メインメニューを開く

サロンシネマ1・2(Salon Cinema1・2)は、広島県広島市中区八丁堀にある映画館ミニシアター)。映画興行会社の序破急によって運営されている。キャッチ・コピーは「夢売劇場 サロンシネマ」。

サロンシネマ1・2
Salon Cinema
Hiroshima TOEI Plaza 20140923.JPG
サロンシネマが入居する広島東映プラザビル
地図
八丁堀サロンシネマの地図
情報
正式名称 サロンシネマ
開館 2014年9月20日
開館公演 太秦ライムライト(サロンシネマ1)
バツイチは恋のはじまり(サロンシネマ2)
客席数 125席(サロンシネマ1)
91席(サロンシネマ2)
設備 5.1chデジタルサウンド
用途 映画上映
運営 株式会社序破急[1]
所在地 730-0013
広島県広島市中区八丁堀16-10
広島東映プラザ8階
位置 北緯34度23分40.3秒
東経132度27分43.3秒
座標: 北緯34度23分40.3秒 東経132度27分43.3秒
最寄駅 広島電鉄本線立町電停
外部リンク サロンシネマ

2014年に中区大手町の鷹野橋(タカノ橋)から現所在地の八丁堀に移転した。移転前後で名称の変化がなかったため、ここでは両館を便宜的にタカノ橋サロンシネマ、八丁堀サロンシネマと記載することで区別する。

沿革編集

  • 1959年 - タカノ橋OSが開館
  • 1962年 - タカノ橋大映が開館
  • 1960年代 - タカノ橋OSがタカノ橋日劇に改称
  • 1972年3月1日 - タカノ橋大映がサロンシネマ1に改称
  • 1994年4月29日 - タカノ橋日劇がサロンシネマ2に改称
  • 2014年
    • 8月31日 - 鷹野橋での営業を終了
    • 9月20日 - 八丁堀に移転して営業再開

タカノ橋サロンシネマ編集

(旧)サロンシネマ1・2
Salon Cinema
 
移転前のサロンシネマが入居していた、タカノ橋公楽センタービル
情報
開館 1972年3月1日(サロンシネマ1)
1994年4月29日(サロンシネマ2)[補足 1]
閉館 2014年8月31日
最終公演 昭和残侠伝 死んで貰います(サロンシネマ1)
有りがたうさん(サロンシネマ2)
客席数 100席(サロンシネマ1)
99席(サロンシネマ2)
設備 ドルビーデジタル5.1ch
用途 映画上映
運営 蔵本興行( - 1984年頃)[2][3][4][5]→公楽産業有限会社(1985 - 2007年頃)[6][7][8][9][10][11]→株式会社序破急(2008 - 2014年)
所在地 730-0051
広島県広島市中区大手町5-8-20
最寄駅 広島電鉄宇品線鷹野橋電停
最寄バス停 広島バス「鷹野橋商店街」停留所

かつてサロンシネマ1・2は、中区大手町の鷹野橋(タカノ橋)と呼ばれる地区にあった。タカノ橋商店街振興組合に加盟しており、2スクリーンを有した。

サロンシネマ1は日本一広い革張りシートが特徴であり、シート前部にはカウンターテーブルが設置されていた。サロンシネマ2はマツダと共同開発した自動車タイプのシートが使用され、天井にはフレスコ画が描かれていた[12][13]

データ編集

  • 所在地 : 広島県広島市中区大手町5-8-20
  • アクセス : 広島電鉄宇品線鷹野橋電停から西に徒歩2分(150m)、広島バス鷹の橋バス停から徒歩2分
  • 座席数:100席(サロンシネマ1)、99席(サロンシネマ2)
  • 支配人 : 蔵本登( - 1980年)、住岡正明(1980年 - 2011年)、桑原由貴(2012年 - 2014年)

歴史編集

鷹野橋のサロンシネマ1とサロンシネマ2はそれぞれ異なる歴史を持っていた。1959年、日活映画の直営封切館であるタカノ橋OS(サロンシネマ2の前前身)がこの地に開館し、1962年には大映の直営封切館であるタカノ橋大映(サロンシネマ1の前身)が開館[12]。一時期は、タカノ橋OS、タカノ橋大映、東映の邦画封切館であるタカノ橋東映、洋画のスバル座、名画座のタカノ橋名劇の5館が現在のサロンシネマの建物がある場所を占めていた[12][14]。タカノ橋大映は1972年3月1日にサロンシネマ1となり、1980年には支配人の蔵本登が閉館を検討したが、東京の出版社に勤務していた住岡正明が支配人の座を引き継いで上映を続けた[12][14]。タカノ橋OSは1960年代にタカノ橋日劇となった後、1994年4月29日にサロンシネマ2となった[12]

2014年5月21日の中国新聞の報道で、8月末で閉館し市内に移転することが明らかになった[15]。入居しているビルの老朽化が進み2013年春には外壁の一部が落下[15]。補修も限界に来ていた[15]。同年6月24日の中国新聞の報道で、八丁堀の広島東映プラザ8階に移転することが明らかになった[16]。サロンシネマ1・2は2014年8月31日に鷹野橋での上映を終えた[17]。8月31日の最終上映作品はサロンシネマ1が『昭和残侠伝 死んで貰います』、サロンシネマ2が『有りがたうさん』だった。

2018年に公開された映画『鯉のはなシアター』(時川英之監督)では、旧サロンシネマが劇中の映画館「ピジョン座」となって登場している[18]

八丁堀サロンシネマ編集

広島東映プラザビル
Hiroshima Toei Plaza
店舗概要
所在地 730-0013
広島県広島市中区八丁堀16-10
開業日 1995年10月
正式名称 広島東映プラザビル
施設所有者 東映株式会社
中核店舗 東急ハンズ広島店
ダイナム信頼の森・広島八丁堀店
広島東映・広島ルーブルサロンシネマ
営業時間 各フロアによって異なる
前身 広島東映劇場
最寄駅 広島電鉄本線立町停留場
 
