メインメニューを開く

ゲイリー・バーナム・ジュニア

ゲイリー・ロバート・バーナム・ジュニアGary Robert Burnham Jr., 1974年10月13日 - )は、アメリカ合衆国コネチカット州出身の元プロ野球選手内野手外野手)。

ゲイリー・バーナム・ジュニア
Gary Burnham Jr.
LM-Burnham-Jr.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 コネチカット州ハートフォード
生年月日 (1974-10-13) 1974年10月13日(45歳)
身長
体重
180 cm
99 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手左翼手
プロ入り 1997年 MLBドラフト22巡目
初出場 CPBL / 2008年3月17日
NPB / 2009年4月4日
最終出場 CPBL / 2008年10月10日
NPB / 2009年9月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴編集

1997年のMLBドラフト22巡目でフィラデルフィア・フィリーズに入団。以後はフィリーズ傘下のマイナーリーグ独立リーグブリッジポート・ブルーフィッシュ)などでプレーしたが、メジャーリーグでの出場はなかった。

2008年は、中華職業棒球大聯盟(CPBL)のLa Newベアーズ登録名霸漢)でプレーし、70試合に出場。打率.323、10本塁打、56打点の成績を記録した。

2009年1月16日にチェイス・ランビンと共に千葉ロッテマリーンズと契約を結んだ。登録名はバーナム・ジュニア。スコアボード表記はバーナムJr.。開幕当初は好調で4月終了時点では打率が4割台であったが徐々に調子を落とし、福浦和也の復調もあって出番が減少し最終的には打率.218、4本塁打、22打点に終わってしまったが、代打での打率は3割を超えていた。10月7日、球団から翌シーズンの契約を更新しない旨を通知された[1]

2010年はイタリア野球リーグ・セリエAのベースボール・ゴードでプレーし、同年限りで現役引退。

人物編集

同郷出身のボビー・バレンタインを尊敬しており、日本入りした際にはバレンタインの肖像画を描いて持ってきた。この事からも分かるように油絵を趣味としており、これにあやかってファンが描いたバーナムJr.のイラストを自身が採点する「バーナム画伯の似顔絵講座」というファンイベントも開催されていた。

ロッテ時代の応援歌はLa Newで使用されていたものを流用していた。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集


















































O
P
S
2008 La New 70 303 266 42 86 23 0 10 139 56 0 0 3 1 22 3 11 32 10 .323 .397 .523 .919
2009 ロッテ 73 179 147 14 32 7 1 4 53 22 1 0 1 1 20 0 10 37 4 .218 .348 .361 .709
CPBL:1年 70 303 266 42 86 23 0 10 139 56 0 0 3 1 22 3 11 32 10 .323 .397 .523 .919
NPB:1年 73 179 147 14 32 7 1 4 53 22 1 0 1 1 20 0 10 37 4 .218 .348 .361 .709

記録編集

CPBL
NPB

背番号編集

  • 21 (2008年)
  • 46 (2009年)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集