サム&デイヴ (Sam & Dave) は、サム・ムーア(サミュエル・デイヴィッド・ムーア)とデイヴ・プレイターによるソウル/R&Bデュオ・グループ。

Sam & Dave
Sam and Dave 1968.jpg
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル ソウル/R&B
活動期間 1961 – 1981
レーベル ルーレットスタックスアトランティックガスト
メンバー サミュエル・デイヴィッド・ムーア
デイヴ・プレイター

人物・経歴編集

マイアミで結成され、1961年から1981年にかけて活動。サムが高音パート(テナー)を、デイヴが低音パート(テナー、バリトン)を受け持つ。

1964年アトランティック・レコードに移籍し、翌年にはアルバム『ホールド・オン(Hold On, I'm Comin')』が大ヒット。タイトル曲もシングル・ヒットし、R&Bチャートの1位を記録。67年にはソウル・マンがポップ2位、R&Bで1位、ポップ年間チャート20位の大ヒットとなった[1]。何枚かのレコードがゴールド・ディスクを獲得した。だがサムとデイヴは不仲で、解散は早かった。

グラミー賞や92年にはロックの殿堂入りを果たした。サム・ムーアは「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第85位にランクインしている。

1988年4月9日に、デイヴ・プレイターが交通事故で死去した。サム・ムーアはドナルド・トランプの就任イベントに参加したことで、一部の音楽ファンから批判された。

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

  • 1966年
    • サム&デイヴ
    • ホールド・オン
  • 1967年
    • ダブル・ダイナマイト(スタックス)
    • ソウル・マン
  • 1968年 アイ・サンキュー(アトランティック)
  • 1969年 ザ・ベスト・オブ
  • 1975年 バック・アッチャ
  • 1978年 スウィート&ファンキー・ゴールド

日本でのテレビ出演編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集