シュルーズベリー伯爵

シュルーズベリー伯爵英語: Earl of Shrewsbury)は、イングランド貴族伯爵位。地名の Shrewsbury には「シュルーズブリ [ˈʃrzbri] ( 音声ファイル) 」と「シュロウズブリ [ˈʃrzbri] ( 音声ファイル) 」の二通りの発音があるが、爵位としての発音は後者である。

シュルーズベリー伯爵(第2期)
タルボット伯爵
兼 ウォーターフォード伯爵
Coat of arms of the earl of Shrewsbury - Premier earl of England.png

紋章記述

Arms:Quarterly: 1st and 4th, Gules a Lion rampant within a Bordure engrailed Or (Talbot); 2nd and 3rd, Azure a Chevron between three Mullets Or (Chetwynd).Crests:1st: on a Chapeau Gules turned up Ermine a Lion statant with the tail extended Or (Talbot); 2nd: a Goat's Head erased Argent attired Or (Chetwynd) Supporters:On either side a Talbot Argent.
創設時期1442年5月20日
創設者ヘンリー6世
貴族イングランド貴族
初代初代伯ジョン・タルボット
現所有者22代伯チャールズ・チェトウィンド=タルボット英語版
相続人インガスター子爵ジェームズ・チェトウィンド=タルボット
相続資格初代伯の嫡出直系男子
付随称号インガスター子爵
ヘンソルのタルボット男爵
現況存続
邸宅ウォンフィールド・ホール
旧邸宅インガスター・ホール英語版
シェフィールド・マナー英語版
アルトン・タワー英語版
ウィンフィールド・マナー英語版
アルトン城英語版
バーロー・ウッドシーツ・ホール英語版
グラフトン・マナー英語版
ハイスロップ・パーク英語版
モットーPrest d'Accomplir
(Ready to accomplish)

過去に2度創設されており、現存する2期目のシュルーズベリー伯爵位は、百年戦争のイングランド軍司令官ジョン・タルボット1442年に叙されたのに始まる。

歴史編集

第1期のシュルーズベリー伯爵編集

征服王ウィリアム1世の側近としてノルマン・コンクエストに尽力したノルマン人ロジャー・ド・モントゴメリー英語版(-1094)1071年頃に叙されたのが最初の創設である[1]。しかしその次男である3代シュルーズベリー伯ロバート・オブ・ベレーム英語版(1052–1113) は、ノルマンディー公ロベール2世に与してヘンリー1世に反逆したため、1102年に爵位を接収されて国外追放処分となった[2]

第2期のシュルーズベリー伯爵編集

 
百年戦争カスティヨンの戦いで戦死する初代シュルーズベリー伯ジョン・タルボット

1420年から百年戦争に従軍してイングランド軍の指揮をとった第7代タルボット男爵英語版ブラックミアの第10代ストレンジ男爵ジョン・タルボット(1390頃–1453)が、1442年5月20日に叙されたのが現在まで続く第2期のシュルーズベリー伯爵位の創設である[3][4]1444年にイングランドに帰国し[5]1446年7月17日にはアイルランド貴族爵位のウォーターフォード伯爵にも叙せられている[4]。1452年にガスコーニュ奪還のために遠征軍司令官として再度フランスに赴いたが、カスティヨンの戦いで敗死した[5]

その息子の2代伯ジョン・タルボット(1413–1460)は、母モード・ネヴィルからファーニヴァル男爵英語版を継承した[4]薔薇戦争において1460年7月10日ノーサンプトンの戦いで国王ヘンリー6世軍の側で戦ったためにヨーク派に敗れて敗死した[6][7]

その孫の4代伯ジョージ・タルボット英語版(1468–1538)は、1506年から1538年にかけてテューダー朝ヘンリー7世ヘンリー8世王室家政長官英語版を務めた[4]1513年にはフランス侵攻軍に中将として従軍。1520年金襴の陣にも出席した[4]

その孫の6代伯ジョージ・タルボット(1528–1590)は、ノーサンバーランド公ジョン・ダドリーによるジェーン・グレイ擁立に手を課した人物だったが、メアリー女王に許しを乞うて赦免された[8]エリザベス女王の下でも信任を維持した[9]1568年にイングランドに亡命してきた元スコットランド女王メアリー・ステュアートの監視者を1584年まで務めた[4]1571年リドルフィ陰謀事件英語版の際にはメアリー・ステュアートの尋問にあたり[10]、第4代ノーフォーク公トマス・ハワードの裁判の判事も務めた[11]。1573年には軍務伯に就任[4]。1586年10月のバビントン事件英語版ではメアリー・ステュアートの裁判の判事の一人となっている[12]

