ザ・ハート・オブ・シングズ・ライヴ

ジョン・マクラフリンのライブ・アルバム

ザ・ハート・オブ・シングズ・ライヴ』(原題:The Heart of Things: Live in Paris)は、ジョン・マクラフリン1998年に録音・2000年に発表したライブ・アルバム

ザ・ハート・オブ・シングズ・ライヴ
ジョン・マクラフリンライブ・アルバム
リリース
録音 1998年11月4日 - 5日 パリ ラ・シガール[1]
ジャンル ジャズフュージョン
時間
レーベル ヴァーヴ・レコード
プロデュース ジョン・マクラフリン
専門評論家によるレビュー
ジョン・マクラフリン アルバム 年表
リメンバー・シャクティ
(1999年)
ザ・ハート・オブ・シングズ・ライヴ
(2000年)
ザ・ビリーヴァー
(2000年)
テンプレートを表示

背景 編集

1997年のアルバム『ザ・ハート・オブ・シングズ』リリースに伴う公演のライブ録音で、収録曲のうち3曲は同作からの曲である[2]。ただし、同アルバムに参加したジム・ビアードウェイン・ショーターに引き抜かれたため、本作に収録された公演ではベネズエラ出身のオトマロ・ルイーズが代役を務めた[3]。また、参加メンバーのゲイリー・トーマスが自身のリーダー・アルバム『コールド・ケージ』(1991年)で発表した「ザ・ディヴァイド」のライブ録音も収録された[3]

なお、この時の公演を最後に、マクラフリンは「ザ・ハート・オブ・シングズ」名義での活動を終了した[3]

反響・評価 編集

アメリカの『ビルボード』では、ジャズ・アルバム・チャートで25位に達した[4]

William Ruhlmannはオールミュージックにおいて5点満点中4点を付け「本作の聴き所の"Tony"は、既に故人のトニー・ウィリアムスに捧げられた曲で、ドラマーのデニス・チェンバースに見事な演奏のチャンスを与えている」と評している[2]。本作は2023年、uDiscoverMusicにおいて「ジャズの偉大なライブ・アルバム50」の一つとして挙げられた[5]

収録曲 編集

特記なき楽曲はジョン・マクラフリン作曲。

  1. セヴン・シスターズ - "Seven Sisters" - 8:32
  2. マザー・タング - "Mother Tongues" - 12:59
  3. 堕落天使 - "Fallen Angels" - 10:35
  4. ザ・ディヴァイド - "The Divide" (Gary Thomas) - 16:43
  5. トニー - "Tony" - 13:56
  6. アシッド・ジャズ - "Acid Jazz" - 14:52

参加ミュージシャン 編集

脚注 編集

  1. ^ CD英文ブックレット内クレジット
  2. ^ a b c Ruhlmann, William. “John McLaughlin - The Heart of Things: Live in Paris Album Reviews, Songs & More”. AllMusic. 2024年2月6日閲覧。
  3. ^ a b c 日本盤CD (POCJ-1478)ライナーノーツ(工藤由美、2000年1月)
  4. ^ John McLaughlin - Awards”. AllMusic. 2013年11月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月6日閲覧。
  5. ^ The 50 Greatest Live Jazz Albums”. uDiscoverMusic (2023年9月25日). 2024年2月6日閲覧。

外部リンク 編集