ジャック・ドロール

ジャック・リュシアン・ジャン・ドロール(フランス語:Jacques Lucien Jean Delors1925年7月20日 - )は、フランス政治家経済学者。第11代フランス経済・財務大臣を務めた他、1985年から1995年まで10年間に渡って欧州委員会委員長を務め、欧州統合を強力に推進した。マルティーヌ・オブリーは娘である。

ジャック・ドロール
Jacques Lucien Jean Delors
Delors 01.jpg

任期 1985年1月6日1995年1月5日
欧州理事会議長 ベッティーノ・クラクシ
ジャック・サンテール
ルード・ルベルス
マーガレット・サッチャー
ウィルフリート・マルテンス
ポール・シュルター
ヘルムート・コール
アンドレアス・パパンドレウ
フェリペ・ゴンサレス
フランソワ・ミッテラン
チャールズ・ホーヒー
ジュリオ・アンドレオッティ
ジャック・サンテール
ルード・ルベルス
アニーバル・カヴァコ・シルヴァ
ジョン・メージャー
ポール・シュルター
ポール・ニューロップ・ラスムセン
ジャン=リュック・デハーネ
アンドレアス・パパンドレウ
ヘルムート・コール
フランソワ・ミッテラン

任期 1981年5月22日1984年7月19日
大統領 フランソワ・ミッテラン
首相 ピエール・モーロワ
内閣 第1次ピエール・モーロワ内閣
第2次ピエール・モーロワ内閣
第3次ピエール・モーロワ内閣

出生 (1925-07-20) 1925年7月20日(96歳)
Flag of France (1794–1815, 1830–1958).svg フランス パリ
政党 社会党
出身校 パリ大学法学部(政治経済学専攻)
配偶者 マリー・レファイユ
子女 2人

来歴編集

1925年7月20日にパリに誕生する。パリ11区リセ・ヴォルテール (lycée Voltaire)、オーリヤックのリセ・エミール・デュクロー (lycée Émile-Duclaux d'Aurillac)、クレルモン=フェランのリセ・ブレーズ・パスカル (lycée Blaise-Pascal de Clermont-Ferrand) などを経て、1950年にパリ大学法学部(政治経済学専攻)を卒業した。

1969年ジャック・シャバン=デルマス首相の顧問に就任する。1974年社会党に入党する。1979年欧州議会議員に当選。1981年フランソワ・ミッテラン大統領の下で、経済・財政大臣、1983年に経済・財政・予算相に就任する。蔵相時代には伝統的な社会主義政策を転換し、市場経済容認を推進した。

1984年7月にピエール・モーロワ首相が辞任する。この時点で、ドロールは社会党でミッテランに次ぐナンバー2であり、国民の人気と政治的力量を兼ね備えた実力者であった。ドロールはモーロワの後継内閣を組閣する意思があることを表明していたが、ドロールの台頭を恐れたミッテランによって、首相の椅子はミッテラン子飼いのローラン・ファビウスに回り、ドロールは欧州委員長に回った。

1985年ヨーロッパ共同体の執行機関である欧州委員会委員長に就任する。在任中は、予算改革、欧州単一市場の導入の基礎を構築し、1993年1月1日に実施された。

1995年フランス大統領選挙に社会党からドロールを推す声があったが、辞退した。現在はEU改革を訴えるスピネッリ・グループなどで活動している。

外部リンク編集

先代:
ルネ・モノリー
  フランス経済・財務大臣
第11代:1981年5月22日 – 1984年7月19日
次代:
ピエール・ベレゴヴォワ
先代:
ガストン・トルン
  欧州委員会委員長
第6代:1985年1月6日 – 1995年1月5日
次代:
ジャック・サンテール