ジョン・アンドレアス・ノトヴェイト (Jon Andreas Nödtveidt スウェーデン語発音1975年6月28日 - 2006年8月13日)は、スウェーデンヘヴィメタルミュージシャンディセクションの中心人物として著名である。

ジョン・ノトヴェイト
Jon Nödtveidt
Jon Nödtveidt.png
2005年
基本情報
出生名 Jon Andreas Nödtveidt
別名 Shadow
Rietas
Witchammer
生誕 1975年6月28日
出身地  スウェーデン
イェーテボリ・ブーヒュース県 ストレームスタード
死没 (2006-08-13) 2006年8月13日(31歳没)
 スウェーデン
ストックホルム県 ストックホルム市 ヘッセルビュー=ヴェリングビュー区英語版 ヘッセルビュー英語版
ジャンル ブラックメタル
メロディックブラックメタル
デスメタル
グラインドコア
スラッシュメタル
ゴシックメタル
アンビエント
職業 ボーカリスト
ギタリスト
ドラマー
キーボーディスト
プログラマー
作曲家
作詞家
担当楽器
ギター
ドラムス
キーボード
活動期間 1988年 - 1997年
2004年 - 2006年
共同作業者 ディセクション
The Black
Ophthalamia
Outbreak
Terror
Satanized
Rabbit's Carrot
Siren's Yell
De Infernali
Nifelheim
著名使用楽器
Gibson Les Paul Model
Gibson Flying V
ジョン・ノトヴェイト
Jon Nödtveidt
生誕 1975年6月28日
 スウェーデン
イェーテボリ・ブーヒュース県 ストレームスタード
現況 2004年出所、その後自殺
死没 (2006-08-13) 2006年8月13日(31歳没)
 スウェーデン
ストックホルム県 ストックホルム市 ヘッセルビュー=ヴェリングビュー区英語版 ヘッセルビュー英語版
死因 拳銃自殺
別名 Shadow
Rietas
Witchammer
職業 ミュージシャン
罪名 殺人幇助
刑罰 懲役8年
有罪判決 有罪確定

略歴編集

1988年に、Siren's Yellというスラッシュメタルバンドをジョンを含む4名で結成。担当楽器はギター。同年にデモを作成するが、1989年春にドラマーのオーレ・オーマンが脱退し、ジョンがRabbit's Carrotというスラッシュメタルバンドに加入したことが契機となってSiren's Yellは解散する。ジョンは、Rabbit's Carrotの2ndデモ『A Question in Pain』に参加するが、秋にデス/ブラックメタルバンド結成のために脱退する。脱退後、Siren's Yellで同僚だった、ペーテル・パルムダールをベーシストとして、2名でディセクションを結成。ジョンはギターに加えてボーカルを兼任した。ちなみにペーテルは、Siren's Yellではボーカリストだった。当初、デスメタル色の強かったディセクションは、徐々にブラックメタル色を強めることになる。

メインバンドは、ディセクションであったがその他にもさまざまなバンドを結成、加入したりしている。1991年には、ロード・ベリアルのトーマス・バッケリンらとデス/ブラックメタルバンド、Satanizedを結成。リハーサルデモを同年に作成しているが、その後目立った活動は無く解散している。Satanizedで同僚であったギタリストのヨハン・ノルマンとドラマーのトビアス・ケルグレンは後にディセクションに加入している。また同年には、ブラックメタルバンド、The Blackを結成し、1枚のアルバムをリリースしている。The Blackでは、ボーカル、ギター、キーボードを担当し、Rietasと名乗ったが、その後解散している。1994年には、アット・ザ・ゲイツのメンバーであったアンダース・ビョーラーヨナス・ビョーラーエイドリアン・アーランドソンとの4名でTerrorというグラインドコアバンドを結成。ボーカルを担当し、デモを作成したもののこちらも程なく解散している。更に、実弟エミル・ノトヴェイトが加入していたOphthalamiaに加入し、1stアルバム『A Journey in Darkness』でボーカルを担当した。同バンドではShadowと名乗った。1995年にはブラックメタルバンド、Outbreakを結成しWitchammerと名乗り、ボーカルとドラムスを担当する。同年にデモ『...Of Evil』をリリースするが、程なく解散した。1997年にはアンビエントユニット、De Infernaliに参加。1stアルバム『Symphonia De Infernali』に参加した[注釈 1]

