ジョン・アンドレッティ

ジョン・アンドリュー・アンドレッティ(John andrew andretti、1963年3月12日 – 2020年1月30日)はアメリカ合衆国レーシングドライバー。彼はキャリアの中で、チャンプカー・ワールド・シリーズ(CART)、IMSA GTP、ロレックス・スポーツカーシリーズ、NASCARなど様々なカテゴリーのレースで活躍した。父のアルド・アンドレッティ、弟のアダム・アンドレッティはともにレーサー。また、叔父にマリオ・アンドレッティがおり、インディカーチャンピオンのマイケルとジェフ・アンドレッティはいとこである。

John Andretti
John Andretti at Carb Day 2015 - Stierch.jpg
Andretti at Carb Day 2015 at Indianapolis Motor Speedway
生誕March 12, 1963
Bethlehem, Pennsylvania
死没2020年1月30日(2020-01-30)(56歳)
Mooresville, North Carolina
死因Colon cancer
業績First driver to compete in the Indianapolis-Charlotte double
モンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズでの経歴
17年の間393レース出場
最高位11th (1998)
初戦1993 Tyson/Holly Farms 400 (North Wilkesboro)
最終戦2010 Daytona 500 (Daytona)
初勝利1997 Pepsi 400 (Daytona)
最終勝利1999 Goody's Body Pain 500 (Martinsville)
優勝数 10位以内 PP
2 37 4
NASCARエクスフィニティ・シリーズでの経歴
3年の間37レース出場
最高位12th (2006)
初戦1998 Goody's 300 (Daytona)
最終戦2007 Orbitz 300 (Daytona)
優勝数 10位以内 PP
0 4 0
NASCARガンダー・アウトドアーズ・トラック・シリーズでの経歴
2年の間6レース出場
最高位46th (2005)
初戦2005 O'Reilly Auto Parts 250 (Kansas)
最終戦2008 Mountain Dew 250 Fueled by Winn-Dixie (Talladega)
優勝数 10位以内 PP
0 3 0
インディカー・シリーズでの経歴
5年の間10レース出場
2011年の順位42nd
最高位30th (2008)
初戦2007 Indianapolis 500 (Indy)
最終戦2011 Indianapolis 500 (Indy)
優勝数 表彰台 PP
0 0 0
チャンプカーでの経歴
8年の間73レース出場
活動年1987–1994
最高位8th (1991, 1992)
初戦1987 Road America 200 (Elkhart Lake)
最終戦1994 Indianapolis 500 (Indy)
初勝利1991 Gold Coast Indy Car Grand Prix (Surfers Paradise)
優勝数 表彰台 PP
1 2 0
May 26, 2012更新

レースキャリア初期編集

ジョン・アンドレッティは、1963年3月12日にペンシルベニア州ベツレヘムで「コーキー」とアルド・アンドレッティに生まれた。有名なアンドレッティレーシングファミリーの一員として、彼もまたレーシングキャリアを歩み始めた。幼い頃のカートから始まり、ジュニアストックカーとUSACミジェットを卒業した。 [1]

アンドレッティはモラヴィアンカレッジ[2]を経営学の学位で卒業、レースを始めていなかったら投資銀行家か株式仲買人になっていただろうと述べている。 [3]彼は1984年にスポーツカーレースにデビューし、1986年にBMWノースアメリカチームからIMSAGTPにシーズンフル参戦。デイビー・ジョーンズと組んで、ワトキンス・グレンで優勝を飾る事が出来た。 [1]

CART編集

アンドレッティは1987年にPPGインディカーワールドシリーズ(後のCART)に参戦し、ルーキーオブザイヤーを受賞した。 1988年のインディアナポリス・モーター・スピードウェイでのデビュー戦では、マシントラブルにより21位に順位を下げるまで7位を走行していた。 1991年、彼はCARTキャリアの唯一の勝利をオーストラリアサーファーズパラダイスでのゴールドコーストグランプリで挙げたほか、インディアナポリス500ではキャリアベストの5位を獲得している。 1994年、NASCARに軸足を移す形でインディ500への参戦を一時終了する。

IMSA GTPとロレックススポーツカーシリーズ編集

1986年のIMSA GTチャンピオンシップシーズンにデビューしたジョンは、コ・ドライバーのデイビー・ジョーンズとともにBMW・M12マーチをドライブ。 BMWのIMSA大会での成功は限られたものだったが、アンドレッティとジョーンズは1986年9月21日にワトキンズ・グレン・インターナショナルでコダックコピー500を制覇した。 [4]

