メインメニューを開く

ジム・コンスタンティー

ジム・コンスタンティー(Casimir James "Jim" Konstanty、1917年3月2日 - 1976年6月11日)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ストライカーズヴィル出身のプロ野球選手投手)。右投げ右打ち。

ジム・コンスタンティー
Jim Konstanty
px
基本情報
出身地 Flag of the United States.svgニューヨーク州ストライカーズヴィル
生年月日 1917年3月2日
没年月日 (1976-06-11) 1976年6月11日(59歳没)
身長
体重
6' 1.5" =約186.7 cm
202 lb =約91.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
初出場 1944年6月18日
最終出場 1956年9月19日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

"Whiz Kids"と呼ばれた1950年のフィラデルフィア・フィリーズ救援投手として活躍し、同年ナショナルリーグ最優秀選手となった。

目次

経歴編集

シラキュース大学学士号を取得した後、コンスタンティーはニューヨークセントレジス・フォールズで体育の教官をしていたが、その後シンシナティ・レッズと契約して1944年にメジャーにデビューする。同年先発として6勝4敗の成績を残したが、1947年まではほとんどマイナーリーグで過ごしていた。1948年、31歳になってフィラデルフィア・フィリーズに移籍し、リリーフを専門でこなす投手となってから、ようやくメジャーに定着するようになった。

鋭いスライダーチェンジアップを武器に1949年に9勝7セーブ、3.25の成績を残し、翌1950年にはリーグ最多となる74試合に登板し16勝7敗と22セーブ、防御率2.66を記録、この年のフィリーズのリーグ優勝に大きく貢献する。この年コンスタンティーはナショナルリーグの最優秀選手だけでなく、AP通信アスリート・オブ・ザ・イヤーや、スポーティングニューズ紙のピッチャー・オブ・ザ・イヤー等の表彰を受けた。

しかし翌年はその反動からか4勝11敗9セーブと不振に陥り、1953年には再び先発投手となり14勝を挙げている。このときはすでに36歳になっていた。翌1954年シーズン中にフィリーズから放出され、ヤンキースカージナルスに在籍し1956年に現役を引退した。

1976年にニューヨーク州オニオンタで死去。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1944 CIN 20 12 5 1 1 6 4 0 -- .600 468 112.2 113 11 33 -- 1 19 1 0 46 35 2.80 1.30
1946 BSN 10 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 67 15.1 17 2 7 -- 0 9 2 0 9 9 5.28 1.57
1948 PHI 6 0 0 0 0 1 0 2 -- 1.000 33 9.2 7 0 2 -- 0 7 0 0 1 1 0.93 0.93
1949 53 0 0 0 0 9 5 7 -- .643 386 97.0 98 9 29 -- 1 43 1 1 38 35 3.25 1.31
1950 74 0 0 0 0 16 7 22 -- .696 593 152.0 108 11 50 -- 0 56 1 3 51 45 2.66 1.04
1951 58 1 0 0 0 4 11 9 -- .267 494 115.2 127 9 31 -- 0 27 0 2 58 52 4.05 1.37
1952 42 2 2 1 0 5 3 6 -- .625 342 80.0 87 9 21 -- 0 16 1 0 44 35 3.94 1.35
1953 48 19 7 0 1 14 10 5 -- .583 735 170.2 198 18 42 -- 3 45 1 0 90 84 4.43 1.41
1954 33 1 0 0 0 2 3 3 -- .400 215 50.1 62 7 12 -- 0 11 1 0 27 21 3.75 1.47
NYY 9 0 0 0 0 1 1 2 -- .500 70 18.1 11 0 6 -- 0 3 0 0 2 2 0.98 0.93
'54計 42 1 0 0 0 3 4 5 -- .429 285 68.2 73 7 18 -- 0 14 1 0 29 23 3.01 1.33
1955 45 0 0 0 0 7 2 11 -- .778 308 73.2 68 5 24 2 0 19 0 0 28 19 2.32 1.25
1956 8 0 0 0 0 0 0 2 -- ---- 53 11.0 15 3 6 0 0 6 0 0 6 6 4.91 1.91
STL 27 0 0 0 0 1 1 5 -- .500 167 39.1 46 4 6 1 0 7 0 0 20 20 4.58 1.32
'56計 35 0 0 0 0 1 1 7 -- .500 220 50.1 61 7 12 1 0 13 0 0 26 26 4.65 1.45
MLB:11年 433 36 14 2 2 66 48 74 -- .579 3931 945.2 957 88 269 *3 5 268 8 6 420 364 3.46 1.30
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 「-」は記録なし
  • 通算成績の「*数字」は不明年度があることを示す

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1944 CIN 20 38 34 2 10 0 0 0 10 2 0 -- 3 -- 1 -- 0 5 1 .294 .314 .294 .608
1946 BSN 10 3 2 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 1 -- 0 0 0 .000 .333 .000 .333
1948 PHI 6 3 3 1 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 0 -- 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1949 53 18 17 0 3 0 0 0 3 1 0 -- 1 -- 0 -- 0 4 1 .176 .176 .176 .353
1950 74 39 37 0 4 0 0 0 4 3 0 -- 2 -- 0 -- 0 13 1 .108 .108 .108 .216
1951 58 22 19 0 3 1 0 0 4 0 0 0 3 -- 0 -- 0 5 0 .158 .158 .211 .368
1952 42 16 14 1 1 1 0 0 2 2 0 0 1 -- 1 -- 0 2 0 .071 .133 .143 .276
1953 48 53 50 3 11 0 0 0 11 0 0 0 3 -- 0 -- 0 7 0 .220 .220 .220 .440
1954 33 13 13 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 4 0 .000 .000 .000 .000
NYY 9 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 0 0 .000 .000 .000 .000
'54計 42 16 16 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 4 0 .000 .000 .000 .000
1955 45 12 8 0 1 0 0 0 1 0 0 0 3 0 0 0 1 0 0 .125 .222 .125 .347
1956 8 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
STL 27 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
'56計 35 3 2 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
MLB:11年 433 223 202 7 33 2 0 0 35 14 0 *0 16 *1 3 *0 1 41 3 .163 .179 .173 .352
  • 「-」は記録なし
  • 通算成績の「*数字」は不明年度があることを示す

獲得タイトル・記録編集

  • ナショナルリーグ最優秀選手:1950年
  • ナショナルリーグ最多セーブ:1950年
  • オールスターゲーム選出:1950年
  • ワールドシリーズ出場:1回(1950年)

関連項目編集

外部リンク編集