メインメニューを開く

サプサンロシア語: Сапсанハヤブサの意)、ドイツ語: Velaro RUS)はロシア鉄道広軌 (1,520mm) 向けに導入されるシーメンス製高速鉄道車両ヴェラロシリーズの一種である。

Сапсан/Velaro RUS
ЭВС2-02.JPG
基本情報
製造所 シーメンス
主要諸元
軌間 1,520 mm
電気方式 交流25kV50Hz 直流3kV
最高運転速度 200 - 250 km/h
設計最高速度 300 - 330 km/h
編成定員 604人
編成重量 667 t
車体幅 3,265 mm
車体高 3,890 mm
主電動機 IGBT
駆動方式 誘導電動機駆動
編成出力 8,000kW
備考 編成長 250m
テンプレートを表示

2009年12月18日より、モスクワ - サンクトペテルブルク間において、最高速度250km/hで、1日3往復の営業運転を開始した。最速列車は両都市間を、従来よりも45分短縮の3時間45分で、途中無停車で結ぶ。その後最高速度330km/hへ引き上げられる予定である。

2006年5月19日にシーメンスは8編成の高速鉄道車両を30年間の請負契約とともにロシア鉄道から受注したことを発表した。契約額は6億ユーロで、列車はモスクワ - サンクトペテルブルク間とモスクワ - ニジニ・ノヴゴロド間を最高速度250km/h以上で結び、車両はドイツ鉄道ICE 3をベースとし、車体はロシアの広軌規格に合わせて330mm拡幅し3,265mmとされた[1]。4編成は直流3kVと交流25kV/50Hzの交直両用に対応している。1編成あたり10両で編成全体の長さは250m、定員600名である。

車両開発と製造はドイツエアランゲンクレーフェルトで行われ、直流3kVのみに対応した4編成 (version V1) は2009年中にモスクワ - サンクトペテルブルク間に導入され、複電圧対応車 (version V2) は2010年にモスクワ - ニジニ・ノヴゴロド間に導入された。2009年5月2日に281km/hのロシア記録を[2]、同月7日には290km/h[3]の最高速度を記録している。

ルート編集

 
ルート (地図)

脚注編集

外部リンク編集

関連項目編集