1989年は、ミラーハイライフ/BFグッドリッチポルシェ・962をドライブしデイトナ24時間レースに出場した。コンビを組んだのは、ボブ・ウォレクデレック・ベル。 IMSAシーズンの後半、アンドレッティとウォレックは引き続きポルシェ962をドライブし、パームビーチのポンティアックグランプリで優勝した。 [5]アンドレッティは1989年のIMSAシーズンでポルシェドライバー中の最多ポイント(112)を獲得、5位でシーズンを終えた。 [6]

2001年にはカイル・ペティーとチームを組み、ワトキンスグレン6時間スポーツカーレースでGTクラス優勝を獲得している。

2008年にデイトナ24時間レースに復帰し、この年から投入されたビジョン・レーシングのポルシェ・クロフォードプロトタイプ[7]をドライブ。チームメイトはエド・カーペンター、A.J.フォイト4世、ヴィトール・メイラ。チームはレースを25位でフィニッシュした。

NASCAR編集

 
1997年のレースカー

アンドレッティは1993年にNASCARウィンストンカップ(現・NASCARカップ・シリーズ)デビューを果たした。デビュー戦のノースウィルクスボロスピードウェイでは、テックス・パウエルのチームのNo.72テックス・レーシングシボレーをドライブし、31位でスタートし、24位で完走した。 1993年に3レースを走った後、1994年から本格参戦を開始し、ホーガンレーシングのファイナンシャルワールドがスポンサーとなったシボレーを運転した。 5月29日、彼は同じ日に行われるインディアナポリス500とコカ・コーラ600の両方に出走した史上初のドライバーになった。彼はマシントラブルに見舞われたものの、インディを10位、コカ・コーラ600を36位で完走した。シーズン後半戦はペティエンタープライズに移籍し、STPがスポンサードするポンティアックに車両変更する。この年の最上位フィニッシュは、リッチモンド・インターナショナル・レースウェイでの11位だった。彼はシーズンをランキング32位、ルーキーオブザイヤー争いを5位で終えた。

 
1998年6月にポコノで開催されたペティエンタープライズNo.43ポンティアックのアンドレッティ

1995年はKマート/リトルシーザーズがスポンサーについたクラネフス-ハースの37号車フォード・サンダーバードをドライブ。サザン500でキャリア最初のポールを獲得し、トップ10フィニッシュを5回記録し、シーズンを18位で終えた。1996年シーズン途中ではRCAフォードがスポンサードするケール・ヤーボローの98号車に乗り換え(98号車のドライバーだったジェレミー・メイフィールドが、入れ代わりでクラネフスのチームに移籍)。ヘインズ500での5位をはじめ、シーズン中3回のトップ10フィニッシュを果たした。 1997年はペプシ400でキャリア初勝利を獲得し、ランキング23位。1998年はペティ・エンタープライズの43号車に戻り、勝利こそ無かったもののトップ10フィニッシュを10回記録し、キャリアベストのランキング11位を獲得した。1999年にはマーティンズビル・スピードウェイで残り4ラップでの逆転でキャリア2勝目を挙げたほか、フェニックス・インターナショナル・レースウェイではポールを獲得した。

2000〜2005編集

2000年シーズンの途中で、チェリオスがアンドレッティのメインスポンサーとなった。これは、ペティ・エンタープライズがメーカーをダッジに切り替える前兆でもあり、チームが今シーズンはポンティアックでレースしつつ、将来に向けてダッジの準備も並行で行うという二重体制となったため、チームの状況は悪化し始めた。この年はトップ10フィニッシュを2回記録したものの、ランキングは23位に落ちた。2001~2002年は、アンドレッティはエリオット・サドラーに次ぐ2位でフィニッシュしたブリストルを含め3回のトップ10フィニッシュを記録(これはペティエンタープライズとウッドブラザーズレーシングにとって最後の1-2フィニッシュとなった)。 2003年シーズンはハースCNCレーシングリチャードチルドレスレーシングからいくつかのレースを走った後、後半戦はペンゾイルがスポンサーとなったデイルアーンハートインクの1号車シボレーをドライブ。最高位はカリフォルニアの8位だった。

