メインメニューを開く
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(楔形文字)が含まれています詳細

シュメール語𒅴𒂠[1] - eme-ĝir15)は、古代メソポタミアで使用された言語である。

シュメール語
eme-ĝir15
紀元前26世紀のシュメール語の古文書
話される国 かつてのシュメール
地域 メソポタミア南部
消滅時期 紀元前2千年紀の始めごろから事実上消滅したが、古典言語としてその後2000年以上存続
言語系統
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 sux
ISO 639-3 sux
テンプレートを表示

歴史編集

紀元前2600年楔形文字[2]シュメール文字英語版が解読されたことにより、原シュメール語の使用が確認された。時代が進むにつれアッカド語に押され、紀元前2000年頃にシュメール人のウル第三王朝が滅亡し、セム語アッカド語を話すアッカド王朝を経て、約200年(イシン・ラルサ時代)後の紀元前1830年セム語アムル語英語版を話すアムル人バビロン第1王朝に覇権が移る頃に、口語としては死語となった。シュメール語の死語化については、軍事征服による虐殺や言語の強制といった兆候は発見されていない。シュメール都市への移住者が少数のうちは移民も速やかにシュメール化されたが、ある時期から比較的短期間にセム語民族が大量に流入し、シュメール人が逆に吸収されてしまったものと推測されている[3]

しかし、古代メソポタミア社会において宗教語、学者語として長く受け継がれ、ヨーロッパにおけるラテン語インドにおけるサンスクリットに類似した地位を与えられた。

系統編集

シュメール語と同系統と考えられる言語はこれまでのところ発見されていない。一般には系統不明とされる。 シュメール語圏にはセム語を話す人々が混住していたが、セム語との系統関係は認められない。近年エラム語とシュメール語の系統関係の存在を主張する者もいるが、立証されていない。母音調和が存在する膠着語という点ではウラル語族アルタイ語族とも類似するが、シュメール語は能格言語、ウラル・アルタイ諸語は対格言語という根本的相違がある。能格言語で膠着語の言語はバスク語カフカス諸語があり、シュメール語はこれらに近縁かも知れない。これを支持する説としてデネ・コーカサス大語族がある。

時代区分編集

文法編集

一般に膠着語に分類されている。語順は、主語-目的語-動詞の順序を取るSOV型である。冠詞は存在しない。また能格を持ち、同じ単語を連続させることで複数を表した。

名詞の形態論編集

シュメール語の名詞は、概して1つまたは2つの音節の語根で構成される(igi 「目」, e2 「家、家族」, nin 「女性」)が、一部3音節で構成される語根も存在する(šakanka「市場」など)。文法性は人間とそれ以外を区別する有生性を持つ。前者は神や彫像なども「人間」性として含めるが動物や植物は含めず、また後者は集合名詞も含める。

形容詞やその他の修飾語は、名詞または被修飾語に後置」される。例えば「偉大な王」と言う場合はlugal maḫ(王・偉大な)となる。

屈折はほとんど見られず、名詞や動詞へ接辞を繋ぎ合わせる膠着語的な性質が強い。典型的な接辞や修飾語の順序は名詞 - 形容詞 - 数詞 - 属格句 - 関係節 - 所有接辞 - 複数接辞 - その他の格接辞である。例えば、 /dig̃ir gal-gal-g̃u-ne-ra/ は、神-偉大な(畳語)-私の-複数-与格 であり、全体的な意味は「全ての我が偉大なる神々に」となる。[4]所有接辞、複数接辞、その他格接辞はかつては接尾辞として扱われてきたが、最近では前接語[5]または後置詞[6]とみなされている。

