ジュディ・ランキン

プロゴルファー

ジュディ・トールムキー・ランキン(Judy Torluemke Rankin、1945年2月18日 - )は、アメリカ合衆国の女子プロゴルファー、ゴルフ解説者。世界ゴルフ殿堂のメンバー。1962年に17歳でLPGAツアーに参戦、ツアーで通算26勝を挙げた。

TransparentPlaceholder.svg ジュディ・ランキン Golf pictogram.svg
Judy Rankin
基本情報
名前 ジュディ・ランキン
生年月日 (1945-02-18) 1945年2月18日(76歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミズーリ州セントルイス
身長 160センチメートル (5.2 ft)
配偶者 ウォルター・"イッピー"・ランキン(1967-2012年、死別)
子供 ウォルター・"テューイ"・ランキン・ジュニア
経歴
プロ転向 1962年
引退 1983年
以前のツアー LPGAツアー
プロ勝利数 28勝
優勝数
LPGAツアー 26勝
他ツアー 2勝
LPGAメジャー選手権最高成績
女子ウェスタン 4位タイ: 1964年
タイトルホルダーズ 2位タイ: 1972年
ANA 44位タイ: 1983年
全米女子プロ 2位/2位タイ: 1976、1977年年
全米女子OP 2位タイ: 1972年
デュモーリエ 5位タイ: 1979年
受賞
世界ゴルフ殿堂 2000年 (member page)
LPGA賞金女王 1976、1977年
LPGA年間最優秀選手 1976、1977年
ベアトロフィー 1973、1976、1977年
ボブジョーンズ賞 2002年
テンプレートを表示

引退後はゴルフチャンネルのLPGAツアーテレビ中継の主任解説者、一部のPGAツアー中継でコース上のレポーター[1]、ESPN/ABCのゴルフ番組の専門解説者などを務めた[2]

アマチュア時代編集

ミズーリ州セントルイスで生まれ育ち、1959年、14歳の時にミズーリ・アマチュアで優勝。翌年、全米女子オープンローアマチュアを獲得[3]。1961年、16歳でスポーツ・イラストレイテッド誌の表紙を飾った[4]。翌1962年にプロ転向[5]

プロ転向後編集

LPGAツアー参戦後の初優勝は1968年、以後、通算で26勝し、1976年と1977年には賞金女王となった。1965年から1979年にかけて、賞金ランキング10位以内に11回入った。1976年、シーズン獲得賞金150,734ドルを記録し、1シーズンで賞金100,000ドルを超えた初のLPGAプレーヤーとなった[6]

メジャー選手権では4度に亘り2位となったが、1度も優勝することは出来なかった。メジャー最高位は、1976年の全米女子プロゴルフ選手権の単独2位、1972年のタイトルホルダーズ選手権、1972年の全米女子オープン、1977年の全米女子プロゴルフ選手権の2位タイであった。1976年にコルゲート・ダイナ・ショア・ウィナーズ・サークル(現在のANAインスピレーション)と1977年にピーター・ジャクソン・クラシック(後のデュモーリエ・クラシック)で優勝したが、いずれもランキンの優勝時にはメジャー選手権では無かった。ツアー26勝目にして最後の勝利は、1979年8月のWUIクラシック英語版(メドウ・ブルック・クラブ、ニューヨーク州ジェリコ英語版)であった[7][8]

LPGAプレーヤー・オブ・ザ・イヤーを2回(1976年、1977年)、最少平均ストローク数達成を讃えるベアトロフィーを3回(1973年、1976年、1977年)獲得している。1983年、38歳の時に慢性的腰痛によりフルタイム出場から引退した[9]。後に1996年と1998年にソルハイムカップのチームキャプテンを務め、勝利を収めた。2000年 ベテラン部門でLPGAツアー殿堂入りを果たした初のプレイヤーとなり[9][10]、2000年には世界ゴルフ殿堂入りも果たした。

2002年、全米ゴルフ協会がゴルフにおける卓越したスポーツマンシップを認め、授与する最高の栄誉ボブジョーンズ賞に選出された[11]

