メインメニューを開く

ケント・ウィリアム・ハドリKent William Hadley, 1934年12月17日 - 2005年3月10日)は、アメリカ合衆国アイダホ州ポカテッロ出身のプロ野球選手内野手)。

ケント・ハドリ
Kent Hadley
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アイダホ州ポカテッロ
生年月日 (1934-12-17) 1934年12月17日
没年月日 (2005-03-10) 2005年3月10日(70歳没)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手
プロ入り 1956年 アマチュアFA
初出場 MLB / 1958年9月14日
NPB / 1962年5月1日
最終出場 MLB / 1960年8月21日
NPB / 1967年10月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

1956年デトロイト・タイガースと契約するが、メジャー昇格のないまま1957年11月20日にカンザスシティ・アスレチックスにトレード移籍。アスレチックスで1958年9月14日にメジャーデビュー。1959年は113試合に出場するものの、同年12月11日にニューヨーク・ヤンキースにトレード移籍。1960年は55試合と出場機会が減少し、1961年シカゴ・ホワイトソックスに移籍するものの、ホワイトソックスではメジャーでの出場機会がなかった。

1962年日本プロ野球(NPB)の南海ホークスに入団。メジャー経験もある打者として期待された[1]。同年5月1日の対西鉄戦でいきなりNPBでの初打席本塁打を放った[2]。その後も自慢の長打力を発揮し、1963年には打率.295、30本塁打、84打点の成績を残し、この年のオールスターゲームにも選ばれている[1]。翌年からも2年連続で本塁打を29本放ち(後に外国人選手として初めて通算100本塁打をマーク)[1]、「ケンちゃん」の愛称で南海の主力として活躍した[1]1967年に退団。

特に1966年の日本シリーズでは南海の1勝3敗で迎えた第5戦(大阪スタヂアム)で、延長14回表に巨人に勝ち越しを許すものの、その裏にハドリが逆転サヨナラ2ランホームランを放ち、南海が一矢を報いて意地を見せた。本人も日本を去る際、問われて日本で一番記憶に残るプレーにこのホームランを挙げた。なおハドリは1964年の日本シリーズ第4戦(対阪神タイガース)でもサヨナラホームランを放っており、日本シリーズで2本のサヨナラホームランはシリーズ記録である。帰国後はアイダホ州ポテカロで保険会社の重役となり、日本から記者が取材に行くと、地元の新聞社が駆けつけるほどであった[3]

2005年3月10日に、生まれ故郷であるアイダホ州にて70歳で死去。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1958 KCA 3 11 11 1 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .182 .182 .182 .364
1959 113 318 288 40 73 11 1 10 116 39 1 2 2 3 24 0 1 74 6 .253 .310 .403 .713
1960 NYY 55 70 64 8 13 2 0 4 27 11 0 0 0 0 6 0 0 19 1 .203 .271 .422 .693
1962 南海 110 435 413 39 110 20 4 11 171 56 4 3 2 2 15 2 3 68 8 .266 .296 .414 .710
1963 137 560 518 67 153 25 0 30 268 84 1 3 3 2 36 4 1 97 11 .295 .341 .517 .858
1964 149 582 525 63 138 18 2 29 247 70 3 3 2 3 50 1 2 99 6 .263 .328 .470 .798
1965 131 500 470 67 112 17 3 29 222 86 0 0 0 5 23 2 2 77 10 .238 .274 .472 .746
1966 127 487 438 44 122 16 1 18 194 53 3 1 4 3 36 1 6 89 9 .279 .340 .443 .782
1967 127 464 431 39 92 13 0 14 147 47 4 2 1 1 31 1 0 98 10 .213 .266 .341 .607
MLB:3年 171 399 363 49 88 13 1 14 145 50 1 2 2 3 30 0 1 97 7 .242 .300 .399 .699
NPB:6年 781 3028 2795 319 727 109 10 131 1249 396 15 12 12 16 191 11 14 528 54 .260 .309 .447 .756

表彰編集

NPB

記録編集

MLB初記録
NPB初記録
NPB節目の記録
NPBその他の記録
野村克也とのアベック本塁打に関する記録[4]
  • 1試合2イニング連続:1964年4月12日、対近鉄バファローズ戦(大阪スタヂアム)、4回無死と5回2死から ※2イニング連続は史上初
  • シーズン5回:1964年8月26日、対近鉄バファローズ戦(大阪スタヂアム)、2回無死から ※当時の日本プロ野球記録

背番号編集

  • 18 (1958年 - 1959年)
  • 25 (1960年)
  • 4 (1962年 - 1967年)

脚注編集

  1. ^ a b c d 南海ホークス栄光の歴史 1938-1988、ベースボール・マガジン社、2012年、P67
  2. ^ HAWKS the 70th―ホークス栄光の軌跡、ベースボール・マガジン社、2008年、P82
  3. ^ 野球小僧remix プロ野球[外国人選手]大事典、白夜書房、2011年、P127
  4. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」P422

関連項目編集

外部リンク編集