メインメニューを開く
シシカバブにオルゾピラフ、タマネギ、トマトなどを添えたもの

シシカバブは、ぶつ切りにした串焼き料理の一つ[1]中東を中心にアジア全域で食べられている。シシ(şiş)はトルコ語での意[2]カバブはもともとロースト肉(כבבא)を意味する古代アラム語である。

カバブ(ケバブ)は異なる広範な肉料理の総称であり、串焼きのカバブは「串」を意味する語を付して、トルコではシシュ・ケバブ (şiş Kebabı)、ウイグルではジク・カワープ (زىخ كاۋاپ)、アラビア語圏ではシーシュ・カバーブ (شيش كباب)、インドではシーク・カバーブ (सीख़ कबाब, سیخ کباب, sīkh kabāb)と呼ばれる。キルギスドンガン語ではチエンチエンロウ(чянчянжу、簽簽肉)と意訳して呼んでいる。似た料理に、コーカサス地方のシャシリクがある[3]

日本では、インド料理のシークカバーブが早くに紹介され、それがトルコ風に訛った「シシカバブー」という名前で親しまれてきた。近年、トルコ料理としてのシシュケバブが紹介されるにつれ、もともと同じ料理だが調理法の異なるシークカバーブとシシュケバブが混同されている。[4]

串焼きのカバブの標準的なサイズは各地で差があり、日本の焼き鳥程度の20cm程度の串を使う地域から、40cm程度の剣のような串を使う地域もあれば、クチャ県の1m近い巨大な串を使う例まである。

目次

シシュケバブ編集

 
鶏肉のシシュケバブ
 
羊肉のシシュケバブ

トルコなどのイスラム教国の場合、一般的には羊肉が使われる(kuzu şiş)が[5]牛肉仔牛肉(dana şiş)、メカジキ(kılıç şiş)[6]鶏肉(tavuk şiş)を使ったものもある。トルコでは、シシュケバブとそれに添える野菜は通常同じ串でなく別々に焼かれる[7]

シークカバーブ編集

インド編集

ヒンドゥー教徒が多いインドでは、ムスリム専用食堂など一部の場を除いてシークカバーブに牛肉が使われることはなく、もっぱら羊肉山羊肉が使用される。ほか魚や鶏肉のシークカバーブもあるが、羊のものに比べればあまり一般的ではない。

パキスタン編集

 
シークカバーブ(パキスタン)

パキスタンのシークカバーブは、スパイスを加えた挽肉の串焼き料理。タンドールで焼かれ、チャツネミントのソースが添えてあることが多い。タンドールで焼いたさまざまな料理を盛り合わせた大皿に並べられることがよくある。ドネルケバブと同じようにナンに挟んで食べることもある。シークカバーブはパキスタンの伝統食としての役目を担っている。

イラン編集

イランの国民食は、角切りにしたヒレまたはサーロインを串に刺して焼いたキャバーベ・バルグ (کباب برک kabāb-e barg) または味つけした挽肉を串に巻いて焼いたキャバーブ・クービーデ(کباب کوبیده kabāb kūbīde) をチェロウ (جلو chelow) という白いピラフの上にのせて食べる「チェロウ・キャバーブ」である。

シャシリク編集

 
シャシリク

シャシリクは中東欧コーカサス中央アジア北アジアなどで広く食される肉の串焼き料理。「シャシリク」はクリミア・タタール語からの借入語で、「串刺しにしたもの」を意味する言葉が変化したもの[8]。シシカバブの「シシ(アゼルバイジャン語: şişトルコ語: şiş、串)」と同根語である。

コーカサス地方のカバブが、サハリンを含む旧ソ連各地域・各国など全域に広がったとされる。シャシリクに用いる肉はもともとは羊肉(ラムやマトン)の腎臓や肉であったが、牛肉豚肉鶏肉、さらにはチョウザメなどの魚肉まで、さまざまな肉類で、地方ごと、あるいは宗教や伝統に応じて食べられている。

ワインオリーブ・オイルなどを混ぜたものに、ニンニクタマネギ、黒胡椒、クローブなどの香辛料ハーブなどを調味料として長時間漬け込んだものを用いる。[8]

参考文献編集

  1. ^ (英語)John Ayto (18 October 2012). The Diner's Dictionary: Word Origins of Food and Drink. OUP Oxford. pp. 192–. ISBN 978-0-19-964024-9. https://books.google.com/books?id=NoicAQAAQBAJ&pg=PA192. 
  2. ^ (英語)Gil Marks (17 November 2010). Encyclopedia of Jewish Food. Houghton Mifflin Harcourt. pp. 597–. ISBN 0-544-18631-1. https://books.google.com/books?id=gFK_yx7Ps7cC&pg=PT597. 
  3. ^ (英語)Davidson, Allen, "The Oxford Companion to Food", p.442.
  4. ^ タンドリーチキンの発祥とインド料理”. 日本ハム. 2017年2月26日閲覧。
  5. ^ (英語)Ozcan Ozan (13 December 2013). The Sultan's Kitchen: A Turkish Cookbook. Tuttle Publishing. pp. 146–. ISBN 978-1-4629-0639-0. https://books.google.com/books?id=3QHQAgAAQBAJ&pg=PT146. 
  6. ^ (英語)Mimi Sheraton (13 January 2015). 1,000 Foods To Eat Before You Die: A Food Lover's Life List. Workman Publishing Company. pp. 1090–. ISBN 978-0-7611-8306-8. https://books.google.com/books?id=1f-lAwAAQBAJ&pg=PT1090. 
  7. ^ (英語)Steven Raichlen (28 May 2008). The Barbecue! Bible 10th Anniversary Edition. Workman Publishing Company. pp. 214–. ISBN 978-0-7611-5957-5. https://books.google.com/books?id=kibIQBCGmmwC&pg=PA214. 
  8. ^ a b 美味しいロシア:ダーチャでシャシリクとアジャプサンダリのディナーを楽しむ”. ロシアNOW. 2017年2月26日閲覧。

関連項目編集