メインメニューを開く

幕張メッセ

千葉市美浜区にある大型会議・展示施設
幕張新都心 > 幕張メッセ

幕張メッセ(まくはりメッセ、Makuhari Messe)は、千葉県千葉市美浜区幕張新都心に位置する日本最大級のコンベンション・センター国際展示場2棟11ホール、国際会議場、幕張イベントホールを有するアジア地域有数の国際見本市会場及びMICE施設。国際展示場の正式名称は千葉県日本コンベンションセンター国際展示場[条例 1]

幕張メッセ
Makuhari Messe
Makuhari Messe, North hall 1(cropped).jpg
幕張メッセ国際展示場(9-11ホール)
幕張メッセの位置(千葉県内)
幕張メッセ
情報
用途 コンベンションセンター
事業主体 千葉県
管理運営 株式会社幕張メッセ
構造形式 S造、SRC造、RC造
敷地面積 217,151 m²
建築面積 75,098 m² (建蔽率35%)
延床面積 164,919 m² (容積率76%)
駐車台数 普通車5,500台
大型車120台
自動二輪車50台
竣工 1989年9月
開館開所 1989年(平成元年)10月9日
所在地 千葉県千葉市美浜区中瀬二丁目1
座標 北緯35度38分54秒 東経140度2分5秒 / 北緯35.64833度 東経140.03472度 / 35.64833; 140.03472座標: 北緯35度38分54秒 東経140度2分5秒 / 北緯35.64833度 東経140.03472度 / 35.64833; 140.03472
テンプレートを表示
株式会社幕張メッセ
Makuhari Messe,Inc.
Makuhari Messe, North hall 2.jpg
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
261-0023
千葉市美浜区中瀬2-1
設立 1986年(昭和61年)4月30日
業種 サービス業
法人番号 1040001005927
事業内容 展示場・国際会議場等運営
及び付帯事業
代表者 代表取締役社長 藤野達夫
資本金 40億円
売上高 50億1200万円(2019年03月31日時点)[1]
営業利益 4億1400万円(2019年03月31日時点)[1]
経常利益 4億1200万円(2019年03月31日時点)[1]
純利益 2億6200万円(2019年03月31日時点)[1]
純資産 75億7400万円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 89億4500万円(2019年03月31日時点)[1]
主要株主 千葉県(持ち株比率25.0%)
日本政策投資銀行(同20.0%)
千葉市(同12.5%)
テンプレートを表示

日本国内の優秀な建築作品として第32回及び第40回BCS賞(建築業協会賞)、IAITAクォーターナリオ賞、第5回千葉県建築文化賞等を受賞している[2]。運営管理者は株式会社幕張メッセ[広報 1]

概要編集

老朽化及び交通利便性が不遇であった東京国際見本市会場(閉場)の代替並びに幕張新都心開発の一環として、1989年(平成元年)10月9日に千葉県日本コンベンションセンター国際展示場(幕張メッセ国際展示場)が千葉県千葉市美浜区中瀬二丁目1に完成した[3]。同月、第28回「東京モーターショー」が幕張メッセ国際展示場で開催され、史上最高の15カ国が参加。約192万人が訪れた[4]

以後様々な国際見本市国際会議イベントコンサート等、日本を代表する国際見本市会場及びMICE施設として機能している。特に音楽やアニメのイベント利用が増加し、2016年(平成28年)には年間2100ホールという過去最高記録を達成した。これにより、2016年の稼働率は70%-80%程となる[5]

国際展示場1-8ホール、国際展示場9-11ホール(北ホール)、国際会議場、幕張イベントホールの4つの建物から構成されている。設計は高松宮殿下記念世界文化賞プリツカー賞等を受賞している槇文彦。構造設計は木村俊彦及び株式会社構造設計集団。施工はスーパーゼネコン5社を始めとする総合建設会社が行っている。運営会社は1986年(昭和61年)4月30日に設立され、2005年(平成17年)7月1日に、社名を「株式会社日本コンベンションセンター(Nippon Convention Center)」から『株式会社幕張メッセ』に変更した。

