メインメニューを開く
サリー伯爵ワーレン家の紋章。現在アランデル伯爵位を保有しているノーフォーク公爵ハワード家の紋章にもルーツのひとつとしてこの紋章が入っている[1]

サリー伯爵英語: Earl of Surrey)は、イングランド貴族伯爵位。

3回創設されており、第1期はウィリアム・ド・ワーレン英語版1088年に叙されたのにはじまり、ワーレン家フィッツアラン家によって世襲されたが、1415年帰属者未定英語版となった。第2期はジョン・ド・モウブレー(後の第4代ノーフォーク公爵)が1451年に叙されたが、彼一代で終わる。第3期は1483年トマス・ハワード(後の第2代ノーフォーク公爵)が叙されたのに始まり、ノーフォーク公爵の従属爵位として現在に至るまでハワード家によって世襲されている。2014年現在のサリー伯爵位保有者は第18代ノーフォーク公爵エドワード・フィッツアラン=ハワードである。

歴史編集

ウィリアム・ド・ワーレン英語版(生年不詳-1088)ノルマンコンクエストで戦功を立て、死の直前にウィリアム2世よりサリー伯爵(もしくはワーレン伯爵)位を与えられた[2]

その後、サリー伯爵はワーレン家によって世襲されたが、7代サリー伯爵ジョン・ド・ワーレン英語版(1286–1347)1347年に男子継承者なく死去すると、その姉アリス英語版(1287–1338)の子である10代アランデル伯爵リチャード・フィッツアラン英語版(1313-1376)がサリー伯爵位を継承した[3][4][5]

第12代アランデル伯爵・第10代サリー伯爵トマス・フィッツアラン英語版(1381–1415)が死去するとアランデル伯爵位は又従兄弟ジョン・フィッツアラン英語版(1385–1421)に継承されたが、サリー伯爵は帰属者未定英語版となった[6]

1451年にはジョン・ド・モウブレー(1444–1476)(1461年に第4代ノーフォーク公爵位を継承)がサリー及びワーレン伯爵に叙されたが、彼一代で絶えた。

1483年にはリチャード3世即位への貢献でジョン・ハワード(生年不詳–1485)が初代ノーフォーク公爵、その息子トマス・ハワード(1443–1524)が初代サリー伯爵に叙されたが[7][8]1485年ボズワースの戦いでリチャード3世とノーフォーク公が敗死したため、父のノーフォーク公爵位とトマスのサリー伯爵位は剥奪された[9]。しかしトマスは1489年1月にサリー伯爵への復権が認められ、ついで1514年にノーフォーク公爵位への復権も認められた[10]。これに伴いサリー伯爵はノーフォーク公爵の従属爵位となり、またノーフォーク公爵家の嫡男の儀礼称号となった(詩人で1547年に処刑されたサリー伯爵ヘンリー・ハワード(1517–1547)はノーフォーク公爵家の嫡男として儀礼称号でサリー伯爵と称されていた人物であり、実際にサリー伯爵の爵位を保有していたわけではない)[8]

1572年には4代ノーフォーク公・3代サリー伯爵トマス・ハワード(1536–1572)大逆罪で処刑され全爵位を剥奪された。その長男フィリップ・ハワード(1557-1595)は母方から第20代アランデル伯爵位を継承したが、敬虔なカトリックとして国教会に抵抗したため、1589年にアランデル伯爵位も剥奪された。その息子であるトマス・ハワード(1585–1646)1604年に第21代アランデル伯爵と第4代サリー伯爵の復権を認められた[11]。その孫である第23代アランデル伯爵・第6代サリー伯爵トマス・ハワード(1627–1677)は、1660年に第5代ノーフォーク公爵位への復権が認められた[12]

これ以降2014年現在までサリー伯爵位はノーフォーク公爵位と分離することなく従属爵位として続いている。ノーフォーク公爵家の嫡男は「アランデル・サリー伯爵」を儀礼称号とする。2014年現在のサリー伯爵位保有者は第18代ノーフォーク公爵エドワード・フィッツアラン=ハワード(1956–)(第19代サリー伯爵)である。

一覧編集

サリーもしくはワーレン伯爵 (1088年)編集

サリーおよびワーレン伯爵 (1451年)編集

サリー伯爵 (1483年)編集

以降ノーフォーク公爵位とともに継承される従属爵位として現在まで続く。2014年現在のサリー伯爵は第18代ノーフォーク公爵エドワード・フィッツアラン=ハワード(第19代サリー伯爵)である。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ 森(1987) p.35-36
  2. ^ William Hunt (1899). "Warenne, William (d.1088)" . In Lee, Sidney. Dictionary of National Biography (in English). 59. London: Smith, Elder & Co. pp. 372–373.
  3. ^ 森(1987) p.35
  4. ^ Lundy, Darryl. “Richard FitzAlan, 10th Earl of Arundel” (英語). thepeerage.com. 2014年11月23日閲覧。
  5. ^ William Hunt (1899). "Warenne, John de (1286-1347)" . In Lee, Sidney. Dictionary of National Biography (in English). 59. London: Smith, Elder & Co. pp. 368–372.
  6. ^ Stephen, Leslie, ed. (1889). "Fitzalan, Thomas" . Dictionary of National Biography (in English). 19. London: Smith, Elder & Co.
  7. ^ Lee, Sidney, ed. (1891). "Howard, Thomas I (1443-1524)" . Dictionary of National Biography (in English). 28. London: Smith, Elder & Co.
  8. ^ a b 海保(1999) p.232
  9. ^ 森(1987) p.24-25
  10. ^ 森(1987) p.26
  11. ^ "Howard, Thomas (1586-1646)" . Dictionary of National Biography (in English). London: Smith, Elder & Co. 1885–1900.
  12. ^ 森(1987) p.40

参考文献編集