2004年シーズンはレギュラーシートが得られず、デイトナに1号車でスポット参戦した後、シーズンの途中からビクトリーブランドがスポンサーとなったppcレーシングの14号車フォードトーラスで参戦。シャーロットモータースピードウェイで22位でフィニッシュした。2005年は引き続きppcと契約したものの、資金不足のためチームは解散を余儀なくされてしまう。シートを失った彼はビリーバリューモータースポーツからクラフツマントラックシリーズに4戦ドライブし、メンフィスモータースポーツパークでは8位でフィニッシュした。彼はまた、ルーカスオイルがスポンサードするモーガン・マクルアモータースポーツの4号車シボレーで数戦カップレースに復帰し、ミシガンインターナショナルスピードウェイでは1ラップダウンの28位でフィニッシュした。

2006年はppcに戻り、ブッシュシリーズの10号車をドライブ。それまでジョンはブッシュシリーズにほとんど(1998年のデイトナで、カーブアガジャニアンパフォーマンスグループの96号車シボレーで13位フィニッシュしている)参戦していなかったことから、カップ戦に300戦以上参戦し、2勝を挙げているベテランにもかかわらずルーキーオブザイヤーの候補となるも、結局、ダニー・オクィンへの次点となる。

 
デイトナでの2008年のスプリントカップカー

2007年のデイトナでは、ppcレーシングとの提携したブラウンレーシングの FreedomRoads / Camping World / RVs.comがスポンサードする10号車をドライブするも、チームへの資金提供が疑わしいものになったためアンドレッティはブラウンレーシングを離脱。チームは2台体制を維持するために2007年中にさまざまなドライバーを起用することとなる。離脱後のアンドレッティはターナーネットワークテレビジョンのレース放送などに関わりつつ、ペティ・エンタープライズから45号車で4戦に参加、そのほか、フロントロウモータースポーツやBAMレーシングからも数戦スポット参戦した。

2008年はフロントロウモータースポーツに移籍し、スプリントカップシリーズの34号車シボレーインパラSSをドライブしてデイトナ500に参戦した。その後、最初の10レースに参戦した後、インディカーチームに集中するためにチームを離脱した。

2009年は、フロントロウとアーンハルトガナッシレーシングのパートナーシップにより、ウィンドウワールド、 myAutoloan.com 、およびタコベルのスポンサードする34号車でフル参戦。2010年以降はにフルタイムで走ることは無かったものの、NASCARでの最後のレースであるデイトナ500ではフロントロウモータースポーツの34号車をドライブし、117周目のアクシデントを乗り越えて38位でフィニッシュした。

IRLインディカーシリーズ編集

 
アンドレッティは2008年のインディアナポリス500で実際にロスレーシング24号車を運転しています

2007年、アンドレッティは1994年にダブル(同じ日にインディ500とコカ・コーラ600に出場すること)を達成して以来のインディアナポリス500に戻った。彼はキャンプワールドがスポンサードするパンサー・レーシングの3台目をドライブし、4周の予選走行の平均速度は221.756マイル毎時 (356.882 km/h) を記録。5月19日、彼は第91回インディアナポリス500決勝に8列目24位からスタートしたが、95周目にクラッシュして30位でレースを終えた。

2008年のインディ500はジェイ・ハワードと交代するかたちでロスレーシングNo.24ダラーラホンダで参戦し、予選では4周平均221.550マイル毎時 (356.550 km/h) を記録し21位グリッドを獲得。9回目の挑戦となる5月17日のインディ500決勝では、16位でフィニッシュした。その後、アンドレッティはミルウォーキー・マイルテキサス・モーター・スピードウェイにも引き続き同チームから参戦し、6月6日に彼は残りシーズン全戦の契約を提示されたが、受け入れずに離脱した。 [8]

アンドレッティのロスレーシングとの走行は、チームにいくつかの注目すべき結果をもたらした。彼はテキサス・モーター・スピードウェイレースで予選7位を獲得し、素晴らしいスタートを切ったものの16位でフィニッシュした。アイオワ・スピードウェイで23位からスタートし、着実に順位を上げて、ロスレーシングとしては最高位となる11位フィニッシュを達成した。その翌週のリッチモンド・インターナショナル・レースウェイではクラッシュでノックアウトされ、これがロスレーシングでの最後の参戦となった。ジョンが離脱後のロスレーシングは残りシーズンを1台体制で戦い、その後活動を停止した。最終的にアンドレッティは2008年のインディカーポイントランキングで30位となった。

