メインメニューを開く

ジェラルド・R・フォードUSS Gerald R. Ford, CVN-78)は、アメリカ海軍航空母艦ジェラルド・R・フォード級ネームシップ(1番艦)。2009年に起工され、2016年に就役を予定して建造が進められていたが、2017年に就役した[4]

ジェラルド・R・フォード
Gerald R. Ford CVN-78
2017年4月8日撮影
基本情報
建造所 ニューポート・ニューズ造船所
運用者  アメリカ海軍
艦種 航空母艦原子力空母
級名 ジェラルド・R・フォード級航空母艦
前級 ニミッツ級航空母艦
建造費 129億米ドル[1]
母港 ノーフォーク海軍基地
艦歴
発注 2008年9月10日
起工 2009年11月13日[2]
進水 2013年10月11日[3]
就役 2017年7月22日[4]
現況 就役中
要目
満載排水量 100,000トン以上
全長 332.84m
最大幅 78m
機関 A1B加圧水型原子炉 2基
主機 蒸気タービン 4基
推進 スクリュープロペラ 4軸
最大速力 30kt
乗員 個艦要員2,180名
航空要員2,480名
兵装ファランクスCIWS 3基
ESSM短SAM8連装発射機 2基
RAM近SAM21連装発射機 2基
搭載機 75機以上[5]
レーダー AN/SPY-3 多機能型 1基 AN/SPY-4広域探索型 1基
テンプレートを表示

艦の名称は第38代アメリカ合衆国大統領ジェラルド・R・フォードにちなむ[6]

目次

艦歴編集

2005年8月から船側外板となる鋼板の切断が開始[7]

2009年11月13日、ニューポート・ニューズ造船所で起工[2]

2013年11月9日、ジェラルド・フォードの娘スーザン・フォード英語版によって命名される[8][9]

2015年6月4日、電磁式カタパルトでテストウエイトの射出実験に成功する[10]

2017年1月、2017年3月に造船所による海上試験、2017年4月に受け入れ試験、2017年4月の出荷試験を実施すると発表された。その時点で試験プログラムの93%(船体、機械系統が93%、電気系統、推進システムが92%、電子機器の試験が93%)で、全体では99%完了しているとされた。3月から4月にかけて実施される試験では、レーダーや航空管制やC4I機能の確認を重点的に実施し次に航空機の発着艦試験を実施し、電磁カタパルト (EMALS:Electromagnetic Aircraft Launch System ) と先進着艦拘束具 (AAG:Advanced Arresting Gear ) の確認が行われる予定。EMALSの試験は内99.5%を完了しているが、AAGの方は70%しか完了しておらず困難が伴うと予想されている[11]

2017年4月8日、海上公試運転に向けて造船所を出航[12]。4月14日にノーフォーク海軍基地に帰港[13] 。5月31日、米海軍に正式に引き渡された[14][5]

就役後編集

2017年7月22日にバージニア州ノーフォーク基地で就役した[4]。この就役式典にはドナルド・トランプ大統領ジェームズ・マティス国防長官などの臨席下で行われた。トランプ大統領は「この艦はアメリカの力と威信の象徴だ。同盟諸国は安眠でき、敵は恐怖に震え上がるだろう。アメリカは必ず勝たなければならない」と演説した[15]

7月28日、第23航空試験評価飛行隊英語版のジェイミー・ストラック中佐が操縦するF/A-18E/F「スーパー・ホーネット」戦闘攻撃機が本艦初のアレスティング・ワイヤーによる着艦、及び電磁カタパルトによる発艦を成功させた[16][17][18]

本艦は基本的な慣熟訓練及び本艦の機能能力検証作業を行い、対潜戦術・航海・砲術の訓練を経て本格的な空母機能を発揮するための発着艦訓練などの広範な訓練を行い2020年頃に本格配備・展開される予定である[19]

問題点編集

能力編集

F-35の海軍向けのC型が、初期作戦能力獲得を宣言したのは2019年2月で、2021年頃、ニミッツ級空母の「カール・ヴィンソン」に初めて搭載される予定だが、現時点で、最新鋭のフォード級空母にF-35Cを搭載する目処は全くたっていない。これは電磁式カタパルトの検証が進んでいないためである。[20]

高コスト編集

ニミッツ級空母の最終艦「ジョージ・H・W・ブッシュ」の建造費は62億ドル(約6800億円)だった。これに対して、「電磁式航空機発射システム(EMALS)」や、「新型着艦制動装置“Advanced Arresting Gear”(AAG)」、「先進型兵器エレベーター“Advanced Weapons Elevators”(AWE)」の開発遅延のおかげで、実戦任務への投入が2年遅れ、2019年1月時点での建造費用は130億ドル(約1兆4000億円)を越え、ニミッツ級2隻分の費用となっている。[21]

艦名編集

2006年10月17日、ジョージ・W・ブッシュ大統領(当時)は、ジョン・ウォーナー2007年会計年度国防権限法(John Warner National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2007[22])署名を行い、同法案を承認した[23]。同法の1,012節において、

[it] is the sense of Congress that the nuclear-powered aircraft carrier of the Navy designated as CVN-78 should be named the U.S.S. Gerald R. Ford.(海軍のCVN-78と呼称されている(新型)原子力空母の艦名をUSSジェラルド・フォードと名付けるべきである、というのが連邦議会の意見である…)