2013年4月、セントルイス・ウォーク・オブ・フェームでスターを獲得した[12]

メディアの経歴編集

1984年から、ESPNABCのゴルフ解説者を務めた[2]。2010年、ゴルフ・チャンネルLPGAツアー中継の主任解説者になった[13]

ゴルフ専門誌「ゴルフダイジェスト」や「ゴルフ・フォー・ウィメン」の顧問プロでもある。

私生活編集

ランキンは1967年にウォルター・"イッピー"・ランキンと結婚するまでは、ジュディ・トールムキーとして知られていた[4]。夫妻はテキサス州ミッドランドで暮らし、1968年生まれの「テューイ」の愛称で知られる息子ウォルター・ジュニアがいる[14]。咽喉癌との闘病の末、夫イッピーは2012年2月24日に71歳で死去[15]。息子テューイの妻はPGAツアーのプロゴルファー、ジェフ・オギルビーの義姉妹である[16][17]

2006年5月に乳癌と診断される[18]。2006年8月までに治療を完了し、ABCスポーツの2006年全英女子オープン中継のオンエアに間に合った。

プロ戦績編集

LPGAツアー (26勝)編集

No. 日付 トーナメント スコア ストローク差 2位の選手
1 1968年11月10日 コーパス・クリスティ・シヴィタン・オープン英語版 +3 (75-69-69=213) プレーオフ   サンドラ・スプジッチ英語版
2 1970年6月27日 ジョージ・ワシントン・ゴルフ・クラシック英語版 −7 (74-70-68=212) 1打差   サンドラ・ヘイニー
3 1970年7月19日 スプリングフィールド・ジェイシー・オープン英語版 −10 (71-70-68=209) 1打差   レスリー・ホルバート
4 1970年9月27日 リンカーン=マーキュリー・オープン英語版 −2 (69-71-77=217) 1打差   キャシー・ウィットワース
5 1971年10月15日 クオリティ・ファースト・クラシック英語版 −2 (71-72-71=214) プレーオフ   ジェーン・ブラロック
6 1972年3月10日 レディー・イヴ・オープン英語版 −9 (69-71-70=210) プレーオフ   キャシー・ウィットワース
7 1972年10月10日 ヘリテージ・ヴィレッジ・オープン英語版 −7 (69-72-71=212) 5打差   ベッツィー・バーフェインド
8 1973年5月6日 アメリカン・ディフェンダー・ローリー・クラシック +1 (73-72-72=217) 2打差   樋口久子
9 1973年5月13日 レディ・カーリング・オープン −4 (75-67-73=215) 4打差   サンドラ・ヘイニー
10 1973年8月5日 パブスト・レディース・クラシック −4 (69-71-72=212) 3打差   デビー・オースティン英語版
11 1973年10月14日 GACクラシック英語版 −8 (69-67-70-66=272) プレーオフ   ゲルダ・ボイキン
  サンドラ・パーマー
12 1974年6月2日 ボルチモア・クラシック −2 (71-73=144) 1打差   スージー・バーニング
  キャロル・マン
  マリリン・スミス
  キャシー・ウィットワース
13 1975年8月24日 ナショナル・ジューイッシュ・ホスピタル・オープン英語版 −9 (68-68-71=207) 2打差   ジェーン・ブラロック
  サンドラ・ヘイニー
14 1976年2月1日 バーディンズ・インビテーショナル −3 (73-69-71=213) 3打差   パット・ブラッドリー
15 1976年4月4日 コルゲート・ダイナ・ショア・ウィナーズ・サークル −3 (74-72-71-68=285) 3打差   ベッツィー・バーフェインド
16 1976年4月18日 カーステン・ピン・オープン英語版 −11 (68-68-69=205) 7打差   サンドラ・ポスト
17 1976年6月27日 ベーブ・ザハリアス・インヴィテーショナル英語版 −1 (74-69-69-75=287) 1打差   ジェーン・ブラロック
18 1976年7月18日 ボーデン・クラシック −11 (68-70-67=205) 5打差   パット・ブラッドリー
  ホリス・ステーシー
19 1976年11月20日 コルゲート香港オープン英語版 E (71-72-73=216) 3打差   樋口久子
20 1977年2月20日 オレンジブロッサム・クラシック −8 (69-70-69=208) 5打差   ジョイス・カズミエルスキー英語版
21 1977年2月27日 ベントツリー・クラシック英語版 −7 (63-77-69=209) 4打差   クリフォード・アン・クリード英語版
22 1977年6月19日 メイフラワー・クラシック英語版 −4 (68-72-72=212) 2打差   ジェーン・ブラロック
23 1977年7月3日 ピーター・ジャクソン・クラシック −4 (72-66-74=212) 3打差   パット・メイヤーズ英語版
  サンドラ・パーマー
24 1977年8月6日 コルゲート・ヨーロピアン女子オープン英語版 −15 (69-71-71-70=281) 6打差   ナンシー・ロペス
25 1978年8月13日 WUIクラシック英語版 −9 (71-69-70-73=283) 2打差   パム・ヒギンズ英語版
  デビー・マッシー英語版
26 1979年8月13日 WUIクラシック −4 (76-71-71-70=288) 2打差   ベス・ダニエル

