メインメニューを開く

シティータワー宇都宮(シティタワーうつのみや)は、栃木県宇都宮市の馬場通り一丁目に立つ、住居を中心とした高層複合施設である。現在、栃木県内で最も階数が多い最高層の建物である。

シティタワー宇都宮
City Tower Utsunomiya
City tower utsunomiya.jpg
情報
用途 集合住宅・テナント
設計者 株式会社タカハ都市科学研究所一級建築士事務所
施工 大林組
事業主体 宇都宮馬場通り西地区市街地再開発組合
管理運営 住友不動産建物サービス
構造形式 鉄筋コンクリート造
敷地面積 2,267.11m2
階数 地上24階、地下1階
高さ 82.5m
着工 2008年12月
竣工 2010年12月
所在地 320-0026
栃木県宇都宮市馬場通り1-1-1
テンプレートを表示

概要編集

宇都宮市中心街の馬場通りに立つ「シティタワー宇都宮」は、市が再開発事業の一環として大林組により2010年、上野百貨店「新うえの」(バンバ共同ビル)、足利銀行宇都宮支店などがあったバンバ西地区に竣工、住友不動産が販売している24階建ての市内最高層となる複合タワーマンション(82.5m)である。なお、最も高いのはオヴェスト宇都宮ザ・タワー(85.0m)である。上層階は165戸の分譲マンション、低層階は店舗や事務所向けとなっていて、テナントとして足利銀行、栃木銀行が入っている。

周辺編集

関連項目編集