シャイラト空軍基地攻撃

ポーター」からのミサイル発射ビデオ

シャイラト空軍基地攻撃(シャイラトくうぐんきちこうげき)とは、2017年4月7日にアメリカ海軍シリアホムス県にあり化学兵器を貯蔵しているとしたシャイラト空軍基地に対してトマホーク巡航ミサイルを59発発射した行為[1]であり、同月4日に行われたカーン・シェイクン化学兵器攻撃に対する措置である。

ドナルド・トランプ大統領は6日夜、戦争権限法に基づく通知を議会に提出し、翌日実行された。攻撃はミサイル駆逐艦ロス」と「ポーター」から行われた[2]アメリカ合衆国政府側は死者は出ていないとしているが、シリア政府側は死者が十数人出たと発表している。

脚注編集

  1. ^ [1] 共同通信47(2017年4月7日)2017年4月26日閲覧
  2. ^ “米軍、シリアへミサイル攻撃 「サリン」使った「化学攻撃」に反応”. BBC News (BBC). (2017年4月7日). http://www.bbc.com/japanese/39523891 2017年4月9日閲覧。