メインメニューを開く

ハワード家

ハワード家英語: Howard family)は、イギリスの貴族の家系。1483年ノーフォーク公爵に叙せられたジョン・ハワードを祖とする。2014年現在、爵位を有するハワード家にノーフォーク公爵家エフィンガム伯爵家サフォーク伯爵家カーライル伯爵家ペンリスのハワード男爵家の5つが存在する。

ハワード家
Howard arms (augmented).svg
イギリスの旗 イギリスイングランド王国
創設 1483年
家祖 ジョン・ハワード(初代ノーフォーク公)
現当主 エドワード・フィッツアラン=ハワード(第18代ノーフォーク公)
民族 イギリス人
分家


第2代ノーフォーク公トマス・ハワードヘンリー8世に与えられた加増紋章(矢に打ち抜かれた獅子)を加えたハワード家の紋章[1]

目次

歴史編集

本家編集

ハワード家はノーフォーク北方キングズ・リンに近いイースト・ウィンチから出た[2]。姓からノルマン系ではなくサクソン系と考えられる[3]

記録に残る最初のハワード家の人物はノーフォークの地主で地方民事訴訟裁判所の首席判事を務めたウィリアム・ハワード(生年不詳-1308)である[4][3]。これ以降ハワード家は州長官・庶民院議員・ナイト爵を受ける者などを多数輩出し、イースト・アングリア(ノーフォークとサフォーク)有数の平民の名門家になった[5]

サー・ロバート・ハワード(1385-1436)の代にイースト・アングリアの大貴族である初代ノーフォーク公トマス・ド・モウブレー(イングランド王エドワード1世やフランス王フィリップ3世の子孫にあたる)の娘マーガレット・ド・モウブレー(1391-1459)と結婚し、彼女との間にジョン・ハワード(1420年代前半-1485)を儲けたことでハワード家の家格は急上昇した[6][7]

ジョン・ハワードは1483年リチャード3世の即位に貢献したことでリチャード3世からノーフォーク公爵位を与えられたが、その2年後にはリチャード3世とともにボズワースの戦いで敗死した[8]。その長男トマス(1443-1524)はスコットランド軍の侵攻を退けた功績で1514年ヘンリー8世(1491-1547)から第2代ノーフォーク公爵位の復権を勅許された[9]

2代ノーフォーク公の長男である3代ノーフォーク公トマス(1473-1554)は2人の姪をヘンリー8世の王妃にしており(そのうちの一人アン・ブーリン(1507-1536)エリザベス1世を儲けた)、専制君主ヘンリー8世の宮廷で強大な権力を握った[10]。その長男サリー伯爵ヘンリー(1517-1547)は詩人として著名であった[11]1546年に3代ノーフォーク公父子はヘンリー8世の不興を買って大逆罪により爵位接収の上、処刑されそうになったが(サリー伯爵は実際に処刑される)、ヘンリー8世とエドワード6世の崩御、つづくメアリー女王即位への貢献により1553年にノーフォーク公爵位に復権を果たしている[12][13]

3代ノーフォーク公の死後、サリー伯爵の遺児トマス(1536-1572)が4代ノーフォーク公となった。彼はアランデル伯爵フィッツアラン家をはじめとして名門貴族との婚姻を相次いで結んだことでイングランド最大の貴族となった[14]。しかしスコットランド女王メアリーとの結婚計画によりエリザベス女王に警戒され、1572年に大逆罪により爵位接収のうえ処刑されている[15][13]

その後ハワード家は3代88年にも渡ってノーフォーク公爵位を失ったが、その間もハワード家嫡流はフィッツアラン家から女系継承したアランデル伯爵を継承した[16]。第23代アランデル伯爵トマスの代の1660年に議会の議決により5代ノーフォーク公爵位に復権を果たしている[16]。以降ノーフォーク公爵位は今日まで途切れることなく、ハワード家嫡流によって世襲され続けている。ハワード嫡流は14代ノーフォーク公ヘンリー(1815-1860)の代に「フィッツアラン=ハワード」に改姓している[17]

しかしノーフォーク公爵家は代々カトリックであったため、審査法をはじめとする反カトリック法によって16世紀後半以降1829年のカトリック解放法成立まで政治の中枢から排除された[18]。また宗教的迫害を受けることも多く、第20代アランデル伯爵フィリップ(1557-1595)はカトリックの信仰を捨てることを拒否して死刑判決を受け、死刑執行前に獄死した(教皇庁により列聖される)。1680年には一族の初代スタッフォード子爵英語版ウィリアム・ハワード(1614-1680)カトリック陰謀事件に関与したとして処刑されている(教皇庁により列福される)[19]。8代ノーフォーク公トマス(1683-1732)や襲爵前の9代ノーフォーク公エドワード(1686-1777)ジャコバイトとの関与を疑われ、それぞれ1722年1715年に大逆罪でロンドン塔に投獄されている[20]

