ジェームス・テイラー (アルバム)

ジェームス・テイラーのアルバム

ジェームス・テイラー』(James Taylor、旧邦題『心の旅路』) は1968年12月6日に発売されたアメリカのシンガー・ソングライター、ジェームス・テイラーのセルフタイトルのデビュー・アルバム。 このアルバムはアップル・レコードで初めての英国人以外による録音であり、テイラーにとってはこのレーベルからの唯一のリリースとなった。南アフリカではFirst Album のタイトルで発売された。

心の旅路
ジェームス・テイラースタジオ・アルバム
録音 1968年7月-10月、トライデント・スタジオ、ロンドン
ジャンル
時間
レーベル アップル
プロデュース ピーター・アッシャー
ジェームス・テイラー アルバム 年表
ジェームス・テイラー
1968年
スウィート・ベイビー・ジェームス
1970年
『ジェームス・テイラー』収録のシングル
  1. 思い出のキャロライナ
    リリース: 1969年2月 (1969-02)
  2. Knocking 'Round the Zoo
    リリース: 1969年
テンプレートを表示

背景編集

アルバムはビートルズが新たに結成したレーベルアップル・レコードA&Rチーフのピーター・アッシャーにプロデュースされた[1]。テイラーはビートルズの『ホワイト・アルバム』のレコーディングと同時期の1968年7月から10月にかけて、ロンドンのトライデント・スタジオでアルバムを録音した[2][3]。トライデントはこの当時、イングランドで最も技術的に先進的なスタジオであり、とても混んでいたので、ビートルズによって予約されたセッション時間の一部がテイラーのアルバムの録音に使用された。ポール・マッカートニーとピーター・アッシャーがアレンジャーのリチャード・アンソニー・ヒューソンを何曲かにオーケストレーションを加えるために招き、曲と曲との間に珍しい「リンク」パッセージを追加したが、これらの曲は良くても混合的な評価を受けることになった[4][5]

楽曲編集

注目すべき楽曲としては「彼女の言葉のやさしい響き」、「思い出のキャロライナ」および 「雨の日の男」"Rainy Day Man" などがあげられる。マッカートニーとクレジットにはないがジョージ・ハリスンがそれぞれその歌詞の"holy host of others standing around me"でビートルズに言及している「思い出のキャロライナ」でベースバッキング・ボーカルをでゲスト参加したが、「彼女の言葉のやさしい響き」"Something in the Way She Move" のタイトルがハリスンに「サムシング」のきっかけを提供した[4][6]。(偶然にも、テイラーはこの曲をコーラスのドミナント・ラインにちなんで "I Feel Fine "と呼ぶつもりだったと言っているが、タイトルはすでにビートルズの曲に取られていた)。テイラーはまた、2枚目のアルバムで画期的なヒットとなるファイアー・アンド・レインの極めて初期のバージョンも録音したが、アッシャーはアルバムに収録しなかった[7]

発売と反応編集

専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典評価
オールミュージック     [8]
ポピュラー音楽百科事典英語版     [9]
Mojo     [10]
MusicHound Rock3.5/5[11]
ローリング・ストーン(favorable)[5]
Rolling Stone Album Guide     [12]
Tom HullB–[13]

アルバムはアップル・レコードからイギリスでは1968年12月6日に、アメリカでは1969年2月に発売された[14]ローリング・ストーン誌のジョン・ランドーの「このアルバムは長い間吸ってきた新鮮な空気の中でも最もクールなものだ。このアルバムは私をノックアウトする」という非常に好意的なレビューを含めて、評論家の反応は概ね良好だった[5]。レコードの商業的な可能性は、テイラーが薬物中毒で入院していたためにプロモーションができず、売れ行きは芳しくなかった[14]。「思い出のキャロライナ」(B面:"Something Wrong")が1969年2月にイギリスでシングル(APPLE 32)としてリリースされたが、チャートには入らなかった[14]。このシングルはアメリカでは1969年3月にAPPLE 1805としてリリースされたが、118位に届いたにすぎなかった[14]。"Knocking 'Round the Zoo"がB面を"Something's Wrong"としてフランスで発売された(APF 506)[15]

