ケンタウルスオオカブト属

ケンタウルスオオカブト属 (Augosoma) は、昆虫綱甲虫目カブトムシ亜科に属する分類群。

ケンタウルスオオカブト属
Aegosoma centaurus.jpg
ケンタウルスオオカブト Augosoma centaurus
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: コウチュウ目(鞘翅目) Coleoptera
亜目 : カブトムシ亜目 Polyphaga
上科 : コガネムシ上科 Scarabaeoidea
: コガネムシ科 Scarabaeidae
亜科 : カブトムシ亜科 Dynastinae
: 真性カブトムシ族 Dynastini
: ケンタウルスオオカブト属 Augosoma

本文参照

ケンタウルスオオカブト属はアフリカで唯一の大型種カブトムシを擁するカブトムシ亜科の属である。アフリカ大陸中西部に生息している。

クワガタムシ科の大型種などの大型のコガネムシ上科の昆虫は、幼虫がまとまった量のある腐植質を主食とし、雄成虫が糖分の多い液状の餌のある場所を防衛して雌を獲得するという似たような生存戦略やニッチを持つ。そのためこれらは生態学上で互いに競合しあう関係にあると言われている。アフリカ大陸で、こうした超大型のコガネムシ上科の昆虫はゴライアスオオツノハナムグリなどの大型ハナムグリ類が繁栄しており、カブトムシやクワガタムシの超大型種が少ないのはこうしたことが原因とする説がある。

体色は褐色で、光沢がある。頭角には1本の、胸角には基部に左右1対の突起がある。胸角は先が分かれており、頭角より長くなることもある。

成虫の寿命は短く数ヶ月程で、このため本属の飼育は容易ではないとされる。

また、現地民は本属の個体を食用にする場合もあるという。

編集

ケンタウルスオオカブト Augosoma centaurus Centaurus beetle
治安が比較的安定しており、採集環境の整ったカメルーン産のものがよく見られる。ギリシャ神話ケンタウルスから。
ニセケンタウルスオオカブト(ガボンオオカブト) Augosoma hippocrates
ガボンに生息している。体長はケンタウルス種と比べてやや小さく7cm程度。知名度はあまりない。