分流編集

ハワード家には分流も数多く存在する。現存している爵位を持つ分家にエフィンガム伯爵家サフォーク伯爵家カーライル伯爵家ペンリスのハワード男爵家の4つが存在する[21]。このうちサフォーク伯爵家とカーライル伯爵家はプロテスタントであるため、本家当主がカトリックとして世襲職紋章院総裁の職務を執れないときは代行することが多かった[18]

エフィンガム伯爵家(エフィンガムのハワード男爵)は2代ノーフォーク公の次男エフィンガムのハワード男爵ウィリアム(1510-1573)を祖とする家系である。この家系からはアルマダ海戦の英雄初代ノッティンガム伯爵チャールズ・ハワードが出た[21]

サフォーク伯爵家は4代ノーフォーク公の次男トマス(1561-1626)を祖とし、現在まで21代続いている[21]

カーライル伯爵家は4代ノーフォーク公の三男ウィリアム英語版(1563-1640)の曾孫チャールズ(1629-1685)を祖とし、現在まで13代続いている[21]。カーライル伯爵家によって建造されたヨークシャーハワード城はイギリス貴族の邸宅の中でも最も壮麗な建築物として有名である[22]

ペンリスのハワード男爵家は12代ノーフォーク公バーナード・ハワードの弟ヘンリー・トマス・ハワード英語版の孫エメス英語版(1863-1939)を祖とし[23][24]、現在で3代目である[25]

ハワード家の系図編集

ジョン・ハワードまでの系図編集

 
 
 
 
 
 
フランス王
フィリップ3世
(1245-1285)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イングランド王
エドワード1世
(1239-1307)
 
マーガレット
(?-1318)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
初代ノーフォーク伯
トマス
(1300-1338)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ノーフォーク女公
マーガレット英語版
(1320頃-1399)
 
第4代セグレイブ男爵
ジョン・セグレイブ英語版
(1315-1353)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第4代モウブレー男爵
ジョン・ド・モウブレー英語版
(1340-1368)
 
エリザベス・セグレイブ
(1338-1368)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
初代ノーフォーク公
トマス・ド・モウブレー
(1366-1399)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロバート・ハワード
(1385-1436)
 
マーガレット・ド・モウブレー
(1391-1459)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
初代ノーフォーク公
ジョン・ハワード
(1420年代前半-1485)
(ノーフォーク公爵家系図)
 
 
 
 
 
 
 
 

ノーフォーク公爵家系図編集

初代ノーフォーク公爵
ジョン・ハワード
(1420年代前半-1485)
 
 
 
 
 
第2代ノーフォーク公爵
トマス
(1443-1524)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第3代ノーフォーク公
トマス
(1473-1554)
 
初代エフィンガムのハワード男爵
ウィリアム
(1510-1573)
(エフィンガム伯爵家系図へ)
 
エリザベス
(1480-1538)
 
初代ウィルトシャー伯爵英語版
トマス・ブーリン
(1477頃-1539)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サリー伯爵
ヘンリー
(1517-1547)
 
初代ビンドンのハワード子爵英語版
トマス英語版
(1520-1582)
 
 
 
アン・ブーリン
(1507-1536)
 
イングランド王
ヘンリー8世
(1491-1547)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第2代ビンドンのハワード子爵
ヘンリー
(1542-1590)
 
第3代ビンドンのハワード子爵
トマス英語版
(?-1611)
 
イングランド女王
エリザベス1世
(1533-1603)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第4代ノーフォーク公爵
トマス
(1536-1572)
 
初代ノーザンプトン伯爵
ヘンリー
(1540-1614)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第20代アランデル伯爵
フィリップ
(1557-1595)
 
初代サフォーク伯爵
トマス
(1561-1626)
(サフォーク伯爵家系図へ)
 
ウィリアム英語版
(1563-1640)
(カーライル伯爵家系図へ)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第21代アランデル伯爵
トマス
(1585-1646)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第22代アランデル伯爵
ヘンリー
(1608-1652)
 
初代スタッフォード子爵英語版
ウィリアム
(1614-1680)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第5代ノーフォーク公爵
トマス
(1627-1677)
 
第6代ノーフォーク公爵
ヘンリー
(1628-1684)
 
枢機卿
フィリップ英語版
(1629-1694)
 
チャールズ
(1630-1713)
 
バーナード
(1641-1717)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第7代ノーフォーク公爵
ヘンリー
(1655-1701)
 
トマス
(1662-1689)
 
 
 
 
 
ヘンリー
(1685-1720)
 
バーナード
(1674-1735)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第8代ノーフォーク公爵
トマス
(1683-1732)
 