1970年代のアップルからの使用許諾を得る困難さから、テイラーの『グレイテスト・ヒッツ』のためにテイラーは1976年に「思い出のキャロライナ」と「彼女の言葉のやさしい響き」を再録音した。

収録曲編集

特記あるものを除き、ジェームス・テイラーの作詞作曲。 演奏時間はオリジナルのアップルのLPレコードのラベル記載の数値。

サイド1
  1. "Don't Talk Now" – 2:36
  2. "Something's Wrong" – 3:00
  3. ノッキング・ラウンド・ザ・ズー」"Knocking 'Round the Zoo" – 3:26
  4. "Sunshine Sunshine" – 3:30
  5. "Taking It In" – 3:01
  6. 彼女の言葉のやさしい響き」 "Something in the Way She Moves" – 2:26
Side two
  1. 思い出のキャロライナ」"Carolina in My Mind" – 3:36
  2. "Brighten Your Night With My Day" – 3:05
  3. "Night Owl" – 3:38
  4. "Rainy Day Man" (Taylor, Zach Wiesner) – 3:00
  5. "Circle Round the Sun" (Traditional; arranged by Taylor) – 3:24
  6. "Blues Is Just a Bad Dream" – 3:42
CD bonus tracks (2010 remaster)
  1. "Sunny Skies" (Demo) – 2:12
  2. "Let Me Ride" – 3:57
  3. "Sunshine Sunshine" (Demo) – 2:51
  4. "Carolina in My Mind" (Demo) – 3:06

参加ミュージシャン編集

脚注編集

  1. ^ White, Timothy. James Taylor: Long Ago and Far Away, Omnibus Press, 2002, 0-7119-9193-6. pp. 134–135.
  2. ^ White, Long Ago and Far Away, pp. 136–137.
  3. ^ Lewisohn, Mark (1988). The Beatles: Recording Sessions. Harmony Books. ISBN 0-517-57066-1  p. 146.
  4. ^ a b White, Long Ago and Far Away, pp. 137–140.
  5. ^ a b c Landau, Jon (1969年4月19日). “James Taylor James Taylor > Album Review”. Rolling Stone (31). オリジナルの2007年6月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070602164839/http://www.rollingstone.com/artists/jamestaylor/albums/album/113822/review/5945820/james_taylor 20 4 2015閲覧。 
  6. ^ Cross, Craig (2004年). “Beatles songs – S”. 2004年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2004年6月3日閲覧。
  7. ^ According to the liner notes on Apple's reissue of this album.
  8. ^ Planer, Lindsay. ジェームス・テイラー - オールミュージック. 2 10 2004閲覧。
  9. ^ Larkin, Colin (2007). Encyclopedia of Popular Music (4th ed.). Oxford University Press. ISBN 978-0195313734 
  10. ^ Harris, John (2010年11月). “Strange Fruit: Various, Original Apple albums, 1969–73”. Mojo: p. 117 
  11. ^ Graff, Gary; Durchholz, Daniel (eds) (1999). MusicHound Rock: The Essential Album Guide. Farmington Hills, MI: Visible Ink Press. p. 1125. ISBN 1-57859-061-2. https://archive.org/details/isbn_9781578590612/page/1125 
  12. ^ Coleman, Mark; Edmonds, Ben (2004). “James Taylor”. In Brackett, Nathan; Hoard, Christian. The New Rolling Stone Album Guide. London: Fireside. pp. 804–805. ISBN 0-7432-0169-8  Portions posted at James Taylor > Album Guide”. rollingstone.com. 6 11 2011閲覧。
  13. ^ Hull, Tom (December 2010). “Recycled Goods”. Static Multimedia. http://tomhull.com/ocston/arch/cg/cg10-12.php 2020年7月8日閲覧。. 
  14. ^ a b c d White, Long Ago and Far Away, pp. 142–144.
  15. ^ Knocking 'Round the Zoo”. rateyourmusic.com. 2014年6月30日閲覧。