2009年4月、アンドレッティとリチャード・ペティは、ドレイヤー&レインボールド・レーシングとの合弁事業を発表。これにより、アンドレッティは第93回インディアナポリス500で43号車をドライブすることになった。過去のインディ500とは異なり、この年のアンドレッティはインディ/シャーロットダブルを実行せず、加えてインディ500の準備のためにサザン500とコカコーラ600を回避した。アンドレッティは28日のバンプデーを経て、最終的にリードラップ最後尾の19位でフィニッシュした。アンドレッティはインディアナポリス500の後、6月のドーバー400からフロントロウモータースポーツで34号車をドライブしてNASCARに戻った。

2010年3月31日、アンドレッティは2つのイベントでリチャードペティ及びウィンドウワールドと協力すると発表。 No. 43は、ジョンのいとこであるマイケルが所有するアンドレッティ・オートスポーツが支援するエントリーとして戻ってきた。チームの最初のレースとなった、5月1日にカンザススピードウェイで開催されたRoadRunner Turbo Indy300では、アンドレッティは15位で予選を通過したが、1ラップダウンの9位でフィニッシュした。5月30日の第94回インディアナポリス500では、ポールデーで予選に失敗した後、2年連続で参加したバンプデーを28位で通過。決勝では65周目にクラッシュし、30位でレースを終えた。

アンドレッティは、ウィンドウワールド、ペティ、アンドレッティオートスポーツと提携して100周年を迎えた2011年のインディ500にも出場し、22位でフィニッシュした。

私生活編集

 
2007年のインディ500にて。左は叔父のマリオ

ジョンは中央インディアナコミュニティで活躍。毎年ブリックヤード400週間の間、彼は93.1 WIBC 、デイブ「ザキング」ウィルソン、ゼネラル・ミルズと協力してライリーレースを開催し、ジェームズウィットコムライリーホスピタルフォーチルドレンに恩恵をもたらした。

2007年からはシリウスサテライトラジオのNASCARチャンネル90でジョンカーナンと運転席の共同ホストを務めていた。

ジョンの息子であるジャレットは、 アメリカ合衆国自動車クラブ(USAC)スプリントカーのドライバーであり、後にGT4アメリカシリーズのドライバーとなっている。 [9]

2017年4月、アンドレッティはステージ4の大腸がんを患っていることを公表した。 [10]もともとステージIII-Aの癌と誤診されていた彼の癌の戦いは広く公表され、彼は#CheckIt4Andrettiと呼ばれるTwitterハッシュタグを開始し、大腸内の視鏡検査を受けることを促進しました。数ヶ月の化学療法の後、アンドレッティは2017年後半に一度は完治したと見なされていた。しかし、2018年5月に癌が再発し、さらに転移していた。彼は再度化学療法での治癒を目指していたが、2019年3月下旬に癌が再び再発。

2020年1月30日に大腸癌により亡くなった。享年56。

モータースポーツのキャリア結果編集

アメリカンオープンホイール編集

(キー)(太字レース磁極位置を示します)

PPGインディカーシリーズ編集

Year Team Chassis Engine 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 Rank Pts
1987 Curb Racing March 87C Ford Cosworth DFX LBH PHX INDY MIL POR MEA CLE TOR MCH POC ROA