その息子の7代伯ギルバート・タルボット英語版(1552–1616)は、襲爵前の1572年から1583年までダービーシャー選挙区英語版選出の庶民院議員を務め、1589年に繰上勅書で父存命にしてタルボット男爵を継承して貴族院議員となっている[4]。7代伯まで親から子への直系で続いていたが、7代伯が生存している男子を残さずに死去したため、男系男子に限定されるシュルーズベリー伯爵位とウォーターフォード伯爵位はその弟エドワード・タルボット英語版(1561–1617)が継承し、議会招集令状英語版によって創設された爵位(男子なき場合に姉妹間に優劣がない女系継承が可能)であるタルボット男爵位・ブラックミアのストレンジ男爵位・ファーニヴァル男爵位は、7代伯に女子が3人あったことから保持者不在(abeyant)になっている[4]。8代伯も襲爵前の1586年から1587年にかけてノーサンバーランド選挙区英語版選出の庶民院議員を務めている[4]

8代伯が子供なく死去すると2代伯に遡っての分流であるジョージ・タルボット英語版(1567–1630)が9代伯を継承した[4]。9代伯も子供なく死去したため、甥にあたるジョン・タルボット英語版(1601–1654)が10代伯を継承した[4]

その孫である12代伯チャールズ・タルボット(1660–1718)は、名誉革命後の政界でホイッグ党、のちトーリー党の有力政治家として活躍し[13]、1694年にはシュルーズベリー公爵に叙せられたが、子供がなかったため、この公爵位は一代で絶えている。一方シュルーズベリー伯爵位は従兄弟ギルバート・タルボット(1673–1743)に継承された(13代伯)[4]。13代伯以降も男子のない当主が続き、伯父から甥への継承が続いた[4]

18代伯は、2代伯の孫ジョン・タルボット英語版からの分流の第3代タルボット伯爵ヘンリー・チェットウィンド=タルボット英語版(1803–1868)が継承したため、以降タルボット伯爵位(及びその従属爵位のインガスター子爵位とタルボット男爵位)も併せて継承するようになった[4]

以降は2016年現在まで18代伯の直系で続いている。2016年現在の当主は22代シュルーズベリー伯チャールズ・チェットウィンド=タルボット英語版(1952-)である[4]

一族の本邸宅は1924年まではアルトン・タワー英語版だったが、それ以降はスタッフォードシャーキングストン英語版にあるウェンフィールド・ホールである。紋章に刻まれるモットーは"Prest d'Accomplir"(Ready to accomplish, いつでも成し遂げることができる)[4]

現当主の全保有爵位編集

現在の当主チャールズ・チェットウィンド=タルボット英語版は以下の爵位を所持している[4]

