メインメニューを開く

シェラトン都ホテル東京

日本の東京都港区にあるホテル

シェラトン都ホテル東京(シェラトンみやこホテルとうきょう、Sheraton Miyako Hotel Tokyo)は、東京都港区白金台一丁目にある高級ホテルマリオット・インターナショナルのグループホテルである。運営は近鉄・都ホテルズ

シェラトン都ホテル東京
Sheraton Miyako Hotel Tokyo.JPG
ホテル概要
正式名称 シェラトン都ホテル東京
ホテルチェーン マリオットインターナショナル
都ホテルズ&リゾーツ
運営 近鉄・都ホテルズ
所有者 近畿日本鉄道
前身 都ホテル東京
→ラディソン都ホテル東京
階数 地下2階 - 地上12階
部屋数 484室
開業 1979年7月7日
最寄駅 東京メトロ都営地下鉄白金台駅
最寄IC 首都高速2号目黒線目黒出入口
所在地 〒108-8640
東京都港区白金台一丁目1番50号
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示
Sheraton Miyako Hotel Tokyo2.JPG

沿革編集

1979年7月7日、閑静な港区白金台の旧藤山愛一郎(元外務大臣・国務大臣経済企画庁長官・日本商工会議所会頭・東京商工会議所会頭・日本航空初代会長等を歴任)邸跡地に、「都ホテル東京」として開業。建物は、世界貿易センタービルなどで知られるアメリカの建築家ミノル・ヤマサキの設計。内装と庭園は日生劇場などで知られる村野藤吾の設計であった[1]が、2000年以降の改装により村野のデザインの大部分は失われ、低層階(地下2階〜1階)の内装の一部や階段等にその名残りを残すのみである。

1996年にカールソン・ホテルズ・ワールドワイド(現:カールソン・レジドール・ホテルズ)と提携し、英語名のみをRadisson Miyako Hotel Tokyoとした。その後2003年には日本語名もラディソン都ホテル東京と改称したが、2007年には、カールソンとの提携を解消すると同時にスターウッド・ホテル&リゾートと提携し、2007年4月1日シェラトン都ホテル東京と改称した。

3つのレストラン、2つのラウンジ・バーのほか、エステティックサロン、バラエティーショップ、ショッピングアーケード、日本庭園がある。

客室編集

スイートルーム6室を含む全484室。全室ともセミダブルサイズ以上のベッドになっている。

  • 12階 - 11階 : プレミアムフロア THE CLUB
  • 10階 - 9階: プレミアムフロア
  • 8階 - 3階 : コンフォートフロア
  • 2階 : みやびフロア

施設編集

  • カフェ カリフォルニア(カフェレストラン)
  • 四川(中国料理
  • バンブー(ロビーラウンジ)
  • M BAR(バー)、など

アクセス編集

関連項目編集

注釈編集

  1. ^ 「近畿日本鉄道100年のあゆみ」P.407 近畿日本鉄道2010年

外部リンク編集