メインメニューを開く

シュレスヴィヒ・ホルシュタイン (戦艦)

Schlesien and Schleswig-Holstein
艦歴
起工: 1905年8月18日
進水: 1906年12月17日
就役: 1908年7月6日
退役: 1945年1月25日
その後:
性能諸元
排水量: 基準:13,200トン 
満載:14,218トン
全長: 127.6m
全幅: 22.2m
吃水: 7.7m
機関: 19,330hp
最大速: 19.1 ノット
航続距離:
乗員: 743名
兵装: 連装28cm砲2基、
15cm砲15基
8.8cm砲4基、連装3.7cm砲2基
2cm砲3基、機銃4基

シュレスヴィヒ・ホルシュタイン(ドイツ語:SMS Schleswig-Holsteinシュレースヴィヒ・ホルシュタイン)は、ドイツ海軍戦艦である。ドイッチュラント級戦艦の一隻。本艦とシュレジェンは1930年代に改装を受け、シュレジェン級と分類される場合がある。艦名はドイツ北部のシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州に因んで命名された。

目次

艦歴編集

シュレスヴィヒ・ホルシュタインはキールのゲルマニア造船所で建造され、1908年7月6日に就役した。

第一次世界大戦においてシュレスヴィヒ・ホルシュタインはユトランド沖海戦に参加している。本艦は旧式艦であることを理由に戦後も保有を許された三隻の内の一隻であった。本艦は1926年まで改修作業を行い、三本あった煙突は二本に統合された。1926年から1935年まで本艦はドイツ海軍旗艦であった。しかし、戦艦の技術革新により装備が陳腐化したことにより、1936年には練習艦に変更された。

第二次世界大戦編集

ファイル:Обстрел Вестерплятте.1939.jpg
ヴェステルプラッテにおけるシュレスヴィヒ・ホルシュタイン

1939年8月25日、シュレスヴィヒ・ホルシュタインはポーランド侵攻作戦の発動に伴い、第一次世界大戦で沈んだ巡洋艦「マクデブルク」追悼式典に参加するという名目で自由都市ダンツィヒに到着し、ポーランド領ヴェステルプラッテに近い水路に停泊した。1939年9月1日午前4時45分、艦はポーランド軍守備隊に向けて砲撃を開始し、第二次世界大戦の幕を開いた。9月7日のヴェステルプラッテ要塞陥落後、艦はオクシヴィエやレドウォボ、ヘル半島など、ダンツィヒ一帯のポーランド軍陣地砲撃にあたり、ポーランド戦役後は練習艦任務に戻った。

1940年4月9日、シュレスヴィヒ・ホルシュタインはヴェーザー演習作戦の一員としてデンマーク占領に参加した。その後再び練習艦に戻ったが、人員不足の為、1940年8月末から警備班など少数の維持要員を残した予備艦となり、対空砲を撤去された状態でしばらくの間ゴーテンハーフェンに繋留されていた。

1941年1月20日よりバルト海の砕氷艦として再稼働し、雪解けによる砕氷任務の終了後は対空砲を再装備の上、練習艦に復帰した。1942年の冬もバルト海で砕氷艦として使用されたが、1月13日に艦首を触雷により損傷し、ゴーテンハーフェンでの応急処置後、ヴィルヘルムスハーフェンで修理を施された。

1943年3月31日付で本艦は一度退役し、ゴーテンハーフェンで宿泊船として利用されたが、1944年2月に再就役し、練習艦として復帰した。

1944年9月に本艦は対空砲を増設され、ゴーテンハーフェンで防空艦として利用された。1944年12月18日、同地がイギリス空軍の空襲を受けた際に三発の爆弾が命中し、水深12mの港内に着底した。その時点で上部は水面上にあった為に兵装は使用可能であったが、12月20日に大火災に見舞われ、艦の機能は失われた。

シュレスヴィヒ・ホルシュタインは1945年1月25日に退役となり、艦を降りた乗組員達はマリーエンブルク周辺の防衛戦に投入され、その多くが戦死した。同年3月21日、本艦は残存乗組員達によって爆破処分された。

末路編集

第二次世界大戦後、シュレスヴィヒ・ホルシュタインはソ連軍によって引き上げられ、タリンに曳航された後ボロジノ(ロシア語:Бородиноバラヂナー)と改名された。1948年バルト海のオドスムサール島の近くに沈められた。ボロジノはその後も1960年代まで標的艦として使用された。船体の残骸は現在も確認できる。 また、ドレスデンドイツ連邦軍軍事史博物館には、シュレスヴィヒ・ホルシュタインで使用されていた船鐘が保存されている。

参考文献編集

  • Siegfried Breyer, Marine-Arsenal Band21, Podzun-Pallas-Verlag, 1992


外部リンク編集