LPGAツアー プレーオフの記録 (4勝12敗)

No. トーナメント 対戦相手 結果
1 1968 コーパス・クリスティ・シヴィタン・オープン英語版   サンドラ・スプジッチ英語版 2ホール目パーで勝利
2 1970 女子ゴルフ・チャリティーズ・オープン英語版   サンドラ・ヘイニー
  マリリン・スミス
スミスが1ホール目バーディ―で勝利
3 1971 クオリティ・ファースト・クラシック英語版   ジェーン・ブラロック 2ホール目パーで勝利
4 1972 レディー・イヴ・オープン英語版   キャシー・ウィットワース 1ホール目イーグルで勝利
5 1973 シーリー=ファベルジュ・クラシック英語版   キャシー・コーネリアス 1ホール目、相手のパーにより敗北
6 1973 ラ・カナディエンヌ   ジョスリン・ブーラッサ英語版
  サンドラ・ヘイニー
ブーラッサが3ホール目バーディーで勝利
ランキンは1ホール目で脱落
7 1973 GACクラシック英語版   ゲルダ・ボイキン
  サンドラ・パーマー
3ホール目パーで勝利
ボイキンは1ホール目で脱落
8 1973 コーパス・クリスティ・シヴィタン・オープン   シャロン・ミラー英語版 2ホール目、相手のバーディーにより敗北
9 1975 チャリティ・ゴルフ・クラシック英語版   エイミー・オルコット
  サンドラ・ヘイニー
ヘイニーが4ホール目パーで勝利
ランキンは1ホール目で脱落
10 1975 バーミンガム・クラシック英語版   マリア・アストゥラロージス英語版
  ジョアン・カーナー
アストゥラロージスが1ホール目バーディ―で勝利
11 1975 アメリカン・ディフェンダー・クラシック   ジョアン・カーナー 1ホール目、相手のパーにより敗北
12 1976 ガールトーク・クラシック英語版   パット・ブラッドリー
  ボニー・ラウアー英語版
  サンドラ・ポスト
ブラッドリーが2ホール目パーで勝利
ラウアーとポストは1ホール目で脱落
13 1976 ピーター・ジャクソン・クラシック   ドナ・カポニ 1ホール目、相手のパーにより敗北
14 1977 アメリカン・キャンサー・ソサエティ・クラシック   パム・ヒギンズ英語版 1ホール目、相手のパーにより敗北
15 1979 メイフラワー・クラシック英語版   ローラ・ボー
  ホリス・ステーシー
ステーシーが2ホール目パーで勝利
ランキンは1ホール目で脱落
16 1981 エリザベス・アーデン・クラシック   ジョアン・カーナー
  サリー・リトル
リトルが3ホール目パーで勝利
カーナーは2ホール目で脱落