複数接辞は人間性では/-(e)ne/であり、非人間性には複数接辞は付かない。しかし、形容詞ḫi-a「多数の」や複数を表すコピュラ/-meš/、名詞または形容詞の重ね合わせ(kur-kur「全ての異国の地」、a gal-gal「全ての素晴らしき水」)(重ね合わせることで「全体」を意味するようになると考えられているなどによる表現も可能である。その他の格接辞には /-Ø/(絶対格、/-e/(能格)、/-e/(位格-終止格、「~の近くに/で」)、/-ak/(属格)、/-gin/(様格、「~として」「~のように」)、/-r(a)/(与格)、/-(e)š(e)/(向格、「~へ」「~に向かって」)、/-da/(共格)、/-a/(処格)、/-ta/(奪格)がある。これらの格接辞に含まれない場所や時間を示したい場合は属格句を用いる。

人間 非人間
属格 -ak
能格 -e
絶対格
与格 -ra
位格-終止格 -e
処格 -a
処格2 -ne
向格 -še
Adverbiative -eš
奪格 -ta
共格 -da
様格 -gen

人称代名詞はそれぞれg̃e26-e(1人称単数)、ze2-e(2人称単数)、a-ne or e-ne(三人称人間単数)、a/e-ne-ne(3人称人間複数)であり、所有接辞はそれぞれ-g̃u10(1人称単数)、-zu(2人称単数)、-(a)-n(i)(3人称人間単数)-b(i)(3人称非人間単数/複数)、-me(1人称複数) -zu-ne-ne(2人称複数)、-(a)-ne-ne(3人称活動体複数)である。これらの接尾辞の多くは、開音節の名詞、即ち母音で終わる名詞に接続する場合、しばしば母音脱落が発生する。

動詞の形態論編集

シュメール語の定動詞はを区別し、主語と目的語に数と性が一致(呼応)する。一致によってシュメール語は主語を必ずしも必要としない。例えば「私はあの家へ行く」と言う場合、e2-še3 ib2-ši-du-unのように主語を書かない。また、この文はe2-še3 i3-du-unとも言え、また単にib2-ši-du-un「私はあそこへ行く」と言うこともできる。[6]

シュメール語の動詞は過去と非過去(現在と未来)の2つの時制、完了と不完了の2つのを区別する。これらの区別はそれぞれ異なる活用形と、さらに多くの動詞では異なる語幹を持つ。シュメール語が受動態や中間態を持っていたかについては専門家の間では意見が分かれている。

動詞の語根はほとんどが単音節語根であり、様々な接辞と結びついて、いわゆる「動詞の鎖」を形成する。定動詞は接頭辞と接尾辞療法を持つ一方、準動詞は接頭辞は付かず接尾辞のみを持つ。接頭辞は大まかに叙法接頭辞活用接頭辞promotional and dimensional prefixの3つに分けることができる。

表記編集

シュメール語が使用されていた時代には専ら楔形文字で表記された。最も古い文書の中にはまだ楔形の形態を取らない絵文字(古拙文字)で表記されたものも存在する。現代では研究を容易にするためにアルファベットを用いて翻字(音訳表記)がなされる。ただしシュメール語では同音異義語(同音異字)が多く存在するため、アルファベット表記にした際に判別が困難になる問題があり、数字を付加することで対応している(例えばdu「行く」、du3「建てる」。duの異義語は20を超える)。

シュメール語文学編集

脚注編集

  1. ^ 母語、国語。𒅴は「言語」の意。𒂠は「Native」の意。
  2. ^ 少なくともウルク文化期(紀元前3200年)にウルク古拙文字の使用が確認されており、楔形文字の先祖と見られている。解読が進めば筆記された最古の言語のひとつとなる。
  3. ^ マクニール『疫病と世界史』
  4. ^ Kausen, Ernst. 2006. Sumerische Sprache. p.9
  5. ^ Zólyomi, Gábor, 1993: Voice and Topicalization in Sumerian. PhD Dissertation [1]
  6. ^ a b Johnson, Cale, 2004: In the Eye of the Beholder: Quantificational, Pragmatic and Aspectual Features of the *bí- Verbal Formation in Sumerian, Dissertation. UCLA, Los Angeles [2] Archived 2013-06-22 at the Wayback Machine.

参考文献編集

  • 小林登志子『シュメル 人類最古の文明』中央公論新社〈中公新書〉、2005年。