ショートブレッド

フィンガータイプのショートブレッド

ショートブレッド: Shortbread)は、スコットランドの伝統的な菓子である。

"short" は食感がサクサク、あるいはポロポロするという意味の形容詞で、"bread" はいわゆるパンのことであるが、この2つの単語が合わさるとひとつの名詞となり、その場合には「バタークッキー」(油分のたくさん入った分厚いもの)を指す。

概要編集

小麦粉バター砂糖の4種類の材料のみで作られる。材料の配合の目安は、小麦粉100gに対し、バター50 - 60g、砂糖30 - 40g程度。

普通のいわゆるクッキーは、練ったバターに砂糖を混ぜ合わせ(溶きを入れる場合と入れない場合がある)、砂糖がよく混ざったところへ溶き卵を少しずつ混ぜ、よく混ざったらふるっておいた粉を入れ、ひとまとめにしてから成型する。ショートブレッドの場合は、ふるっておいた粉にバターを切り混ぜてポロポロにしてから砂糖を入れるという、クッキーとは逆の手順になる。

もっとも一般的な形状のものは「フィンガー」 (fingers) と呼ばれる長方形のもので、粉・バター・砂糖の順に混ぜてひとまとまりになってから手でさらに練り、平らな長方形に形作って冷蔵庫で冷やして固め、硬くなってから小さな長方形に切り分け、表面にフォークで窪みを作ってから、予熱をしておいたオーブンで焼き上げる。

既成品では、イギリス・スコットランドのウォーカー社 (Warlkers) の製品がある。

参考文献編集

  • 『新英和中辞典』(研究社、1985年 第2刷)
  • 『らくらくおやつ応援団』(学習研究社、2006年)

関連項目編集