6
MDO

10
NAZ

11
LAG

7
MIA

8
17th 24
1988 Lola T88/00 PHX

14
LBH

20
INDY

21
MIL

18
POR

17
CLE

8
TOR

22
MEA

25
MCH

24
POC

14
MDO ROA NAZ

16
LAG MIA 31st 5
1989 Granatelli Racing Lola T88/00 Buick 3300 V6t PHX LBH INDY

25
MIL DET POR CLE MEA TOR

25
MCH

24
POC

17
MDO ROA NAZ

19
LAG

12
33rd 1
1990 Porsche Motorsports March 90P Porsche Indy V8 PHX

17
LBH

21
INDY

21
MIL

7
DET

22
POR

21
CLE

5
MEA

7
TOR

13
MCH

7
DEN

6
VAN

5
MDO

13
ROA

22
NAZ

19
LAG

8
10th 51
1991 Hall/VDS Racing Lola T91/00 Chevrolet 265A SRF

1
LBH

18
PHX

11
INDY

5
MIL

2
DET

6
POR

19
CLE

15
MEA

4
TOR

5
MCH

6
DEN

7
VAN

7
MDO

10
ROA

19
NAZ

9
LAG

19
8th 105
1992 Lola T92/00 SRF

6
PHX

6
LBH

20
INDY

8
DET

21
POR

5
MIL

9
NHA

5
TOR

5
MCH

6
CLE

12
ROA

6
VAN

15
MDO

4
NAZ

18
LAG

5
8th 94
1993 A.J. Foyt Enterprises Lola T92/00 Ford XB SRF PHX LBH INDY

10
MIL DET POR CLE TOR MCH NHA ROA VAN MDO NAZ LAG 28th 3
1994 Lola T94/00 SRF PHX LBH INDY

10
MIL DET POR CLE TOR MCH MDO NHA VAN ROA NAZ LAG 29th 3

インディカーシリーズ編集

Year Team Chassis Engine 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 Rank Pts
2007 Panther Racing Dallara

IR-05
Honda HMS STP MOT KAN INDY

30
MIL TXS IOW RIR WGL NSH MDO MCH KTY SNM DET CHI 35th 10
2008 Roth Racing HMS STP MOT1 LBH1 KAN INDY

16
MIL

19
TXS

16
IOW

11
RIR

21
WGL NSH MDO EDM KTY SNM DET CHI SRF2 30th 71
2009 Dreyer & Reinbold Racing STP LBH KAN INDY

19
MIL TXS IOW RIR WGL TOR EDM KTY MDO SNM CHI MOT HMS 37th 12
2010 Andretti Autosport SAO STP ALA LBH KAN

9
INDY

30
TXS IOW WGL TOR EDM MDO SNM CHI KTY MOT HMS 32nd 35
2011 STP ALA LBH SAO INDY

22
TXS TXS MIL IOW TOR EDM MDO NWH SNM BAL MOT KTY LVS3

C
42nd 16
1同じ日に実行します。
2ポイントを支払わない展示レース。
3ラスベガスインディ300は、11周目に15台の自動車事故で負傷したダンウェルドンが死亡した後、放棄されました。

インディアナポリス500の結果編集

シャーシ エンジン 開始 終了 チーム
1988年 ローラT88 / 00 フォードコスワースDFX 27 21 カーブレーシング
1989年 ローラT88 / 00 ビュイック 12 25 グラナテッリレーシング
1990年 3月90P ポルシェモータースポーツ 10 21 ポルシェ
1991 ローラT91 / 00 シボレー265A 7 5 ホール/ VDSレーシング
1992年 ローラT92 / 00 シボレー265A 14 8 ホール/ VDSレーシング
1993年 ローラT92 / 00 フォードXB 24 10 AJフォイトエンタープライズ
1994年 ローラT94 / 00 フォードXB 10 10 AJフォイトエンタープライズ
2007年 ダラーラ ホンダ 24 30 パンサーレーシング
2008年 ダラーラ ホンダ 21 16 ロスレーシング
2009年 ダラーラ ホンダ 28 19 リチャードペティ/ DRR
2010年 ダラーラ ホンダ 28 30 リチャードペティ/アンドレッティオートスポーツ
2011 ダラーラ ホンダ 17 22 リチャードペティ/アンドレッティオートスポーツ

ナスカー編集

スプリントカップシリーズ編集

NASCAR Sprint Cup Series results
Year Team No. Make 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 NSCC Pts
1993 Tex Racing 72 Chevy DAY CAR RCH ATL DAR BRI NWS MAR TAL SON CLT DOV POC MCH DAY NHA POC TAL GLN MCH BRI DAR RCH DOV MAR NWS