第9代ノーフォーク公爵
エドワード
(1686-1777)
 
 
 
 
 
第10代ノーフォーク公爵
チャールズ
(1720-1786)
 
ヘンリー
(1713-1787)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第11代ノーフォーク公爵
チャールズ
(1746-1815)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第12代ノーフォーク公爵
バーナード
(1765-1842)
 
ヘンリー
(1766-1824)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第13代ノーフォーク公爵
ヘンリー
(1791-1856)
 
ヘンリー
(1802-1875)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第14代ノーフォーク公爵
ヘンリー
(1815-1860)
(以下フィッツアラン=ハワード姓)
 
初代グロソップのハワード男爵
エドワード英語版
(1818-1883)
(以下フィッツアラン=ハワード姓)
 
初代ペンリスのハワード男爵
エメス英語版
(1863-1939)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第15代ノーフォーク公爵
ヘンリー
(1847-1917)
 
初代フィッツアラン子爵英語版
エドムンド英語版
(1855-1947)
 
第2代グロソップのハワード男爵
フランシス
(1859-1924)
 
第2代ペンリスのハワード男爵
フランシス
(1905-1999)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第16代ノーフォーク公爵
バーナード
(1908-1975)
 
第2代フィッツアラン子爵
ヘンリー英語版
(1883-1962)
 
第3代グロソップのハワード男爵
バーナード英語版
(1885-1972)
 
第3代ペンリスのハワード男爵
フィリップ
(1945-)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第17代ノーフォーク公爵
マイルス
(1915-2002)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第18代ノーフォーク公爵
エドワード
(1956-)
 
 
 

エフィンガム伯爵家系図編集

第2代ノーフォーク公爵
トマス
(1443-1524)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第3代ノーフォーク公
トマス
(1473-1554)
(ノーフォーク公爵家系図へ)
 
初代エフィンガムのハワード男爵
ウィリアム
(1510-1573)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
初代ノッティンガム伯爵
チャールズ
(1536-1624)
 
 
 
 
 
ウィリアム
(1537-1600)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第3代エフィンガムのハワード男爵
ウィリアム英語版
(1577-1615)
 
第2代ノッティンガム伯爵
チャールズ英語版
(1579-1642)
 
第3代ノッティンガム伯爵
チャールズ英語版
(1610-1681)
 
フランシス
(?-1651)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
チャールズ
(?-1672)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第6代エフィンガムのハワード男爵
フランシス英語版
(1643-1695)
 
 
 
 
 
ジョージ
(?-1684)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第7代エフィンガムのハワード男爵
トマス
(1682-1725)
 
初代エフィンガム伯爵(第1期)
フランシス英語版
(1683-1743)
 
 
 
 
 
トマス英語版
(1684-1753)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第2代エフィンガム伯爵(第1期)
トマス英語版
(1714-1763)
 
ジョージ英語版
(1718-1796)
 
ヘンリー
(1736-1811)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第3代エフィンガム伯爵(第1期)
トマス
(1746-1791)
 
第4代エフィンガム伯爵(第1期)
リチャード英語版
(1748-1816)
 
 
 
 
 
初代エフィンガム伯爵(第2期)
ケネス英語版
(1767-1845)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第2代エフィンガム伯爵(第2期)
ヘンリー英語版
(1806-1889)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第3代エフィンガム伯爵(第2期)
ヘンリー英語版
(1837-1898)
 
フレデリック
(1840-1893)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第4代エフィンガム伯爵(第2期)
ヘンリー英語版
(1866-1927)
 
第5代エフィンガム伯爵(第2期)
ゴードン英語版
(1873-1946)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第6代エフィンガム伯爵(第2期)
モウブレー英語版
(1905-1996)
 
ジョン
(1907-1970)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第7代エフィンガム伯爵(第2期)
デイヴィッド
(1939-)
 

サフォーク伯爵家系図編集

第4代ノーフォーク公爵
トマス
(1536-1572)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第20代アランデル伯爵
フィリップ
(1557-1595)
(ノーフォーク公爵家系図へ)
 
初代サフォーク伯爵
トマス
(1561-1626)
 
ウィリアム英語版
(1563-1640)
(カーライル伯爵家系図へ)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第2代サフォーク伯爵
セオフィラス英語版
(1584-1640)
 
 
 
初代バークシャー伯爵英語版
トマス英語版
(1587-1669)
 
初代エスクリックのハワード男爵英語版
エドワード英語版
(?-1675)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第3代サフォーク伯爵
ジェイムズ英語版
(1620-1689)
 
第4代サフォーク伯爵
ジョージ英語版
(1625-1691)
 
第5代サフォーク伯爵
ヘンリー英語版
(1627-1709)
 
 
第2代エスクリックのハワード男爵
トマス
(1625-1678)
 
