ケール

アブラナ科の野菜

ケール英語: Kale, Borecole学名:Brassica oleracea var. acephala)はアブラナ科野菜和名リョクヨウカンラン(緑葉甘藍)、ハゴロモカンラン(羽衣甘藍)。

ケール
Boerenkool.jpg
ケール
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: フウチョウソウ目 Brassicales
: アブラナ科 Brassicaceae
: アブラナ属 Brassica
: ヤセイカンラン B. oleracea
変種 : リョクヨウカンラン var. acephala
学名
Brassica oleracea L. var. acephala DC.
和名
リョクヨウカンラン、ハゴロモカンラン
英名
Kale

特徴・利用編集

地中海沿岸が原産で、キャベツの原種のヤセイカンラン B. oleracea に近い。温暖な気候であれば一年中栽培可能で、収穫量も多い。キャベツと違って結球しない。食物繊維カルシウムビタミンといった栄養に富み[1]、ビタミンの含有量は緑黄色野菜の中でも多い。日本では青汁の材料として利用されるほか、近年はサラダや炒め物などの具材としても使われる。

青汁を製造するキューサイ研究開発担当者によると、青汁に含まれるケールの苦味は、葉では感じられず、ペースト状にする過程での酸化により生じる。酸素に接触させないよう加工すると、苦味を抑えられるという[2]。苦味があまり感じられないようにした品種改良も進められ、上記のように生食もされるようになっている[1]

ケールを含むアブラナ科の植物は、S-メチルシステインスルフォキシド (S-methylcysteine sulfoxide) を含み、反芻動物の腸内での化学反応の結果、ジメチルジスルフィド (dimethyl disulfide) へと変化し、などでは溶血性貧血を起こす。

また、緑内障予防の効果が指摘されている。

1990年、メキャベツとの交配により結球しない品種静岡県で開発され、プチヴェールの名で販売されている。

品種編集

ジューシーグリーン(Brassica oleracea L. convar.acephala(DC)Alef.var.sabellica L.)
登録番号-第12578号
品種登録の年月日-平成17年1月19日
特性-搾汁量が多いので青汁に向いている。
スウィートグリーン(Brassica oleracea L. convar.acephala(DC)Alef.var.sabellica L.)
登録番号-第17702号
品種登録の年月日-平成21年3月6日
特性-ジューシーグリーンより背丈は低いが一株当たりの葉数が多い。青汁に向いている。
カーボロリーフ グリーン(Brassica oleracea L. convar.acephala(DC)Alef.var.sabellica L.)
登録番号-第17701号
品種登録の年月日-平成21年3月6日
特性-カーボロネロ(黒キャベツ)よりも葉幅が広い。
キッチン(Brassica oleracea L. convar.acephala(DC)Alef.var.sabellica L.)
登録番号-第17703号
品種登録の年月日-平成21年3月6日
特性-葉がパセリのように波状に湾曲して、葉縁に細かい縮みがある。
サンバカーニバル(Brassica oleracea L. convar.acephala(DC)Alef.var.sabellica L.)
登録番号-第17704号
品種登録の年月日-平成21年3月6日
特性-葉質が柔らかく苦みが少ないため、開発した増田採取種場(静岡県)が「ソフトケール」という商品名で販売している[3]
カリーノケール
しっかりした食感で、食べやすいサラダ向けケールとしてトキタ種苗埼玉県)が開発した品種。の縁が縮れフリルのように愛らしいところから、イタリア語で「愛らしい」を意味する「カリーノ」と命名された。苦味や青臭さが少なく、生のサラダとしても食べられるほか、素揚げのチップス、スープや、発色がよいことから、スムージーでも飲まれる[4][5][6][7]
同種はロイヤルホストにて2018年2月14日から4月上旬まで開催された新作料理フェアで採用されたほか、デニーズのメニューに採用された実績がある[8][9][10]

栄養価編集

ケール, 調理済み
あたりの栄養価
エネルギー 117 kJ (28 kcal)
5.63
糖類 1.25
食物繊維 2.0
0.40
1.90
ビタミン
ビタミンA相当量
(76%)
8173 µg
18246 µg
ビタミンA 13621 IU
チアミン (B1)
(5%)
0.053 mg
リボフラビン (B2)
(6%)
0.070 mg
ナイアシン (B3)
(3%)
0.500 mg
パントテン酸 (B5)
(1%)
0.049 mg
ビタミンB6
(11%)
0.138 mg
葉酸 (B9)
(3%)
13 µg
ビタミンB12
(0%)
0 µg
コリン
(0%)
0.4 mg
ビタミンC
(49%)
41.0 mg
ビタミンD
(0%)
0 µg
ビタミンE
(6%)
0.85 mg
ビタミンK
(778%)
817.0 µg
ミネラル
ナトリウム
(2%)
23 mg
カリウム
(5%)
228 mg
カルシウム
(7%)
72 mg
マグネシウム
(5%)
18 mg
リン
(4%)
28 mg
鉄分
(7%)
0.90 mg
亜鉛
(3%)
0.24 mg
マンガン
(20%)
0.416 mg
他の成分
水分 91.20
アルコール (エタノール)
0
カフェイン 0
%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)

画像編集

出典編集

  1. ^ a b 「ケール 鮮やかな色合い人気/青汁原料 品種改良で生食も」『読売新聞』朝刊2019年8月3日。
  2. ^ 【凄腕つとめにん】キューサイ 開発部グループリーダー 川上征志さん(46)試作で飲んだ青汁10万杯超/ケールにこだわり 苦みすっきり朝日新聞』2019年2月18日(4面)2019年2月19日閲覧。
  3. ^ “(旬ネタ!!)サラダ用ケール もう苦くない”. 『朝日新聞be』. (2017年7月29日). http://www.asahi.com/articles/DA3S13058175.html 
  4. ^ 日本農業新聞 フレマルシェ2018夏 NO31「めずらしい野菜」食べやすいサラダ向けケール カリーノケール
  5. ^ 日本農業新聞 2018年11月15日「トキタ種苗が直売向き品種 イタリアやさいをPR」
  6. ^ NHK 趣味の園芸「やさいの時間」2019年6・7月号
  7. ^ トキタ種苗公式サイト”. 2020年3月2日閲覧。
  8. ^ 植物工場・農業ビジネスオンライン”. 2020年3月13日閲覧。
  9. ^ ロイヤルホールディングス公式サイト - ロイヤルホスト、2月14日より「Meat & Green」を開催”. 2020年3月13日閲覧。
  10. ^ トキタ種苗公式サイト - 2018-03-03 「カリーノケール」の【おいしい”ケール”サラダ】が全国のロイヤルホスト217店舗で楽しめます。”. 2020年3月13日閲覧。

外部リンク編集