メインメニューを開く

サザエさんの結婚』(サザエさんのけっこん)は、1959年昭和34年)1月9日に公開された日本映画である。製作・配給は東宝カラー東宝スコープ

サザエさんの結婚
監督 青柳信雄
脚本 笠原良三
原作 長谷川町子
製作 杉原貞雄
出演者 江利チエミ
音楽 神津善行
撮影 鈴木斌
製作会社 東宝
配給 東宝
公開 日本の旗 1959年1月9日
上映時間 90分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 サザエさんの婚約旅行
次作 サザエさんの新婚家庭
テンプレートを表示
劇中で波平と舟が立ち寄った日光東照宮の陽明門

目次

概要編集

サザエさん』実写化映画の第5作。サザエがマスオと結婚に至るまでの話を描いている。

本作には、当時三人娘と呼ばれていた江利チエミ雪村いづみが出演。江利は第4作までと同じくサザエ役を、そして雪村は波平の知人の娘にして映画のニューフェイス役を演じた。撮影所(東宝スタジオ)の場面では、加東大介を始めとする東宝俳優がカメオ出演しており、さらに撮影風景を見せる楽屋落ちがある。

本作からワカメ役が松島トモ子から、本シリーズに先駆けてKRテレビ版ドラマでワカメ役を演じていた猿若久美恵に交代する。

ストーリー編集

サザエの父と母が銀婚式を迎え、家族会議の末、夫婦は日光へ旅立った。その後、大阪の叔父夫婦・万造とちえが、息子のノリオの勉学振りを視察に来た。だがノリオは酒とパチンコに明け暮れ、さらに女性の写真が出て来た。だがそれは、恋人の浅利はま子だった。反対する叔父夫婦だったが、サザエの調停で婚約に成功した。叔父夫婦はノリオ夫婦にアテられ、自分たちも新婚気分になろうと、磯野家の留守を引き受ける。早速サザエは日光へ行き、両親に出会う。

やがてマスオが、親友・悦子と社長のご子息・富岡の結婚式のために上京。サザエは自分の結婚式の参考のために、双方の結婚式に出席した。そして悦子・富岡の結婚式の席上、マスオの東京転勤を頼んでしまう。余計なことを言い、後悔するサザエだったが、ノリオに代わって下宿した映画女優・平目スナ子の話で、マスオが東京に転勤することとなった。ところがサザエは、マスオが女性と買い物をしている所を発見し怒る。だがその女はマスオの妹のタイ子で、「式は是非北海道で」という母の手紙を持って来たのだ。かくしてサザエとマスオは、北海道へと出発した。

参考文書『キネマ旬報』220号[要ページ番号]

スタッフ編集

キャスト編集

同時上映編集

関連項目編集

外部リンク編集