シュガーキューブス

シュガーキューブス(本国では「スュクル・モラルニール」Sykurmolarnir) は、アイスランドパンクニュー・ウェーヴオルタナティブロックバンドである。1986年に結成されビョークのソロ活動とともに1992年に解散した。2006年に一夜限りの再結成。

The Sugarcubes
ジャンル オルタナティブロック
ニュー・ウェーヴ
活動期間 1986年 - 1992年
2006年
旧メンバー

概要編集

アイスランドのインディーズバンドのメンバーが集まって結成された。その中核となったのがビョーク、アイナー、ジギーによって結成されたKUKLである。それ以前ビョークはパンク・ニューウェイブバンドのTappi Tikarrassで活動していたが、1984年にKUKLに移った。イギリスのインディーレーベルであるグラス・レコードでアルバムをリリースするなどしていたが、メンバー加入を経てシュガーキューブスとして再スタートした。ギタリストのソーとビョークの子供が生まれたことで結成されたという話もある。KUKLではアイスランド語で歌っていたがシュガーキューブスでは全編英語歌詞とアイナーの語りを前面に押し出し、民族音楽要素を廃したスタイルになったため、B-52'sの模倣などと言われることもある。

1987年にイギリス、アメリカでデビューアルバムLife's Too Goodをリリース。1989年にセカンド・アルバムHere Today, Tomorrow Next Week!。インディーズチャートで高評価を得、世界ツアーを開始した。この時に多くのテレビ番組やアメリカの人気音楽番組サタデー・ナイト・ライブなどにも出演している。1992年サード・アルバム、Stick Around for Joyをリリース。その間にビョーク自身はソロで多くのイギリスミュージシャンと共作を行っており、1993年のソロデビューを考えるとその時点で解散は決まっていたとされる。リミックスアルバムIt's Itの発売直後1992年末に解散。

外部リンク編集