シェラマドレの決斗

シェラマドレの決斗』(シェラマドレのけっとう、原題:The Appaloosa)は、1966年制作のアメリカ合衆国西部劇映画シドニー・J・フューリー監督、マーロン・ブランド主演[1]。『シェラマドレの決闘』との表記もある。

シェラマドレの決斗
The Appaloosa
監督 シドニー・J・フューリー
脚本 ジェームズ・ブリッジス
ローランド・キビー
原作 ロバート・マックラウド
製作 アラン・ミラー
出演者 マーロン・ブランド
アンジャネット・カマー
ジョン・サクソン
音楽 フランク・スキナー
撮影 ラッセル・メティ
編集 テッド・J・ケント
製作会社 ユニバーサル・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1966年9月14日
日本の旗 1966年11月12日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

あらすじ編集

野牛狩りを仕事としていたマットは仕事がうまくいかなかったため、唯一の財産であるアパルーサ馬とともに故郷へ帰ることにした。

その途中立ち寄った教会で、マットはトリニという女性と出会う。彼女は貧農の娘で、地元の強盗団の首領チュイの情婦にされていた。そこへチュイがやって来た。彼はすぐにアパルーサ馬に目を付け、売ってくれと迫ったが、マットは拒否した。

故郷へ帰ってきたマットは、義兄弟のパコと共にアパルーサ馬を種馬に牧場を始めようとしていたが、馬を狙うチュイの子分に馬を盗まれてしまう。マットは馬を奪還するべく、チュイ一味と対決する。

キャスト編集

※テレビ放映:NET日曜洋画劇場1971年5月16日

脚注編集

外部リンク編集