メインメニューを開く

ショーン・ポーターShawn Porter1987年10月27日 - )は、アメリカ合衆国プロボクサーオハイオ州アクロン出身。現WBC世界ウェルター級王者。元IBF世界ウェルター級王者。マニー・パッキャオの元スパーリングパートナー。トレーナーは父のケニー・ポーター。愛称はShowtime(ショウタイム)。プロモーターはTGB・プロモーションズ所属。

ショーン・ポーター
基本情報
本名 ショーン・ポーター
通称 Showtime(ショウタイム)
階級 ウェルター級
身長 170cm
リーチ 185cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1987-10-27) 1987年10月27日(31歳)
出身地 オハイオ州アクロン
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 33
勝ち 30
KO勝ち 17
敗け 2
引き分け 1
テンプレートを表示

目次

来歴編集

アマチュア時代編集

父ケニーからボクシングの手ほどきを受けてボクシングを始める。

2006年、ナショナル・ゴールデングローブにミドル級(75 kg)で出場、準々決勝でエドウィン・ロドリゲスに勝利し優勝する[1]。全米選手権にミドル級(75 kg)で出場、準決勝でエドウィン・ロドリゲスに勝利するが、決勝でダニエル・ジェイコブスに敗退[2]

2007年、全米選手権にミドル級(75 kg)で出場、準々決勝でダニエル・ジェイコブスに勝利するが、決勝でフェルナンド・ゲレーロに敗退[3]北京オリンピックの前哨戦大会となったブラジルリオデジャネイロで開催されたパンアメリカン競技大会にミドル級(75 kg)で出場するが初戦で金メダルを獲得するエミリオ・コレラに敗れた[4]。北京オリンピック国内予選選考会に出場するが準々決勝でダニエル・ジェイコブスに敗退してオリンピック出場を逃した[5]

2008年、全米選手権にミドル級(75 kg)で出場するが決勝で敗退[6]

アマチュア時代の戦績は290戦276勝14敗。

プロ時代編集

2008年10月27日、ポーターはスーパーミドル級でプロデビューを果たし、初回1分17秒TKO勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った。

2010年2月19日、クリーブランドのウォルステン・センターでラッセル・ジョーダンとNABO北米ライトミドル級暫定王座決定戦を行い、10回3-0(2者が97-92、100-89)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2010年10月15日、オクラホマ州バッファロー・カジノにてヘクター・ムニョスとNABF北米ウェルター級王座決定戦を行い、ダウンこそ奪えなかったが9回2分5秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2011年2月18日、アグネス・アデアホと対戦し10回3-0(2者が99-91、97-93)の判定勝ちを収めNABF王座初防衛に成功した。

2012年7月28日、NABO北米ウェルター級王座決定戦をアルフォンソ・ゴメスと行った。初回に偶然のバッティングでカットし負傷するも10回3-0(98-92、96-94、97-93)の判定勝ちを収めポーターは初の苦戦を演じながらも王座獲得に成功した。

2012年12月15日、元IBF世界ライト級王者フリオ・ディアスと対戦し10回1-1(96-94、95-95、94-96)の三者三様による引き分けに終わり全勝が途切れた。

2013年9月12日、MGMグランド内MGMコンフェレンス・センター・プレミアル・ボールルームにて前回引き分けに終わったフリオ・ディアスと再戦、10回3-0(2者が97-93、98-92)の判定勝ちを収めNABO王座初防衛とIBF北米王座獲得に成功した。

2013年12月7日、ニューヨークバークレイズ・センターにてポール・マリナッジVSザブ・ジュダーの前座でIBF世界ウェルター級王者のデボン・アレクサンダーに挑戦し、12回3-0(115-113、2者が116-112)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[7]

2014年4月19日、ワシントンD.C.DCアーモリーベイブット・シュメノフVSバーナード・ホプキンスの前座で元世界2階級制覇王者でIBF同級5位のポール・マリナッジと対戦し、4回1分14秒TKO勝ちを収め初防衛に成功した[8]

2014年4月20日、IBFから次の試合で指名挑戦者のケル・ブルックと対戦するよう命令が出された[9]

2014年8月16日、スタブハブ・センター・テニスコートでランキング1位の指名挑戦者でIBFインターナショナルウェルター級王者ケル・ブルックと対戦するが、12回0-2(114-114、111-117、112-116)の判定負けを喫し2度目の防衛に失敗し王座から陥落した[10]。この試合でブルックは20万ドル(約2200万円)、ポーターは50万ドル(約5600万円)のファイトマネーを稼いだ[11]

2015年1月9日、ゴールデンボーイ・プロモーションズからプロモート権を破棄されたことで、同プロモーションを離脱した[12]

2015年3月13日、カリフォルニア州のシチズンズ・ビジネス・バンク・アリーナにてアンドレ・ベルト対ホセシート・ロペスの前座でロベルト・ガルシアと対戦予定だったが、ガルシアが4ポンド以上の体重超過で前日計量に姿を見せず欠場する。急遽代わりの対戦相手を探すこととなりエリック・ボーンが選ばれ、ボーンは試合当日にニューヨークから試合会場のカリフォルニア州まで飛行機で飛び計量を受けるが、ボーンはウェルター級の規程体重まで落とせず149ポンドのキャッチウェイトで対戦する事になった。それでもポーターは無事に5回TKO勝利を収めた[13]