爵位保有者一覧編集

シュルーズベリー伯 第1期 (1071年頃)編集

シュルーズベリー伯 第2期(1442年)編集

肖像 爵位の代数
名前
(生没年)
受爵期間 続柄 他の称号
  初代シュルーズベリー伯
ジョン・タルボット
(John Talbot)
(生年不詳–1453)
1442年5月20日
- 1453年7月17日
ウォーターウォード伯爵
ブラックミアのストレンジ男爵
タルボット男爵英語版
  第2代シュルーズベリー伯
ジョン・タルボット
(John Talbot)
(1413頃–1460)
1453年7月17日
- 1460年7月10日
先代の息子 ウォーターウォード伯爵
ファーニヴァル男爵英語版
ブラックミアのストレンジ男爵
タルボット男爵
第3代シュルーズベリー伯
ジョン・タルボット英語版
(John Talbot)
(1448–1473)
1460年7月10日
- 1473年6月28日
先代の息子
  第4代シュルーズベリー伯
ジョージ・タルボット英語版
(George Talbot)
(1468頃–1538)
1473年6月28日
- 1538年7月26日
先代の息子
  第5代シュルーズベリー伯
フランシス・タルボット英語版
(Francis Talbot)
(1500–1560)
1538年7月26日
- 1560年9月25日
先代の息子
  第6代シュルーズベリー伯
ジョージ・タルボット
(George Talbot)
(1528–1590)
1560年9月25日
- 1590年11月18日
先代の息子
  第7代シュルーズベリー伯
ギルバート・タルボット英語版
(Gilbert Talbot)
(1552–1616)
1590年11月18日
- 1616年5月8日
先代の息子
  第8代シュルーズベリー伯
エドワード・タルボット英語版
(Edward Talbot)
(1561–1617)
1616年5月8日
- 1617年2月8日
先代の弟 ウォーターウォード伯爵
第9代シュルーズベリー伯
ジョージ・タルボット英語版
(George Talbot)
(1567–1630)
1617年2月8日
- 1630年4月2日
先代の四従弟
第10代シュルーズベリー伯
ジョン・タルボット英語版
(John Talbot)
(1601–1654)
1630年4月2日
- 1654年2月8日
先代の甥
第11代シュルーズベリー伯
フランシス・タルボット英語版
(Francis Talbot)
(1623–1668)
1654年2月8日
- 1668年3月16日
先代の息子
  第12代シュルーズベリー伯
チャールズ・タルボット
(Charles Talbot)
(1660–1718)
1668年3月16日
- 1718年2月1日
先代の息子 シュルーズベリー公爵
ウォーターフォード伯爵
第13代シュルーズベリー伯
ギルバート・タルボット
(Gilbert Talbot)
(1673–1743)
1718年2月1日
- 1743年7月22日
先代の従弟 ウォーターウォード伯爵
第14代シュルーズベリー伯
ジョージ・タルボット
(Gilbert Talbot)
(1719–1787)
1743年7月22日
- 1787年7月21日
先代の甥
第15代シュルーズベリー伯
チャールズ・タルボット
(Charles Talbot)
(1753–1827)
1787年7月21日
- 1827年4月6日
先代の甥
  第16代シュルーズベリー伯
ジョン・タルボット英語版
(John Talbot)
(1791–1852)
1827年4月6日
- 1852年11月9日
先代の甥
第17代シュルーズベリー伯
バートラム・アーサー・タルボット
(Bertram Arthur Talbot)
(1832–1856)
1852年11月9日
- 1856年8月10日
先代の二従弟
  第18代シュルーズベリー伯
ヘンリー・ジョン・チェットウィンド=タルボット英語版
(Henry John Chetwynd-Talbot)
(1803–1868)
1856年8月10日
- 1868年6月4日
先代の八従兄 ウォーターウォード伯爵
タルボット伯爵
インガスター子爵
ヘンソルのタルボット男爵
  第19代シュルーズベリー伯
チャールズ・ジョン・チェットウィンド=タルボット英語版
(Charles John Chetwynd-Talbot)
(1830–1877)
1868年6月4日
- 1877年5月11日
先代の息子
  第20代シュルーズベリー伯
チャールズ・ヘンリー・ジョン・チェットウィンド=タルボット英語版
(Charles Henry John Chetwynd-Talbot)
(1860–1921)
1877年5月11日
- 1921年5月7日
先代の息子
第21代シュルーズベリー伯
ジョン・ジョージ・チャールズ・ヘンリー・アルトン・アレクサンダー・チェットウィンド・チェットウィンド=タルボット英語版
(John George Charles Henry Alton Alexander Chetwynd Chetwynd-Talbot)
(1914–1980)
1921年5月7日
- 1980年11月12日
先代の孫
  第22代シュルーズベリー伯
チャールズ・ヘンリー・ジョン・ベネディクト・クロフトン・チェットウィンド・チェットウィンド=タルボット英語版
(Charles Henry John Benedict Crofton Chetwynd Chetwynd-Talbot)
(1952–)
1980年11月12日
- 現在
先代の息子

法定推定相続人は現当主の子であるインガスター子爵(儀礼称号)ジェイムズ・リチャード・チャールズ・ジョン・チェットウィンド=タルボット(1978-)

家系図編集

シュルーズベリー伯爵タルボット家系図
 
 
1331年タルボット男爵英語版
 
 
 
 
 
初代タルボット男爵
ギルバート・タルボット

(1276–1346)
 
 
 
 
 
 
 
2代タルボット男爵
リチャード

(1305頃–1356)
 
 
 
 
 
 
 
3代タルボット男爵
ギルバート

(1332頃–1387)
 
 
 
 
 
 
 
ブラックミアのストレンジ男爵
ストレンジ家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4代タルボット男爵
リチャード

(1361頃–1396)
 
7代ストレンジ女男爵
アンカレット

(1361頃-1413)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ファーニヴァル男爵英語版
ファーニヴァル家
 
 
 
 
 
 
1442年シュルーズベリー伯
1446年ウォーターフォード伯
 
 
 
 
 
5代タルボット男爵
8代ストレンジ男爵
ギルバート

(1383–1419)
 
初代シュルーズベリー伯
7代タルボット男爵
10代ストレンジ男爵
ジョン

(1390頃–1453)
 
6代ファーニヴァル女男爵
モード

(生没年不詳)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6代タルボット女男爵
9代ストレンジ女男爵
アンカレット

(-1421)
 
 
 
2代シュルーズベリー伯
8代タルボット男爵
11代ストレンジ男爵
7代ファーニヴァル男爵
ジョン

(1413–1460)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3代シュルーズベリー伯
9代タルボット男爵
12代ストレンジ男爵
8代ファーニヴァル男爵
ジョン・タルボット
英語版

(1448–1473)
 
ギルバート英語版
(1452–1518頃)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4代シュルーズベリー伯
10代タルボット男爵
13代ストレンジ男爵
9代ファーニヴァル男爵
ジョージ
英語版

