メインメニューを開く

ピエール・モーロワ(モロワ)Pierre Mauroy 発音例1928年7月5日 - 2013年6月7日)は、フランス政治家フランス社会党の闘士で、フランソワ・ミッテラン大統領の下で、1981年から1984年まで首相を務めた。

ピエール・モーロワ
Pierre Mauroy
Mauroy2.jpg

任期 1981年5月21日1984年7月17日
元首 フランソワ・ミッテラン大統領

出生 1928年7月5日
ノール県カルティニー
死去 (2013-06-07) 2013年6月7日(84歳没)
オー=ド=セーヌ県クラマール
政党 社会党(PS)

経歴編集

北仏ノール県出身。パリ南部近郊カシャンにある師範学校 (École normale nationale d'apprentissage (ENNA)) の研修生を経て、教職に就いていたが、1950年代から社会主義運動に参加、社会主義青年運動と技術教員組合で活動する。その後、ノール県の社会主義組織で頭角を現し、1966年には(旧)フランス社会党(SFIO)で、党書記長で後に首相を務めたギー・モレに続く党内ナンバー2となる。

1968年の総選挙と1969年の大統領選挙で左翼陣営は敗北を喫し、体制の立て直しを余儀なくされた。1971年エピネー大会で社会主義者は大同団結し、(新)フランス社会党(PS。以下、社会党)を結成した。モーロワは第一書記にフランソワ・ミッテランを支持し、党内序列ナンバー2になった。社会党結成の2年後に行われた1973年リール市長選挙に立候補し当選する。

1979年メス大会では、反ミッテランのミシェル・ロカールと共同戦線を張るが、1981年フランス大統領選挙では、ミッテラン陣営のスポークスマンとしてミッテラン当選に貢献したことが認められて首相に就任した。モーロワ内閣の業績として、週39時間労働、60歳定年制、賃上げなどが上げられる。もっともモーロワは伝統的な社会主義的経済政策の限界を早くから悟り、社会主義的経済政策の放棄を主張した。1984年私立学校への補助金を削減できなかったことが政治問題化し、責任をとって総辞職した。

1988年社会党第一書記に選出される。党首としては党内各派の対立緩和に動いた。ロカールrocardienとミッテランの後継者であるリオネル・ジョスパンの派が党内における基盤であった。

1992年社会主義インターナショナル議長に選出され1998年まで務めた。この他、1992年からフランス上院(元老院)議員に選出された。2007年フランス大統領選挙では、セゴレーヌ・ロワイヤルを支持している。

2013年6月7日クラマールの病院で死去[1]。84歳没。

脚注編集

外部リンク編集