サラエヴォ国立劇場

サラエヴォ国立劇場(サラエヴォこくりつげきじょう、ボスニア語: Narodno pozorište Sarajevoセルビア語: Народно позориште Сарајевоクロアチア語: Narodno kazalište Sarajevo)は、ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエヴォにある劇場演劇オペラコンサートが上演されており、ボスニア・ヘルツェゴビナでは唯一劇場専属の歌劇団・オペラ団・バレエ団を有する[1]

サラエヴォ国立劇場
スーザン・ソンタグ劇場広場とサラエヴォ国立劇場
情報
開館 1921年11月
所在地 71000
ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ サラエヴォ、オバラ・クリナ・バラ通り9
位置 北緯43度51分26秒 東経18度25分14秒 / 北緯43.85722度 東経18.42056度 / 43.85722; 18.42056 (サラエヴォ国立劇場)座標: 北緯43度51分26秒 東経18度25分14秒 / 北緯43.85722度 東経18.42056度 / 43.85722; 18.42056 (サラエヴォ国立劇場)
外部リンク www.nps.ba (ボスニア語)
テンプレートを表示

歴史編集

元々は19世紀後半に公民館として建設され[2]1921年11月に国立劇場として開館した[2][3]。設計はサラエヴォで160以上の建築物を手掛けた建築家カレル・パルジーク英語版による[4]。オープニングセレモニーは当時教育省芸術局の長官を務めていたブラニスラヴ・ヌシッチの主導で開催された。

1946年11月9日サラエヴォオペラ団ボスニア語版が活動を開始。初公演ではベドルジハ・スメタナが作曲した『売られた花嫁』が上演され封切公演となった。同年にはサラエヴォバレエ団ボスニア語版も結成されたが、初公演は1950年5月25日までずれ込んだ。バレエ団の初公演はサラエヴォ国立劇場におけるバレエ団公演の開始を記念して行われ、ボリス・パパンドプロの『The Harvest』が上演された[5]

1992年から1995年まで続いたボスニア・ヘルツェゴビナ紛争では劇場も甚大な被害を受け電力の供給も停止したが、同劇場での演劇活動は蝋燭の灯りの中で続けられた[1]。照明設備の老朽化が進んでいたものの政府財政の悪化により修繕が進まず、ボスニア・ヘルツェゴビナ政府は日本政府に政府開発援助 (ODA) の一環である「文化に関する無償資金協力」(文化無償協力)による修繕費の提供を要請[1]。これを受け2003年10月5日にサラエヴォで4,970万円を限度とする文化無償協力を行うための書簡が交わされ[1]2005年に照明設備の供与が行われた[2]

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b c d “ボスニア・ヘルツェゴビナ国立劇場に対する文化無償協力について”. 国別約束情報(年度別交換公文(E/N)データ) (外務省). (2003年10月3日). http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/data/zyoukyou/h_15/031003_1.html 2017年7月15日閲覧。 
  2. ^ a b c ボスニア観光 : 在ボスニア・ヘルツェゴビナ日本国大使館”. 在ボスニア・ヘルツェゴビナ日本国大使館. 2017年7月15日閲覧。
  3. ^ Rubin, Don (1994). The World Encyclopedia of Contemporary Theatre: Europe. Taylor & Francis. p. 145. ISBN 0-415-05928-3 
  4. ^ Europa Magazine: Check Builder of Sarajevo (In Bosnian)”. 2016年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月10日閲覧。 (ボスニア語)
  5. ^ City of Sarajevo: Sarajevo National Theatre (In Bosnian)”. 2012年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月10日閲覧。

外部リンク編集