(1468–1538)
 
ジョン英語版
(1485頃–1549)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5代シュルーズベリー伯
11代タルボット男爵
14代ストレンジ男爵
10代ファーニヴァル男爵
フランシス
英語版

(1500–1560)
 
ジョン
(–1555)
 
ジョン
(-1581)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6代シュルーズベリー伯
12代タルボット男爵
15代ストレンジ男爵
11代ファーニヴァル男爵
ジョージ

(1528–1590)
 
ジョン
(生没年不詳)
 
シェリントン
(1577-1642)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7代シュルーズベリー伯
13代タルボット男爵
16代ストレンジ男爵
12代ファーニヴァル男爵
ギルバート
英語版

(1552–1616)
 
8代シュルーズベリー伯
エドワード
英語版

(1561–1617)
 
 
 
 
 
 
ウィリアム
(–1686)
タルボット男爵
ストレンジ男爵
ファーニヴァル男爵
1616年保持者不在
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
9代シュルーズベリー伯
ジョージ
英語版

(1567–1630)
 
ジョン
(–1607)
 
ウィリアム英語版
(1658–1730)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1733年タルボット男爵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
10代シュルーズベリー伯
ジョン
英語版

(1601–1654)
 
初代タルボット男爵
チャールズ

(1685-1737)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1761年タルボット伯(1期)
 
 
 
 
 
11代シュルーズベリー伯
フランシス
英語版

(1623–1667)
 
 
 
 
 
ギルバート
(1631頃–1711)
 
2代タルボット男爵
初代タルボット伯
ウィリアム
英語版

(1710-1782)
 
ジョン英語版
(1712頃-1756)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
タルボット伯(1期)廃絶
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1694年シュルーズベリー公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1784年タルボット伯(2期)
 
 
12代シュルーズベリー伯
初代シュルーズベリー公
チャールズ

(1660–1718)
 
13代シュルーズベリー伯
ギルバート

(1673–1743)
 
ジョージ
(-1733)
 
 
 
 
 
3代タルボット男爵
初代タルボット伯
ジョン
英語版

(1749-1793)
1718年シュルーズベリー公廃絶
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(以下チェットウィンド=タルボット姓)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
14代シュルーズベリー伯
ジョージ・タルボット

(1719–1787)
 
チャールズ
(1722–1766)
 
フランシス
(1728-1813)
 
 
 
 
 
2代タルボット伯
4代タルボット男爵
チャールズ

(1777-1849)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
15代シュルーズベリー伯
チャールズ

(1753–1827)
 
ジョン
(1765–1815)
 
チャールズ
(1782-1838)
 
 
 
 
 
18代シュルーズベリー伯
3代タルボット伯
5代タルボット男爵
ヘンリー
英語版

(1803-1868)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
16代シュルーズベリー伯
ジョン
英語版

(1791–1852)
 
17代シュルーズベリー伯
バートラム

(1832–1856)
 
 
 
 
 
19代シュルーズベリー伯
4代タルボット伯
6代タルボット男爵
チャールズ
英語版

(1830–1877)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20代シュルーズベリー伯
5代タルボット伯
7代タルボット男爵
チャールズ
英語版

(1860–1921)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
インガスター子爵
チャールズ

(1882–1915)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
21代シュルーズベリー伯
6代タルボット伯
8代タルボット男爵
ジョン
英語版

(1914–1980)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
22代シュルーズベリー伯
7代タルボット伯
9代タルボット男爵
チャールズ
英語版

(1952-)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
インガスター子爵
ジェイムズ

(1978-)

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ Kingsford, Charles Lethbridge (1897). "Roger de Montgomery" . In Lee, Sidney (ed.). Dictionary of National Biography (英語). 49. London: Smith, Elder & Co. pp. 101–103.
  2. ^ Lundy, Darryl. “Robert de Bellême, Earl of Shrewsbury” (英語). thepeerage.com. 2015年3月31日閲覧。
  3. ^ Lundy, Darryl. “General John Talbot, 1st Earl of Shrewsbury” (英語). thepeerage.com. 2015年3月31日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r Heraldic Media Limited. “Shrewsbury, Earl of (E, 1442)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年11月18日閲覧。
  5. ^ a b 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 687.
  6. ^ キング 2006, p. 358.
  7. ^ "Talbot, John (1413?-1460)" . Dictionary of National Biography (英語). London: Smith, Elder & Co. 1885–1900.
  8. ^ 石井美樹子 2009, p. 138.
  9. ^ 石井美樹子 2009, p. 228.
  10. ^ 石井美樹子 2009, p. 367.
  11. ^ 石井美樹子 2009, p. 371.
  12. ^ 石井美樹子 2009, p. 441.
  13. ^ 浜林正夫 1983, p. 252/385.

参考文献編集

関連項目編集