コンベンション・センター

コンベンションセンターから転送)
メトロ・トロント・コンベンション・センター
ロサンゼルス・コンベンション・センター

コンベンション・センター: convention center: exhibition centre)は、見本市(展示会)や会議を行うことを主要な事業とする複合施設である。日本では会議場(かいぎじょう)と呼ばれることが多い。また、近年ではこれらの複合施設を中心に据えた観光視点からの取り組みとして、MICE施設と呼称されることもある。

日本の場合、展示面積や収容人数等の明確な定義・基準はないが、複数の会議室のほか、最低400平方メートル以上のホールを1つ以上保有する施設を指すことが多い。

目次

概要編集

コンベンション・センターは大都市や開発地区につくられることが多いが、小さな都市にも存在する。小さな都市では、どちらかといえば、農業産業中心の見本市を多く行う施設が建設されることが多い。

世界最大のコンベンション・センターは、ドイツハノーファーにあるハノーファー国際見本市会場de:Deutsche Messe AG)である(2009年時点)[1]

日本国内においては東京ビッグサイト(展示面積・約8万平方メートル)が最大で、次いで幕張メッセ(約7.5万平方メートル)、インテックス大阪(約7.3万平方メートル)と続く。

施設の名称編集

  • 見本市会場 - 見本市に多く利用されることから。
  • 国際展示場 - 国際的な展示企画が多く行われることから。
  • 国際会議場
  • 国際会館

特に展示会などを行う施設を指して展示場展示ホールとも呼ばれる。また、「産業見本市」や「産業会館」と呼ばれることもある。

主な施設編集

ギャラリー編集

脚注編集

関連項目編集