ジェイムス・コナント

アメリカ合衆国の化学者 (1893-1978)

ジェイムス・ブライアント・コナント (英語: James Bryant Conant1893年3月26日 - 1978年2月11日) は、アメリカ合衆国化学者教育者、科学行政官外交官ジェームス・コナントジェイムズ・コナントジェームズ・コナントなどともカタカナ表記される。

ジェイムス・コナント(1953年)

経歴編集

マサチューセッツ州ボストン市ドーチェスター地区(Dorchester, Massachusetts)生まれ。ハーバード大学化学を専攻、1917年博士号を取得した[1]。1917年-1918年アメリカ陸軍毒ガスなど化学兵器関係の業務に従事。第一次世界大戦後ハーバード大学に赴任し、1919年から助教授、1928年から教授、1933年-1953年学長を歴任した。1941年-1946年、アメリカ国防研究委員会(National Defense Research Committee, NDRC)委員長を務め、科学研究開発局長ヴァネヴァー・ブッシュに協力。マンハッタン計画では政策決定過程に関与した[2][3]1953年-1955年対占領ドイツ高等弁務官、1955年-1957年在西ドイツ特命全権大使[4][1]。1943年ベンジャミン・フランクリン・メダル1944年プリーストリー賞受賞。

退任後は『アメリカ高校教育の現状』を執筆して教育問題に係るようになった。1961年に初来日、東京や大阪で教育問題について講演を行い、日本の教育関係者と意見交換を行った。1978年、ニューハンプシャー州ハノーバーの療養先で死去。84歳[5]

脚注編集

  1. ^ a b 原子爆弾開発に関するブッシュ=コナント・ファイル国立国会図書館
  2. ^ コナント【James Bryant Conant】1893‐1978世界大百科事典第2版
  3. ^ コナント【James Bryant Conant】 大辞林第三版
  4. ^ コナント Conant,James Bryant ブリタニカ国際大百科事典
  5. ^ 訃報欄 ジャームズ・ブライアント・コナント氏(ハーバート大学名誉総長、元駐西ドイツ米大使)『朝日新聞』1978年(昭和53年)2月4日朝刊、13版、19面