メインメニューを開く

シャッフル2 エクスチェンジ

シャッフル2 エクスチェンジ』(Possession)は2009年アメリカ合衆国の映画韓国映画純愛中毒』(2002年)のハリウッドリメイクである。

シャッフル2 エクスチェンジ
Possession
監督 ジョエル・ベルクヴァール
シモン・サンドクヴィスト
脚本 マイケル・ペトローニ
原作 ピョン・ウォンミ
ソン・ミノ
クァク・ジェヨン
製作 ボブ・ヤーリ
ナイジェル・シンクレア
ガイ・イースト
ダグ・デイヴィソン
ロイ・リー
製作総指揮 ブラッドリー・ジェンケル
アレクサンダー・イヴ・ブルナー
ソニー・マルッヒ
パク・ムソン
出演者 サラ・ミシェル・ゲラー
リー・ペイス
マイケル・ランデス
音楽 アンドレアス・アルフレッドソン
クリスチャン・サンドクヴィスト
撮影 グレゴリー・ミドルトン
編集 ロブ・サリヴァン
製作会社 ヤーリ・フィルム・グループ
配給 日本の旗 クロックワークス
公開 ポルトガルの旗 2009年7月16日
日本の旗 2011年1月8日
上映時間 85分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $682,173[1]
テンプレートを表示

本国アメリカでは劇場公開されず、DVDのみ。また、日本では『シャッフル』(2007年)の続編のような邦題が付けられているが、実際には無関係である。

ストーリー編集

登場人物編集

オリジナルとの違い編集

  • ヒロインの職業がコンサート・プランナーから弁護士に変更。
  • 兄が家具アーティストから粘土で像を作る芸術家に変更。
  • 弟がカーレーサーから刑務所帰りの粗暴な人物に変更。
  • 兄弟が暮らす家にヒロインが兄嫁として入って来る形での同居が、出所した弟を引き取ったことによる同居に変更。
  • ヒロインが義弟の弁護を担当していると共に義弟を嫌悪している設定が加えられている。
  • 兄弟が見舞われる交通事故が、同時に別の場所で起こっていたものから同じ事故に変更。
  • 「憑依」のオチは同じだが、その後の展開と結末が違う。

参考文献編集

  1. ^ Possession (2009)” (英語). Box Office Mojo. 2011年12月31日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集