  • 建築主
    • 千葉県
    • 株式会社幕張メッセ(旧:株式会社日本コンベンションセンター)
  • 設計者
    • 株式会社槇総合計画事務所(槇文彦設計)
    • 株式会社木村俊彦構造設計事務所(木村俊彦構造設計)
    • 株式会社構造設計集団(SDG)
  • 施工者
  • 竣工日:1989年9月
  • 階数:地下1階、地上3階
  • 構造:RC造、S造
  • 面積
  • 国際展示場1-8ホールおよび9-11ホールの総面積は以下の通り。

幕張メッセのメッセとは、ドイツ語の"見本市"の意味を指す Messe に由来する。

幕張メッセ共用部には、商業用撮影可能な場所があり、テレビドラマのロケ地として利用されている[6][7]

施設編集

幕張メッセ国際展示場1-8ホール及び幕張イベントホール入口
幕張メッセ国際展示場9-11ホール
幕張イベントホール
幕張メッセ国際会議場

敷地面積のべ217,151.47m2、全館冷暖房、空調設備を完備する全天候一体型の建築物である。国際展示場1-8ホール、イベントホール、国際会議場、国際展示場9-11ホール(北ホール)の4つの建物からなる。

国際展示場1-8ホール、イベントホール、国際会議場は、第32回BCS賞(建築業協会賞)、IAITAクォーターナリオ賞受賞。北ホールは、第40回BCS賞、第5回千葉県建築文化賞「景観に配慮した建築物」部門を受賞している。

国際展示場編集

1-8ホールからなる展示施設。

可動間仕切りで、8室の無柱空間に分割できる。各展示ホールごとに南北それぞれ幅12mの出入り口が設けられている。

  • 設計:槇総合計画事務所、木村俊彦構造設計事務所+構造設計集団(SDG)
  • 構造:地上4階、地下1階(RC造、S造)
  • 建築面積:88,940m2
  • 展示面積:54,000m2
    • 1ホールから8ホール:6,750m2×8
  • 天井高:最高28m/最低12m

国際展示場北ホール編集

9-11ホールからなる展示施設。第2期工事にて増設された。1997年10月1日完成。

可動間仕切りにより重量物展示に対応した9,000m2の展示ホールと4,500m2の2つの展示ホールに分割可能。

  • 設計:槇総合計画事務所、構造設計集団(SDG)
  • 構造:地上2階(S造、SRC造、RC造)
  • 建築面積:30,572m2
  • 展示面積:18,000m2
    • 9ホール:9,000m2
    • 10ホール・11ホール:各4,500m2
  • 天井高:最高35m/最低15m

国際会議場編集

  • 構造:地上4階、地下1階(RC造、S造)
  • 建築面積:6,846m2
  • 延床面積:16,700m2
  • コンベンションホール:1,390m2(可動式壁面にて2分割利用可)
  • 国際会議室:635m2
    • 中会議室:6室
    • 小会議室:8室
    • 応接室:2室

幕張イベントホール編集

  • 構造:地上3階、地下1階(RC造、S造)
  • 建築面積:9,357m2
  • 延床面積15,522m2
  • アリーナ面積:3,098m2(5t/m2
  • 固定客席:3,948席(ボックス席を含む)
  • 可動客席:912席
  • 仮設席:約3000席(集会タイプ)

※ 室内スポーツ利用の場合

  • 室内陸上競技:160mトラック、60m直線走路
  • バスケットボールコート:3面
  • テニスコート:3面
  • バレーボールコート:3面
  • ハンドボールコート:1面

実績編集

主要イベント編集

AKB48 劇場盤発売記念大握手会(2011年)

幕張メッセの国際展示場・国際会議場・幕張イベントホールで行われている1年間の催事件数は約841件、来場者数約709万人(平成29年度[8])である。

1989年オープン以来の来場者数は累計約1億6808万人(平成30年3月末現在)となる。

毎年あるいは数年おきに開催される主要イベント(来場者数10万人以上)を以下に記す。

初開催 イベント名称 来場者数参考 備考
1999年- 東京オートサロン

日本レースクイーン大賞授賞式(2011年-)