24
CLT

31
CAR

39
PHO

40
ATL

DNQ
50th 250
1994 Hagan Racing 14 Chevy DAY

42
CAR

24
RCH

30
ATL

42
DAR

38
BRI

DNQ
NWS

31
MAR

35
TAL

29
SON

19
CLT

36
DOV

22
POC

35
MCH

36
DAY

35
NHA

27
POC

25
TAL

40
IND

28
GLN 32nd 2299
Petty Enterprises 43 Pontiac MCH

17
BRI

30
DAR

16
RCH

11
DOV

25
MAR

21
NWS

17
CLT

24
CAR

25
PHO

43
ATL

13
1995 Kranefuss-Haas Racing 37 Ford DAY

27
CAR

13
RCH

10
ATL

20
DAR

10
BRI

19
NWS

17
MAR

32
TAL

41
SON

11
CLT

17
DOV

39
POC

30
MCH

4
DAY

33
NHA

33
POC

38
TAL

34
IND

12
GLN

7
MCH

37
BRI

19
DAR

12
RCH

7
DOV

39
MAR

13
NWS

17
CLT

13
CAR

25
PHO

15
ATL

15
18th 3140
1996 DAY

38
CAR

38
RCH

12
ATL

21
DAR

40
BRI

DNQ
NWS

34
MAR

36
TAL

9
SON

11
CLT

27
DOV

33
POC

16
MCH

24
DAY

23
NHA

40
POC

23
TAL

39
IND

19
GLN

26
MCH

31
BRI

38
DAR

5
31st 2621
Cale Yarborough Motorsports 98 Ford RCH

36
DOV

14
MAR

5
NWS

24
CLT

39
CAR

26
PHO

19
ATL

24
1997 DAY

25
CAR

34
RCH

31
ATL

15
DAR

25
TEX

12
BRI

24
MAR

28
SON

30
TAL

4
CLT

30
DOV

29
POC

40
MCH

37
CAL

21
DAY

1*
NHA

14
POC

24
IND

17
GLN

20
MCH

35
BRI

11
DAR

37
RCH

22
NHA

17
DOV

15
MAR

29
CLT

32
TAL

3
CAR

31
PHO

39
ATL

22
23rd 3019
1998 Petty Enterprises 43 Pontiac DAY

18
CAR

13
LVS

41
ATL

20
DAR

13
BRI

19
TEX

42
MAR

18
TAL

33
CAL

31
CLT

7
DOV

12
RCH

22
MCH

20
POC

13
SON

3
NHA

6
POC

12
IND

7
GLN

8
MCH

9
BRI

38
NHA

3
DAR

14
RCH

5
DOV

9
MAR

37
CLT

12
TAL

21
DAY

14
PHO

6
CAR

34
ATL

32
11th 3682
1999 DAY

43
CAR

19
LVS

12
ATL

28
DAR

9
TEX

38
BRI

4
MAR

1
TAL

9
CAL

17
RCH

39
CLT

19
DOV

13
MCH

8
POC

28
SON

3
DAY

19
NHA

18
POC

42
IND

37
GLN

29
MCH

10
BRI

40
DAR

18
RCH

9
NHA

41
DOV

41
MAR

43
CLT

17
TAL

32
CAR

7
PHO

8
HOM

16
ATL

33
17th 3394
2000 DAY

22
CAR

12
LVS

25
ATL

18
DAR

20
BRI

33
TEX

32
MAR

14
TAL

11
CAL

25
RCH

18
CLT

31
DOV

13
MCH

9
POC

21
SON

43
DAY

14
NHA

40
POC

41
IND

42
GLN

37
MCH

27
BRI

20
DAR

37
RCH

11
NHA

7
DOV

22
MAR

13
CLT

18
TAL

20
CAR

23
PHO

28
HOM

37
ATL

19
23rd 3169
2001 Dodge DAY

39
CAR

21
LVS

37
ATL

14
DAR

6
BRI

2
TEX

31
MAR

35
TAL

37
CAL

26
RCH

34
CLT

DNQ
DOV

19
MCH

37
POC

39
SON

30
DAY

22
CHI

23
NHA

23
POC

27
IND

14
GLN

14
MCH

26
BRI

21
DAR

21
RCH

30
DOV

19
KAN

39
CLT

26
MAR

33
TAL

34
PHO

39
CAR

29
HOM

22
ATL

25
NHA

36
31st 2943
2002 DAY

37
CAR

15
LVS

36
ATL

36
DAR

22
BRI

34
TEX

22
MAR

42
TAL

38
CAL

24
RCH

20
CLT

15
