メインメニューを開く

シャム猫FBI/ニャンタッチャブル』(原題:That Darn Cat!)は1965年ウォルト・ディズニー・ピクチャーズで制作されたアメリカ合衆国コメディ映画

シャム猫FBI/ニャンタッチャブル
That Darn Cat!
監督 ロバート・スティーヴンソン
脚本 ビル・ウォルシュ
ゴードン夫妻
原作 ゴードン夫妻
製作 ウォルト・ディズニー
出演者 ヘイリー・ミルズ
ディーン・ジョーンズ
音楽 ボブ・ブラナー
主題歌 ボビー・ダーリン
「That Darn Cat!」
撮影 エドワード・コールマン
製作会社 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ブエナビスタ
日本の旗 ウォルト・ディズニー・カンパニー
公開 アメリカ合衆国の旗 1965年12月2日
日本の旗 1967年8月4日
上映時間 116分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $28,068,222[1]
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

シャム猫のD.C.は、夜の散歩中にあるアパートの一室へ迷い込む。そこは銀行強盗のダンとイギーのアジトだった。彼らに人質として捕えられている銀行員のマーガレット・ミラーは、D.C.の首に「HEL」と刻んだ自分の腕時計をつけて持ち帰らせる。

D.C.の飼い主のパティ・ランドールは、それを「HELP(助けて)」の一部だと判断し、姉のイングリッドの反対を押し切ってFBIに証拠として持っていく。ところが、彼女と行動を共にすることになった捜査官のジーク・ケルソーは猫アレルギーであった。

やがて、捜査はイングリッド、ケルソーの部下達、イングリッドのボーイフレンドのグレゴリー・ベンソン、パティの幼馴染のカヌー、そしてお隣のマクドゥーガル夫妻を巻き込む大騒動へと発展していく。

スタッフ編集

主題歌編集

『That Darn Cat!』

詞: シャーマン兄弟
歌唱:ボビー・ダーリン

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

リメイク編集

1997年、『誘拐騒動/ニャンタッチャブル』(That Darn Cat)としてリメイクされた。

脚注編集

  1. ^ That Darn Cat, Box Office Information”. The Numbers. 2013年1月22日閲覧。

外部リンク編集