約33万人(2019年3日間[9] 世界三大カスタムカーショー[10]
1991年- CEATEC JAPAN 約16万人(2018年4日間[11] IT技術とエレクトロニクスの国際展示会[12]
1997年- 東京ゲームショウ 約30万人(2018年3日間[13] 世界三大ゲームショウ[14]
2000年- JAPANドラッグストアショー 約13万人(2018年4日間[15] 日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)主催
2001年- SUMMER SONIC 約16万人(2013年3日間[16] クリエイティブマンプロダクション主催
2003年- COUNTDOWN JAPAN 約19万人(2017年2日間) 年越しロック・J-ポップ・フェスティバル
2009年- ワンダーフェスティバル(冬・夏) 約10万人(2018年2日間[17] 世界最大のガレージキット[18]
2012年- ニコニコ超会議 約16万8千人(2019年2日間) 株式会社ドワンゴ主催[19]

その他のイベント

音楽編集

音楽番組

主な音楽番組を以下に記す。

ライブイベント実績

代表的なライブイベントを以下に記す。

過去のライブ実績

その他

AKB48およびAKB48グループの劇場盤発売記念大握手会の会場となっている[広報 8]

スポーツ編集

主な国際大会を以下に記す。

国際会議編集

主要な国際会議開催実績を以下に記す[37][38]

会議名
1989 11 IFHP(国際住宅・計画連合)千葉国際会議
1993 8 世界精神保健連盟1993年世界会議
1995 10 世界エネルギー会議第16回定期大会
1996 3 第24回国際輸血学会総会
9 国際関係学会 日本国際政治学会 合同国際会議
1997 9 アジア欧州会議経済閣僚会合(ASEM)
1998 8 第9回国際寄生虫学会 (ICOPA-9)
9 第11回世界放射線技師会(ISRRT)
1999 7 第11回国際女性技術者・科学者会議 (ICWES-11)
2000 3 第1回コーデックス・バイオテクノロジー応用食品特別部会(CODEX)
7 第9回数学教育世界会議(ICME-9)
2001 6 第79回国際歯科研究学会総会(IADR)
2002 10 第12回ACI世界総会および太平洋地域部会総会
2003 5 地球惑星科学関連学会2003年合同大会
2004 11 第 34 回国際航空管制技術官連盟 (IFATSEA) 総会
2005 4 WTO・NAMA非公式閣僚会合
5 第14回国際World Wide Web会議 (WWW2005)
2006 9 第10回国際先天代謝異常学会(ICIEM)
2008 3 G20第4回閣僚級対話(グレンイーグルズ対話)
4 MDRTエクスペリエンス2008
5 第13回国際神経芽腫学会(ANR Congress 2008)
2010 8 第25回国際糖質シンポジウム(ICS2010)
9 ICSLP 2010 (Interspeech 2010)
10 第5回プロジェクトマネジメント学会主催国際会議(ProMAC 2010)
2011 1 水銀に関する条約の制定に向けた政府間交渉委員会(INC)第2回会合
7 ASEAN+3(第4回バイオマスエネルギーフォーラム)
2012 10 第26回アジア公開大学連合年次会議(AAOU 2012)
2013 5 国際重粒子線シンポジウム2013大会
6 第40回日本毒性学会学術年会
7 第12回アジア太平洋物理会議
8 第33回国際パズル会議
9 第15回イオン源国際会議
2014 5 日本文化人類学会50周年記念国際研究大会(IUAES 2014 with JASCA)
7 第99 回国際キワニス年次総会
2015 8 第9回国際中欧・東欧研究協議会幕張世界大会
2016 3 第19回東アジア看護学研究者フォーラム(19thEAFONS)
7 第13回国際尿路結石症学会/日本尿路結石症学会第26回学術集会
11 第6回アジアフォージミーティング
11 第57回電池討論会
2017 1 第22回アジア南太平洋設計自動化会議(ASP-DAC2017)
3 2017 IEEE Region 10 Meet
4 Gastech Japan 2017
4 日本地球惑星科学連合(JpGU)-AGU Joint Meeting 2017
7 第40回日本神経科学大会
12 アジア・オセアニア国際アンチ・ドーピングセミナー