第3代エスクリックのハワード男爵
ウィリアム英語版
(1626-1694)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第6代サフォーク伯爵
ヘンリー英語版
(1670-1718)
 
第8代サフォーク伯爵
エドワード英語版
(1672-1731)
 
第9代サフォーク伯爵
チャールズ英語版
(1685-1733)
 
 
 
 
 
 
第4代エスクリックのハワード男爵
チャールズ
(?-1715)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第7代サフォーク伯爵
チャールズ英語版
(1693-1722)
 
 
 
 
 
第10代サフォーク伯爵
ヘンリー英語版
(1706-1745)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第2代バークシャー伯爵
チャールズ英語版
(1615-1679)
 
第3代バークシャー伯爵
トマス英語版
(1619-1706)
 
ウィリアム
(1622-?)
 
フィリップ英語版
(1629-1717)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クレイヴェン
(?-1700)
 
チャールズ
(1681-1707)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第11代サフォーク伯爵
ヘンリー英語版
(1686-1757)
 
フィリップ
(1704-1741)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンドーヴァー子爵
ウィリアム英語版
(1714-1756)
 
第14代サフォーク伯爵
トマス英語版
(1721-1783)
 
第15代サフォーク伯爵
ジョン英語版
(1739-1820)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第12代サフォーク伯爵
ヘンリー英語版
(1739-1779)
 
 
 
 
 
第16代サフォーク伯爵
トマス英語版
(1776-1851)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第13代サフォーク伯爵
ヘンリー英語版
(1779)
 
 
 
 
 
第17代サフォーク伯爵
チャールズ英語版
(1805-1876)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第18代サフォーク伯爵
ヘンリー英語版
(1833-1898)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第19代サフォーク伯爵
ヘンリー英語版
(1877-1917)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第20代サフォーク伯爵
チャールズ英語版
(1906-1941)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第21代サフォーク伯爵
チャールズ英語版
(1935-)
 
 

カーライル伯爵家系図編集

第4代ノーフォーク公爵
トマス
(1536-1572)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第20代アランデル伯爵
フィリップ
(1557-1595)
(ノーフォーク公爵家系図へ)
 
初代サフォーク伯爵
トマス
(1561-1626)
(サフォーク伯爵家系図へ)
 
ウィリアム英語版
(1563-1640)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィリップ
(1581-?)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウィリアム
(生没年不詳)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
初代カーライル伯爵
チャールズ
(1629-1685)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第2代カーライル伯爵
エドワード英語版
(1646-1692)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第3代カーライル伯爵
チャールズ
(1669-1738)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第4代カーライル伯爵
ヘンリー英語版
(1694-1758)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第5代カーライル伯爵
フレデリック
(1748-1825)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第6代カーライル伯爵
ジョージ
(1773-1848)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第7代カーライル伯爵
ジョージ
(1802-1864)
 
第8代カーライル伯爵
ウィリアム英語版
(1808-1889)
 
初代レナートン男爵
エドワード英語版
(1809-1880)
 
チャールズ
(1814-1879)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第9代カーライル伯爵
ジョージ英語版
(1843-1911)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第10代カーライル伯爵
チャールズ英語版
(1867-1912)
 
ジェフリー英語版
(1877-1935)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第11代カーライル伯爵
ジョージ英語版
(1895-1963)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第12代カーライル伯爵
チャールズ英語版
(1923-1994)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第13代カーライル伯爵
ジョージ英語版
(1949-)
 
 
 

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ 森(1987) p.27
  2. ^ 森(1987) p.21
  3. ^ a b 海保(1999) p.214
  4. ^ 森(1987) p.21-22
  5. ^ 海保(1999) p.215
  6. ^ 森(1987) p.22
  7. ^ 海保(1999) p.214-216
  8. ^ 森(1987) p.24-25
  9. ^ 森(1987) p.26
  10. ^ 森(1987) p.28-301
  11. ^ 海保(1999) p.186
  12. ^ 森(1987) p.31-32
  13. ^ a b 海保(1999) p.209
  14. ^ 森(1987) p.34-37
  15. ^ 森(1987) p.37-40
  16. ^ a b 海保(1999) p.210
  17. ^ 森(1987) p.49
  18. ^ a b 海保(1999) p.174
  19. ^ 海保(1999) p.179
  20. ^ 海保(1999) p.212
  21. ^ a b c d 海保(1999) p.171
  22. ^ 海保(1999) p.194
  23. ^ Lundy, Darryl. “Esme William Howard, 1st Baron Howard of Penrith” (英語). thepeerage.com. 2014年11月23日閲覧。
  24. ^ 海保(1999) p.172
  25. ^ Lundy, Darryl. “Philip Esme Howard, 3rd Baron Howard of Penrith” (英語). thepeerage.com. 2014年11月23日閲覧。

参考文献編集