正式加入以外にも、Nifelheimネクロフォビックのアルバムにセッション参加もしている。

音楽活動とは別に、1995年に新興悪魔崇拝団体であるMisanthropic Luciferian Orderに当時のディセクションのギタリストヨハン・ノルマンと共に加入[1]。ヨハンは、1997年にディセクションを失踪する形で脱退しているが、これはMisanthropic Luciferian Orderの考え方についていけなくなったことと、ジョンからの報復を恐れたためであった[1]。1997年12月に、アルジェリア人移民の男性の殺人容疑で友人の男と共に逮捕される[1]。結局、友人が主犯となりジョンは共犯で殺人幇助の罪で懲役8年の判決を受けた[1]。また、この事件の捜査の過程でジョンが、他のスウェーデンのミュージシャンに脅迫を行っていたことも明らかとなった[1]。この逮捕、投獄でディセクションは、活動を停止することとなる。

2004年9月6日に出所し、逮捕前とは異なるメンバーでディセクションを再結成する[1]。再結成には、元ダーク・フューネラルドラマー、トーマス・アスクルンドや元ナイトレイジベーシスト、ブリス・ルクレが参加した。その後、ライブ活動を活発に行いアルバムも発表したが、2006年6月24日のライヴを最後に解散した[1]

2006年8月13日ストックホルム市ヘッセルビュー英語版の自宅アパートメント拳銃自殺父親ガールフレンドに宛てた手紙に「トランシルヴァニアへ旅立つ」という旨の記述があった[1]。かつてジョンは「サタニストは人生のピークを迎え、全てを成し遂げ、地球の存在を超越しようとした時に、生と死についてを笑って決める。悲しんで人生を終えることは全くもってサタニックではない。サタニストは強く死ぬ。年齢でも病気でも抑鬱でもなく。不名誉よりも死を選ぶのさ!死は人生のオーガズムだ!だからできる限り緊張感を持って生きろ!」との言葉を残していた。彼が突然ともいえる自殺を遂げたのは、こうした思想上の理由によるものであると思われる[2]

ディスコグラフィ編集

ディセクション編集

アルバム
シングル・ミニアルバム
  • 1991年 Into Infinite Obscurity
  • 1996年 Where Dead Angels Lie
  • 2004年 Maha Kali
  • 2006年 Starless Aeon
デモ
  • 1990年 The Grief Prophecy
  • 1992年 The Somberlain
  • 1993年 Promo '93
  • 1997年 The Past Is Alive (The Early Mischief)
ライブ
ビデオ/DVD
  • 1997年 Live & Plugged Volume 2
  • 2006年 Rebirth of Dissection

The Black編集

アルバム
  • 1994年 The Priest of Satan
デモ
  • 1992年 Black Blood

Ophthalamia編集

アルバム
  • 1994年 A Journey in Darkness

Outbreak編集

デモ
  • 1995年 ...Of Evil

Terror編集

デモ
  • 1994年 Demo '94

Satanized編集

デモ
  • 1991年 Rehearsal '91

Rabbit's Carrot編集

デモ
  • 1989年 A Question in Pain

Siren's Yell編集

デモ
  • 1988年 Demo

De Infernali編集

アルバム
  • 1997年 Symphonia De Infernali

脚注編集

脚注編集

  1. ^ ただしクレジットは残っていない

参照元編集

  1. ^ a b c d e f g h 池田泰智 (2006年). "ストーム・オブ・ザ・ライツ・ベイン" [CDライナー]. ディセクション 『Storm of the Light's Bane』のアルバム・ノーツ 日本東京都千代田区: ディスクユニオン (TE073).
  2. ^ Jon Kristiansen, Metallion: The Slayer Mag Diaries, p. 569

参考編集