その他の勝利 (2勝)編集

脚注編集

  1. ^ Rankin and Andrade sign with Golf Channel”. Golf Channel (2010年1月21日). 2013年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月27日閲覧。
  2. ^ a b Judy Rankin: Golf Analyst - Reporter”. ESPN Media Zone. 2017年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月27日閲覧。
  3. ^ “Faces in the crowd”. Sports Illustrated: 7. (1960-08-08). オリジナルの2013-12-13時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20131213065221/http://sportsillustrated.cnn.com/vault/article/magazine/MAG1071638/index.htm 2020年9月27日閲覧。. 
  4. ^ a b Brown, Gwilym S. (1961-08-21). “A small but handy prodigy”. Sports Illustrated: 23. https://www.si.com/vault/1961/08/21/586642/a-small-but-handy-prodigy 2020年9月27日閲覧。. 
  5. ^ “Golfing gallery”. St. Petersburg Independent (Florida): p. 17A. (1966年3月11日). https://news.google.com/newspapers?id=2khQAAAAIBAJ&sjid=TlcDAAAAIBAJ&pg=3723%2C2202940 
  6. ^ Murray, Jim (1977年3月5日). “Judy Rankin...most consistent golfer in game”. Sarasota Herald-Tribune. (Los Angeles Times) (Florida): p. 2D. https://news.google.com/newspapers?id=bfEcAAAAIBAJ&sjid=S2cEAAAAIBAJ&pg=6956%2C1846118 
  7. ^ “Drought over for Rankin”. Reading Eagle. Associated Press (Pennsylvania): p. 24. (1979年8月14日). https://news.google.com/newspapers?id=XpUtAAAAIBAJ&sjid=QqEFAAAAIBAJ&pg=2145%2C2442384 
  8. ^ “Rankin discovers gold at end of the rainbow”. The Bulletin. UPI (Bend, Oregon): p. 13. (1979年8月14日). https://news.google.com/newspapers?id=m9lYAAAAIBAJ&sjid=__YDAAAAIBAJ&pg=3874%2C985751 
  9. ^ a b “LPGA votes Rankin into Hall of Fame”. Victoria Advocate. wire reports (Texas): p. 2B. (2000年5月3日). https://news.google.com/newspapers?id=NgxIAAAAIBAJ&sjid=xYAMAAAAIBAJ&pg=3766%2C386904 
  10. ^ Ferguson, Doug (2000年5月3日). “Judy Rankin voted into LPGA Hall of Fame”. Kingman Daily Miner. Associated Press (Arizona): p. 7. https://news.google.com/newspapers?id=E1ALAAAAIBAJ&sjid=n1IDAAAAIBAJ&pg=5027%2C2352031 
  11. ^ Bob Jones Award Winners”. USGA.org. 2014年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月27日閲覧。
  12. ^ Judy Rankin joins St. Louis Walk of Fame”. KSDK (2013年4月29日). 2013年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月27日閲覧。
  13. ^ Judy Rankin”. Golf Channel. 2018年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月27日閲覧。
  14. ^ Martin, Frank W. (November 1, 1976). “Judy Rankin Cracks the $100,000 Earnings Mark for Women Golfers, but She's Far Behind the Men”. People. http://www.people.com/people/archive/article/0,,20067061,00.html 2020年9月27日閲覧。. 
  15. ^ Sternberg, Stina (February 27, 2012). “Yippy Rankin is laid to rest”. Golf Digest Woman. http://www.golfdigest.com/golf-digest-woman/blogs/golf-digest-woman/2012/02/yippy-rankin-is-laid-to-rest.html 2020年9月27日閲覧。. 
  16. ^ Rankin, Judy (2009年3月10日). “Rankin shares her insider's perspective on Ogilvy”. PGA Tour. 2020年9月27日閲覧。
  17. ^ Lewis, Chris (2007). The Scorecard Always Lies: A Year Behind the Scenes on the PGA Tour. Free Press. p. 233. ISBN 978-1-4165-3716-8. https://archive.org/details/scorecardalwaysl00lewi. "judy rankin tuey." 
  18. ^ “Hall of Fame Golfer Rankin Is Being Treated for Cancer”. The Washington Post. (2006年6月10日). https://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/06/09/AR2006060901035.html 2020年9月27日閲覧。 

外部リンク編集