交通編集

公共交通機関編集

鉄道編集

路線バス編集

  • 京成バス
  • 千葉海浜交通
    • 「ベイタウン線」
      • 新検見川駅 - 五丁目23街区 - ひびの一丁目 - 海浜幕張駅 - 幕張メッセ中央 - (→ イオンモール幕張新都心イオンスタイル口 / ← イオンモール幕張新都心グランドモール前) - イオンモール幕張新都心ファミリーモール前
      • 海浜幕張駅 - 海浜打瀬小学校 - 海浜病院
    • 「マリンスタジアム線・ベイタウン北循環線」
      • 稲毛駅 - 京成稲毛駅入口 - こじま公園 - 稲毛海岸駅 - 真砂供給公社 - 検見川浜駅(高速バス乗り場) - 検見川高校 - エリスト - 海浜幕張駅 - 幕張メッセ - ZOZOマリンスタジアム - (→ イオンモール幕張新都心イオンスタイル口 / ← イオンモール幕張新都心グランドモール前) - イオンモール幕張新都心ファミリーモール前(マリンスタジアム線)
      • 稲毛駅 - 京成稲毛駅入口 - こじま公園 - 稲毛海岸駅 - 真砂供給公社 - 検見川浜駅(高速バス乗り場) - 検見川高校 - エリスト - 海浜幕張駅 - 幕張メッセ - ZOZOマリンスタジアム(マリンスタジアム線)
      • 稲毛駅 - 京成稲毛駅入口 - こじま公園 - 稲毛海岸駅 - 真砂供給公社 - 検見川浜駅(高速バス乗り場) - 検見川高校 - エリスト - 海浜幕張駅 - 幕張メッセ(マリンスタジアム線・平日早朝のみ)

高速バス編集

その他、幕張メッセ中央から、催事開催時に臨時高速バスもあり。

夜行バス編集

空港リムジンバス編集

自動車編集

高速道路編集

駐車場編集

  • 幕張メッセ駐車場
    • 有料駐車場有、普通車5,500台、大型車120台、自動二輪車50台
    • 出口の先の交差点は方向別に車線が分かれている。
  • 幕張新都心駐車場

