイがいる。

外部リンク編集