メインメニューを開く

ジョルジュ・プーレ(Georges Poulet、1902年11月29日 - 1991年12月31日)は、フランスの文芸評論家。

ベルギー・シェネー生まれ[1]。1927年リエージュ大学で博士号取得。エディンバラ大学ジョンズ・ホプキンズ大学チューリヒ大学でフランス文学を講義し、第二次大戦後「新批評」の推進者の一人となる。フランスの「テキスト解釈」とハイデッガーの時間の哲学を総合し、「人間的時間の研究」(4巻、1950‐1971年)を著わす。これはフランス作家、詩人の作品に現象する空間像の探求を通じて、著者の時間像が浮き彫りにされ、意図を存在論的立場から解明する方法である[2]ジュネーヴ学派の一人。

日本語訳編集

  • Études sur le temps humain, Plon, 1949. (Prix Sainte-Beuve, 1951) ; Pocket, « Agora », 1989.
    『人間的時間の研究』井上究一郎山崎庸一郎二宮フサ山田爵小林善彦篠田浩一郎訳、筑摩書房(筑摩叢書)、1969.
  • La Distance intérieure (Études sur le temps humain, vol. 2), Plon, 1952 ; Pocket, « Agora »,
    『人間的時間の研究 第2巻 (内的距離)』井上究一郎・佐貫健・山田ジャク・松室三郎・篠田浩一郎・稲生永訳、筑摩書房(筑摩叢書)、1977.
  • Le Point de départ (Études sur le temps humain, vol. 3), 1964 ; Pocket, « Agora », 1989.
  • Mesure de l’instant (Études sur le temps humain, vol. 4), Plon, 1968 ; Pocket, « Agora », 1990.
  • Les Métamorphoses du cercle, préface de Jean Starobinski, Plon, 1961 ; Flammarion, coll. « Champs », 1979.
    『詩と円環』近藤晴彦訳、審美社、1973.
    『円環の変貌』岡三郎訳、国文社、1973-74.
  • L'Espace proustien, Gallimard, 1963
    プルースト的空間』山路昭・小副川明訳、国文社、1975.
  • Benjamin Constant par lui-même, Seuil, 1968
  • Trois Essais de mythologie romantique
    『三つのロマン的神話学試論』金子博訳、審美社、1975.
  • Les Chemins actuels de la critique : colloque du Centre culturel international de Cerisy-la-Salle, septembre 1966
  • 『現代批評の方法』木内孝編訳、審美社、1972.
  • 『現代批評の方法』編 平岡篤頼井上登[要曖昧さ回避]加藤民男、加藤尚史、佐藤実枝、清水茂弓削三男理想社 1974
  • La Conscience critique, (prix quinquennal de l'essai 1976)
  • Entre moi et moi : Essais critiques sur la conscience de soi, José Corti, 1977
  • La poésie éclatée : Baudelaire - Rimbaud, PUF, 1980
    『炸裂する詩 あるいはボードレール/ランボー』池田正年・川那部保明訳、朝日出版社(エピステーメー叢書)、1981.
  • La Pensée indéterminée, 3 vol., PUF, 1985-1990

脚注編集