ルイ・エルサン

フランスの画家

ルイ・エルサン(Louis Hersent、1777年3月10日 - 1860年10月2日)はフランスの画家、版画家である。

ルイ・エルサン
Louis Hersent
Louis Hersent - Self-portrait 1848.jpg
生誕1777年3月10日
フランス,パリ
死没1860年10月2日
フランス,パリ

略歴編集

パリで生まれた。父親も版画家であった。ジャック=ルイ・ダヴィッドジャン=バプティスト・ルニョーに学んだ。1797年に歴史画を出展して、ローマ賞の2位を得た[1]。ダヴィッドの流れをくむ新古典派の画家であった。肖像画家として多くの作品を描いた。サロン・ド・パリには1802年から1831年までほぼ毎年出展した。

1822年に美術アカデミーの会員に選ばれ、1825年にアンヌ=ルイ・ジロデ=トリオゾン(Anne-Louis Girodet de Roussy-Trioson:1767-1824)の後継として、パリの国立高等美術学校の教授に選ばれた。

1821年に測量学者の娘で、シャルル・メニエから絵を学んだ画家でもあった、ルイーズ・マリ=ジャンヌ・エルサン(旧姓:モーデュイ、Louise Marie-Jeanne Hersent-Mauduit:17841862)と結婚した。ルイーズはパリの自宅に女性のための絵画学校を開いた。

1825年にレジオンドヌール勲章(オフィシエ)を受章した。

作品編集

エルサンの学生編集

エルサンに学んだ画家には次のような人物がいる。

脚注編集

  1. ^ Ex-æquo avec Mathieu-Ignace Van Brée

参考文献編集

  • Dictionnaire Bénézit
  • Charles Gabet et Louis Charles Deschamps, Dictionnaire des artistes de l'école française au XIXe siècle, Paris, chez Madame Vergne, 1831, p. 349-350.
  • Anne-Marie De Brem, Louis Hersent, peintre d'histoire et portraitiste 1777-1860 [catalogue d'exposition], musée de la vie romantique, Paris-musées, 1993, (ISBN 2879001196)
  • Henry Jouin, « La Sculpture dans les cimetières de Paris : Cimetière de l'Est (Le Père-Lachaise) », Nouvelles Archives de l'art français, Paris, vol. 13, 1897, p. 103-238
  • Patrick Shawcable, « Louis Hersent », in La Gazette des Beaux-Arts, janvier 1999, p. 20-21.
  • Paul Bauer, Deux siècles d'histoire au Père Lachaise, Mémoire et Documents, 2006 (ISBN 978-2914611480)