DOV

32
POC

31
MCH

23
SON

10
DAY

24
CHI

22
NHA

25
POC

23
IND

26
GLN

11
MCH

20
BRI

19
DAR

42
RCH

29
NHA

22
DOV

29
KAN

14
TAL

18
CLT

23
MAR

13
ATL

43
CAR

18
PHO

14
HOM

39
28th 3161
2003 DAY

34
CAR

39
LVS

18
ATL

29
DAR

38
BRI

31
TEX

19
TAL

14
MAR

30
CAL

8
RCH

30
CLT

39
DOV

34
POC

23
MCH SON DAY CHI 38th 2379
Haas CNC Racing 0 Pontiac NHA

41
POC

33
GLN

19
MCH BRI DAR
Dale Earnhardt, Inc. 81 Chevy IND

43
1 RCH

14
NHA

12
DOV

34
KAN

19
CLT

30
MAR

31
ATL

22
PHO

16
CAR

30
HOM

42
Richard Childress Racing 90 Chevy TAL

15
2004 Dale Earnhardt, Inc. 1 Chevy DAY

13
CAR

29
LVS ATL DAR BRI TEX MAR TAL CAL RCH CLT

19
DOV POC MCH SON DAY

43
CHI

16
NHA 45th 818
8 POC

RL
IND GLN MCH BRI CAL RCH NHA DOV TAL KAN
Ppc Racing 14 Ford CLT

22
MAR ATL

25
PHO

31
DAR

DNQ
HOM

20
2005 DAY

31
CAL

29
LVS

28
ATL

DNQ
BRI MAR TEX PHO TAL DAR RCH CLT DOV POC MCH SON DAY CHI NHA POC IND GLN 55th 304
Morgan-McClure Motorsports 4 Chevy MCH

28
BRI CAL

DNQ
RCH NHA DOV TAL KAN CLT MAR ATL TEX PHO HOM
2007 Front Row Motorsports 37 Dodge DAY CAL

34
LVS

DNQ
ATL

DNQ
BRI MAR TEX

DNQ
PHO

DNQ
TAL

DNQ
RCH DAR CLT DOV POC 48th 932
Petty Enterprises 45 Dodge MCH

27
SON NHA

42
DAY

28
CHI

18
IND POC GLN
BAM Racing 49 Dodge MCH

37
BRI

40
CAL

37
RCH

37
NHA

DNQ
DOV

37
KAN

33
TAL

33
CLT

42
MAR

33
ATL

28
TEX

DNQ
PHO

DNQ
HOM

DNQ
2008 Front Row Motorsports 34 Chevy DAY

40
CAL

35
LVS

DNQ
ATL

DNQ
BRI

DNQ
MAR

DNQ
TEX

40
PHO

DNQ
TAL

DNQ
RCH

DNQ
DAR CLT DOV POC MCH SON NHA DAY CHI IND POC GLN MCH BRI CAL RCH NHA DOV KAN TAL CLT MAR ATL TEX PHO HOM 62nd 149
2009 DAY

19
CAL

31
LVS

28
ATL

29
BRI

34
MAR

35
TEX

26
PHO

38
TAL

27
RCH

32
DAR CLT DOV

34
POC

35
MCH

33
SON

30
NHA

16
DAY

27
CHI

30
IND

32
POC

30
GLN

30
MCH

28
BRI

30
ATL

31
RCH

29
NHA

26
DOV

27
KAN

33
CAL

19
CLT

36
MAR

26
TAL

23
TEX

24
PHO

34
HOM

33
36th 2597
2010 Ford DAY

38
CAL LVS ATL BRI MAR PHO TEX TAL RCH DAR DOV CLT POC MCH SON NHA DAY CHI IND POC GLN MCH BRI ATL RCH NHA DOV KAN CAL CLT MAR TAL TEX PHO HOM 71st 49
- Relieved Dale Earnhardt Jr. during race
デイトナ500編集
チーム メーカー 開始 終了
1994年 ハーガンレーシング シボレー 15 42
1995年 Kranefuss-ハースレーシング フォード 38 27
1996年 6 38
1997年 ケイルヤーボローモータースポーツ フォード 32 25
1998年 ペティエンタープライズ ポンティアック 17 18
1999年 36 43
2000年 30 22
2001年 ダッジ 26 39
2002年 16 37
2003年 12 34
2004年 デイルアーンハート社 シボレー 29 13
2005年 Ppcレーシング フォード 42 31
2008年 フロントロウモータースポーツ シボレー 22 40
2009年 37 19
2010年 フォード 33 38

参考文献編集

外部リンク編集