メインメニューを開く
ロココ劇場

シュヴェツィンゲン音楽祭ドイツ語: Schwetzinger Festspiele)は、ドイツシュヴェツィンゲンで毎年4月から6月に開催される音楽祭。最近の正式名称はSWRシュヴェツィンゲン音楽祭

目次

概要編集

音楽祭のメイン会場はシュヴェツィンゲン城内のロココ劇場である。シュヴェツィンゲン城はプファルツ選帝侯カール・テオドールの夏の離宮として建設され、ロココ劇場は1753年ニコラ・ド・ピガージュの設計で建設された。1778年にカール・テオドールの宮廷がミュンヘンに移動すると、シュヴェツィンゲン城は長い眠りに落ちたが、1937年にロココ劇場の修復がなされた。ここを舞台に1952年南西ドイツ放送の主催で音楽祭が創設された。

ロココ劇場では2種類のオペラ公演が行われる。1つは新作オペラの初演で、もう1つはバロック時代古典派時代の埋もれたオペラの復活上演である。他に管弦楽曲室内楽曲コンサートも行われ、ギドン・クレーメルチェチーリア・バルトリのような国際的な演奏家と若手演奏家が共演する。またバーバラ・ヘンドリックスフリッツ・ヴンダーリヒテレサ・ベルガンサなどは駆け出しのころに音楽祭に出演し、キャリアを積んだ。なお一部の教会音楽のコンサートはシュパイアー大聖堂とトリニティ教会で行われる。

主な初演作品編集

バロック・古典派音楽の復活上演編集

参考文献編集

  • B. Hermann, P. Stieber (Hg.) Ein Arkadien der Musik - 50 Jahre Schwetzinger Festspiele 1952-2002, Metzler Verlag Stuttgart.
  • S. Leopold, B. Pelker (Hg.) Hofoper in Schwetzingen - Musik, Bühnenkunst, Architektur, Winter Verlag Heidelberg

外部リンク編集