空港編集

近隣施設編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f 株式会社幕張メッセ 第33期決算公告
  2. ^ BCS賞受賞作品 | 日本建設業連合会”. www.nikkenren.com. 2019年3月22日閲覧。
  3. ^ “「幕張メッセ」オープン 盛大に落成式典 門出祝う県民ら約7万人”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 1,12,16-17. (1989年10月10日) 
  4. ^ Inc, Japan Automobile Manufacturers Association. “TOKYO MOTOR SHOW WEB SITE” (日本語). TOKYO MOTOR SHOW WEB SITE. 2019年2月19日閲覧。
  5. ^ 幕張メッセ 稼働率過去最高に国際イベントニュース 2016年11月30日
  6. ^ 商業用撮影のご案内 幕張メッセ
  7. ^ テレビドラマ「義母と娘のブルース」にて中国上海の空港を、幕張メッセの国際展示場9-11ホール前のエスプラナードにて撮影している。
  8. ^ 決算公告資料・利用実績 | 幕張メッセ”. www.m-messe.co.jp. 2019年3月22日閲覧。
  9. ^ 東京オートサロン2019の来場者数、過去最高の33万人” (日本語). 自動車春秋社 (2019年1月14日). 2019年3月22日閲覧。
  10. ^ 東京オートサロン公式サイト(2017)
  11. ^ JAPAN 2018, CEATEC. “CEATEC JAPAN 2018 ( Official Website )” (日本語). CEATEC JAPAN 2018 ( Official Website ). 2019年3月22日閲覧。
  12. ^ CEATEC JAPAN2016 開催概要
  13. ^ 東京ゲームショウ2018結果速報!”. CESA、日経BP(2018年9月23日). 2018年10月15日閲覧。
  14. ^ 東京ゲームショウ2015公式サイト
  15. ^ 第19回JAPANドラッグストアショー結果報告” (日本語). 第19回 JAPANドラッグストアショー. 2019年8月28日閲覧。
  16. ^ 過去最高の動員を記録した2013年のサマーソニック” (日本語). ニュースウォーカー. 2019年3月22日閲覧。
  17. ^ ワンダーフェスティバル|Wonder Festival”. wf.kaiyodo.net. 2019年3月22日閲覧。
  18. ^ ワンダーフェスティバル 2009[夏]開幕、全記事一覧まとめ Gigazine 2009年7月26日
  19. ^ アクセス ニコニコ超会議2015公式サイト
  20. ^ 前回開催レポート | FOODEX JAPAN 2019” (日本語). www.jma.or.jp. 2019年3月22日閲覧。
  21. ^ 世界最大の恐竜博2002”. waninosumika.blue.coocan.jp. 2019年3月22日閲覧。
  22. ^ メガ恐竜展 2015 ―巨大化の謎にせまる― | 幕張メッセ”. www.m-messe.co.jp. 2019年3月22日閲覧。
  23. ^ 幕張メッセ×リアル脱出ゲーム「巨大神殿からの脱出」 - レッツエンジョイ東京
  24. ^ リアル脱出ゲーム×ドラゴンクエスト 竜王迷宮からの脱出 - 幕張メッセ
  25. ^ ニコニコ超会議2017にリアル脱出ゲームの“問題作”が登場─脱出する舞台はまさかの「洋式便所」!?PR TIMES
  26. ^ リアル脱出ゲーム キングダム「ある大戦場からの脱出」[千葉公演] - レッツエンジョイ東京
  27. ^ 幕張メッセで「リアル脱出ゲーム×ドラゴンクエスト」今年も開催 - MOSHI MOSHI NIPPON(2018年2月12日)
  28. ^ 日本テレビ放送網株式会社. “ベストアーティスト2018” (日本語). 日本テレビ. 2019年3月22日閲覧。
  29. ^ 【速レポ】<SATANIC CARNIVAL>WANIMA、「しびれるような明日をたぐり寄せていきましょう」” (日本語). BARKS. 2019年3月22日閲覧。
  30. ^ LIVE HOLIC extra vol.3 supported by SPACE SHOWER TV” (日本語). SPACE SHOWER TV. 2019年3月22日閲覧。
  31. ^ DOWNLOAD JAPAN 2019 | Download Festival Japan”. www.downloadfestivaljapan.com. 2019年3月22日閲覧。
  32. ^ ももクロ有安、卒業ライブは幕張メッセ マネジャー川上氏「2万5000人入る」”. www.sponichi.co.jp. 2019年3月22日閲覧。
  33. ^ 「X JAPAN Live日本公演 2018 〜紅に染まった夜〜Makuhari Messe 3Days」開催決定!”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2019年3月22日閲覧。
  34. ^ 2006国際青少年空手道選手権大会 2006.4.8-9/幕張メッセ”. 極真空手 (2006年4月8日). 2019年3月22日閲覧。
  35. ^ 会場:幕張メッセ|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会” (日本語). 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会. 2019年2月19日閲覧。
  36. ^ “IOC approves new events for 2020 Tokyo Games; stadium delays worry Bach; baseball may make comeback” (英語). The Japan Times. (2015年6月9日). http://www.japantimes.co.jp/news/2015/06/09/national/ioc-approves-new-events-2020-tokyo-games-stadium-delays-worry-bach-baseball-may-make-comeback/ 2016年9月19日閲覧。 
  37. ^ 幕張メッセ主なイベント実績https://www.pref.chiba.lg.jp/kigyou/kensetsu/youkoso/about/documents/3messe.pdf
  38. ^ 過去の開催実績 | 魅力ある千葉 | ちば国際コンベンションビューロー|千葉のコンベンション情報サイト”. www.ccb.or.jp. 2019年3月22日閲覧。

条例編集

  1. ^ 千葉県日本コンベンションセンター国際展示場設置管理条例”. 千葉県. 2015年6月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年6月21日閲覧。

広報編集

関連項目編集

外部リンク編集