という意見が示された[24]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Ronald O'Rourke (2013年10月22日). “Navy Ford (CVN-78) Class Aircraft Carrier Program: Background and Issues for Congress (PDF)”. Congressional Research Service. p. 4. 2014年2月8日閲覧。 FY14 cost of CVN-79 (procured in FY13) in then-year dollars; the same budget puts the cost of CVN-78 (procured in FY08) at $12,829.3 million but that includes ~$3.3bn of development costs. CVN-80 is estimated at $13,874.2m, making the total cost of the first three Fords $38,041.9m, or $12.68bn each.
  2. ^ a b “Ford Keel Laid for Future Carrier, Class”. Navy Times. (2009年11月16日). http://www.navy.mil/submit/display.asp?story_id=49657 
  3. ^ “Newport News Shipbuilding to Flood Dry Dock and Float Gerald R. Ford (CVN 78)” (プレスリリース), Huntingdon Ingalls Industries, (2013年10月9日), http://newsroom.huntingtoningalls.com/releases/newport-news-shipbuilding-to-flood-dry-dock-and-float-gerald-r-ford-cvn-78 2013年10月9日閲覧。 
  4. ^ a b c “President Trump Commissions USS Gerald R. Ford (CVN 78)” (プレスリリース), United States Navy, (2017年7月22日), NNS170722-01, http://www.navy.mil/submit/display.asp?story_id=101579 2017年7月22日閲覧。 
  5. ^ a b Aircraft Carriers - CVN”. U.S. Navy - Fact file. 2017年4月25日閲覧。
  6. ^ Navy Names New Aircraft Carrier USS Gerald R. Ford - Official Announcement from Secretary of the Navy.
  7. ^ USS Gerald R. Ford CVN 78”. U.S. Carriers (2015年3月8日). 2016年3月4日閲覧。
  8. ^ Murray, Dave (2009年11月13日). “Gerald R. Ford ship ceremony brings Susan Ford Bales, Family to Newport News, Virginia”. The Grand Rapids Press. オリジナルの2009年11月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091115195539/http://www.mlive.com/news/grand-rapids/index.ssf/2009/11/gerald_r_ford_ship_ceremony_br.html 
  9. ^ PCU Gerald R. Ford (CVN 78) Christening Ceremony”. Navy Live (2013年11月8日). 2016年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月1日閲覧。
  10. ^ “電磁式カタパルト射出テスト 空母ジェラルド・R・フォード - EMALS dead load testing Gerald R. Ford (CVN 78)”. USA ミリタリー チャンネル. (2015年6月5日). https://www.youtube.com/watch?v=KaBvXURLhiw 2016年1月1日閲覧。 
  11. ^ Navy Sets April Delivery Date for Carrier Ford
  12. ^ 40年ぶりの米新型空母「ジェラルド・R・フォード」、海上公試へ, AFP通信
  13. ^ Vergakis, Brock (2017年4月14日). “Aircraft carrier Gerald R. Ford completes builder's sea trials”. The Virginian Pilot. 2017年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月17日閲覧。
  14. ^ “Huntington Ingalls Industries Delivers Gerald R. Ford (CVN 78) To U.S. Navy” (プレスリリース), Huntingdon Ingalls Industries, (2017年6月1日), オリジナルの2017年6月6日時点によるアーカイブ。, http://newsroom.huntingtoningalls.com/releases/aircraft-carrier-gerald-r-ford-cvn78-delivered 2017年6月1日閲覧。 
  15. ^ “米新型空母「ジェラルド・R・フォード」就役 中国にらみ増強急務 米海軍「2023年以降、空母12隻体制」”. 産経新聞ニュース. (2017年7月22日). http://www.sankei.com/world/news/170722/wor1707220031-n1.html 
  16. ^ Woody, Christopher (2017年7月31日). “Watch the Navy's newest, most sophisticated aircraft carrier land and launch her first aircraft” (Military and Defense). Business Insider. http://www.businessinsider.com/navys-gerald-r-ford-aircraft-carrier-land-launch-its-first-aircraft-2017-7 2017年8月10日閲覧。 
  17. ^ Local man pilots first plane to land on U.S.S. Gerald Ford”. Fox 8 Cleveland (2017年7月29日). 2017年8月2日閲覧。
  18. ^ VIDEO: USS Gerald R. Ford Conducts First Arrested Landing, Catapult Launch”. USNI News. U.S. Naval Institute. 2017年7月28日閲覧。
  19. ^ LaGrone, Sam (2017年1月18日). “Delay in Aircraft Carrier Ford Testing Could Compress Workups for First Deployment”. USNI News. 2017年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月8日閲覧。
  20. ^ F-35Cが運用が出来ない建造費1.4兆円の欠陥空母! 米国「フォード級空母」受取り拒否?” (日本語). 航空万能論GF (2019年6月5日). 2019年7月3日閲覧。
  21. ^ 建造費1.4兆円!米海軍新型「フォード」級空母、カタパルトを「電磁式」から「蒸気式」に変更?” (日本語). 航空万能論GF (2019年5月30日). 2019年7月3日閲覧。
  22. ^ 当時、上院軍事委員会委員長として、上院における国防予算のとりまとめの中心的役割を担っていたジョン・ウォーナー上院議員にちなむ。(当時)
  23. ^ “President Signs 2007 Defense Authorization Act” (英語) ブッシュ大統領が2007会計年度の国防権限法に署名したことを報じるアメリカ軍系列の報道機関、AFPSの記事。
  24. ^ PDFドキュメント (PDF)

外部リンク編集