2015年6月20日、ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナエイドリアン・ブローナーと144ポンドのキャッチウェイトでノンタイトル12回戦を行い、11回にブローナーがホールディングで減点され、12回にはポーターがキャリア初めてのダウンを喫するが、12回3-0(115-111、114-112、118-108)の判定勝ちを収めた[14]

2016年3月12日、コネチカット州アンカスビルモヒガン・サン内モヒガン・サン・アリーナでWBA世界ウェルター級王者キース・サーマンと対戦する予定だったが[15]、サーマンが交通事故に巻き込まれ怪我をしたため延期になった[16]。このためポーターは代わりにラナード・タイナーと12回戦のエキシビジョンマッチを行った[17]

2016年6月25日、バークレイズ・センターで延期となっていたWBA世界ウェルター級王者キース・サーマンと対戦し、何度もサーマンをぐらつかせたが12回0-3(3者共に113-115)の判定負けを喫し王座獲得に失敗した[18][19][20]。この試合でサーマンは140万ドル(約1億5700万円)、ポーターは100万ドル(約1億1000万円)のファイトマネーを稼いだ[21]

2017年4月22日、バークレイズ・センターでWBC世界ウェルター級4位のアンドレ・ベルトとWBC世界ウェルター級挑戦者決定戦を行い、9回1分31秒TKO勝ちを収めサーマンへの挑戦権獲得に成功した[22][23]

2018年9月8日、バークレイズ・センターでWBC世界ウェルター級1位のダニー・ガルシアとWBC世界ウェルター級王座決定戦を行い、12回3-0(116-112、115-113×2)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[24]

2019年3月9日、カリフォルニア州のディグニティ・ヘルス・スポーツ・パークでヨルデニス・ウガスと対戦し、12回判定勝ちを収め初防衛に成功した[25]。この試合でポーターは125万ドル(約1億3千万円)、ウガスは30万ドル(約3200万円)のファイトマネーを稼いだ[26]

獲得タイトル編集

脚注編集

  1. ^ 80.US National Golden Gloves - Chattanooga - April 31 - May 9 2007”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月13日閲覧。
  2. ^ US National Championships - Colorado Springs - March 6-11th 2006”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月13日閲覧。
  3. ^ US National Championships - Colorado Springs - June 2-8 2007”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月13日閲覧。
  4. ^ 15.Panamerican Games - Rio de Janeiro, Brazil - July 20-28 2007”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月13日閲覧。
  5. ^ US Olympic Trials - Houston - August 20-26 2007”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月13日閲覧。
  6. ^ US National Championships - Colorado Springs - March 9-14 2008”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年5月22日閲覧。
  7. ^ ララ、正規王者に、アレキサンダー落城 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年12月10日
  8. ^ クイリンがV3、ポーターはマリナージをTKO Boxing News(ボクシングニュース) 2014年4月20日
  9. ^ Porter ordered to face Brook”. ESPN.com (2014年4月21日). 2014年5月11日閲覧。
  10. ^ ブロック2-0判定で新王者に、ビカは王座陥落 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年8月17日
  11. ^ StubHub purses: Bika $700K, Dirrell $500K, Porter $500K, Brook $200K, Wilder $50K”. Boxing News 24 (2014年8月16日). 2018年7月12日閲覧。
  12. ^ Oscar De La Hoya gets settlement”. ESPN.com (2015年1月10日). 2015年1月11日閲覧。
  13. ^ Roberto Garcia scratched from card”. ESPN.com (2015年3月12日). 2015年3月14日閲覧。
  14. ^ IBFミドル級はルミューが新王者、海外試合結果 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年6月21日
  15. ^ サーマンvsポーターついに決定 3.12コネチカット Boxing News(ボクシングニュース) 2016年1月18日
  16. ^ サーマンが交通事故、ポーター戦は延期 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年2月23日
  17. ^ Shawn Porter to box in exhibition after Keith Thurman withdrawal”. Sky Sports (2016年3月8日). 2016年8月15日閲覧。
  18. ^ Thurman edges Porter, retains WBA welterweight title in one to remember Fightnews.com 2016年6月25日
  19. ^ Thurman Wins War Against Porter WBA公式サイト 2016年6月26日
  20. ^ サーマンがポーター振り切る、WBAウェルター級戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年6月26日
  21. ^ Purses: Thurman $1.4M, Porter $1M”. Boxing News 24 (2016年6月25日). 2018年7月12日閲覧。
  22. ^ Porter stops Berto in nine Fightnews.com 2017年4月22日
  23. ^ ポーターがベルトを9回TKO、チャーロ弟初防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年4月23日
  24. ^ ポーターがD・ガルシアとの接戦制す WBCウェルター Boxing News(ボクシングニュース) 2018年9月9日
  25. ^ PBC on Fox results: Shawn Porter retains welterweight title with split-decision win over Yordenis Ugas”. CBS Sports (2019年3月9日). 2019年7月29日閲覧。
  26. ^ Purses: Shawn Porter $1.25M, Yordenis Ugas $300K”. Boxing News 24 (2019年3月9日). 2019年7月29日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
デボン・アレクサンダー
IBF世界ウェルター級王者

2013年12月7日 - 2014年8月16日

次王者
ケル・ブルック
空位
前タイトル保持者
キース・サーマン
WBC世界ウェルター級王者

2018年9月8日 - 現在

次王者
N/A