ノヴォ・シネマポルトガル語: Novo Cinemaシネマ・ノーヴォCinema Novo〕とも、「新映画」の意)は、ポルトガル映画アヴァンギャルドなムーヴメントであり、ポルトガルにおけるエスタド・ノヴォの時代のまっただなかの1960年代に、効果的なイデオロギーへの橋渡しではなく、これが先駆であると考えるなら、次の時代にリヴェンジする運動が始まったといえるものである。

ブラジルにおける同時代のニュー・ウェイヴ運動については「シネマ・ノーヴォ Cinema Novo」を参照のこと。

歴史編集

フランスヌーヴェルヴァーグイタリアネオレアリズモにインスパイアされた運動である。大学教育を受けた若い映画作家たちはこの運動に教育を受け、シネクラブの上映ホールで観るだけのために貸し出された、ほかのタイプの映画に魅了された。

彼らのほとんどが、ポルトガルに存在する最初の映画協同組合を経験し、カルースト・グルベンキアン財団(Calouste Gulbenkian)のおかげで「ポルトガル映画センター Centro Português de Cinema」の設立に成功した。同財団は、リスペクトされる体制であり、若者にとっての要塞である。

同ムーヴメントは、ドキュメンタリー同様にフィクション映画も多く生み出した。1970年代までつづくにいたって、「ノヴォ・シネマ」とは、ポルトガルの全映画史に存在したあまたの革新者たちのひとつであることが明らかになった。これに類似した動きがブラジルでも起きているが、それは「シネマ・ノーヴォ」と呼ばれる。

映画作家とそのデビュー編集

フィクション作家編集

新ドキュメンタリー派編集

関連項目編集

外部リンク編集