テンプレートを表示

データ編集

歴史編集

 
『百円の恋』上映時に来館した安藤サクラ

2014年6月末より移転先の八丁堀・広島東映プラザで改装工事が始まった[17]。広島東映プラザ8階では1995年から広島東映・広島ルーブルが営業していたが、2009年の閉館後は空きテナントとなっていた[17]

当初は、移転に合わせて館名を変更する予定にしていたが[16]、同年8月1日に以前の館名と同じサロンシネマになることを発表した[19]。座席数は広島東映のあったスクリーンが125席、ルーブルのあったスクリーンが91席[補足 2]となり、 東映・ルーブル時代の約半分に減った。

運営母体が同じ八丁座と同様に、部谷京子が内装デザインを手がけ[20][21]、1階にはイラストレーター・宮崎祐治による映画の名場面のイラストを作画[19][21]。館内には、BIG FRONTひろしま建設まで広島駅前で営業していた喫茶店『純喫茶パール』が出店している[20][21][補足 3]

同年9月19日に活動弁士・澤登翠を迎えての内覧会が行われ[21]、9月20日にリニューアルオープンした[17]。9月20日の初回上映作品はサロンシネマ1が『太秦ライムライト』、サロンシネマ2が『バツイチは恋のはじまり』を上映した。11月22日から28日にはサロンシネマ2にて「食と農の映画祭2014 in ひろしま」が開催された[22]

2015年1月12日には上映中の『百円の恋』の舞台挨拶が行われ、武正晴監督と主演の安藤サクラが来館している[23][24]

2スクリーン共、スクリーンから向かって最後部に掘りごたつ席(シネマ1:10席、シネマ2:6席)を常備。シネマ2の座席の一部は2014年12月に閉鎖されたシネツイン新天地で使用されたものが再利用されている[21]

脚注編集

[ヘルプ]

補足編集

  1. ^ いずれも『サロンシネマ』としての開館日
  2. ^ 計画段階では各90席の2スクリーン制で、緞帳や椅子を赤で統一するとした[20][19]
  3. ^ 運営は元々広島駅前の店舗を運営していた人物では無く、広島地区などで飲食店を運営している商業藝術が看板などを継承して運営している。『純喫茶パール』についてサロンシネマ以外に、宇品で商業藝術が運営している24/7 coffee&roaster ujinaが焙煎機などを引き継いでいる。純喫茶全盛期は酒などを扱わない店のことを純喫茶と呼んでいたが、現在のパールは酒類も扱い、元々の純喫茶の意味から乖離している。

出典編集

  1. ^ 『映画館名簿 2014年版』
  2. ^ 『映画館名簿 1977年版』 135ページ
  3. ^ 『映画館名簿 1978年版』 135ページ
  4. ^ 『映画館名簿 1981年版』 133ページ
  5. ^ 『映画館名簿 1984年版』 131ページ
  6. ^ 『映画館名簿 1985年版』 123ページ
  7. ^ 『映画館名簿 1992年版』 111ページ
  8. ^ 『映画館名簿 1995年版』 105ページ
  9. ^ 『映画館名簿 2000年版』 131ページ
  10. ^ 『映画館名簿 2005年版』 165ページ
  11. ^ 『映画館名簿 2008年版』 177ページ
  12. ^ a b c d e サロンシネマ1・2”. 港町キネマ通り (2008年9月). 2014年10月18日閲覧。
  13. ^ 劇場案内序破急
  14. ^ a b 阿奈井文彦「広島サロンシネマ」『名画座時代 –消えた映画館を探して』岩波書店 pp.183-203
  15. ^ a b c 『広島・鷹野橋商店街で上映半世紀 サロンシネマ8月閉館 老朽化 市内で移転へ』 - 中国新聞 2014年5月21日 28ページ
  16. ^ a b 『サロンシネマ 八丁堀に移転 広島東映プラザビル内9月にも 座席ゆったりレトロな雰囲気』 - 中国新聞 2014年6月24日 27ページ
  17. ^ a b c d “広島の映画館「サロンシネマ」が8月に閉館-広島東映・ルーブル跡に新館開く”. 広島経済新聞. (2014年7月2日). http://hiroshima.keizai.biz/headline/1890/ 2014年10月18日閲覧。 
  18. ^ 小説『鯉のはなシアター』映像化!主演はチュートリアルの徳井さん!”. FLAG!web. ザメディアジョンプレス (2018年3月7日). 2018年11月12日閲覧。
  19. ^ a b c 『「サロンシネマ」のままで♪ 広島 来月20日移転オープン ファン要望で名称変えず』 - 中国新聞 2014年8月2日 27ページ
  20. ^ a b c 夢売劇場サロンシネマ | 広島の映画館サロンシネマ、シネツイン、八丁座
  21. ^ a b c d e “広島・八丁堀に「サロンシネマ」 - 鷹野橋から移転、八丁座に続いて開館”. 広島経済新聞. (2014年9月19日). http://hiroshima.keizai.biz/headline/1944/ 2014年10月18日閲覧。 
  22. ^ 食と農の映画祭2014 in ひろしま (PDF) 序破急
  23. ^ 映画『百円の恋』主演*安藤サクラが広島に”. タウン d ポン. 中国放送 (2015年1月15日). 2015年1月29日閲覧。
  24. ^ sakura_ando (2015年1月12日). “広島 サロンシネマでの舞台挨拶 記念撮影すっかりわすれてしまい…、”. 安藤サクラ. Twitter. 2015年1月29日閲覧。

外部リンク編集