メインメニューを開く

ヒュー・グローヴナー (初代ウェストミンスター公爵)

初代ウェストミンスター公爵ヒュー・ルーパス・グローヴナー: Hugh Lupus Grosvenor, 1st Duke of Westminster, KG, PC, JP1825年10月13日 - 1899年12月22日)は、イギリスの貴族、政治家、馬主。

初代ウェストミンスター公爵
ヒュー・グローヴナー
Hugh Grosvenor, 1st Duke of Westminster
HughLupusGrosvenor.jpg
初代ウェストミンスター公
生年月日 1825年10月13日
出生地 イギリスの旗 イギリスチェシャー州、チェスターイートン・ホール
没年月日 1899年12月22日
死没地 イギリスの旗 イギリスドーセット州、クランボーンセント・ジャイルズ
出身校 オックスフォード大学ベリオール・カレッジ
所属政党 自由党
称号 初代ウェストミンスター公爵、第3代ウェストミンスター侯爵、ガーター勲章勲爵士(KG)、枢密顧問官(PC)、治安判事 (JP)
配偶者 (1) コンスタンス・ルーソン=ゴア
(2) キャサリン・キャヴェンディッシュ

内閣 第2次グラッドストン内閣
在任期間 1880年5月3日 - 1885年6月9日

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 チェスター選挙区英語版
在任期間 1847年7月29日 - 1869年10月31日[1]

イギリスの旗 貴族院議員
在任期間 1869年10月31日 - 1899年12月22日[1]
テンプレートを表示

経歴編集

ベルグレイヴ子爵リチャード・グローヴナー英語版(後の第2代ウェストミンスター侯爵)と、その妻である第2代スタッフォード侯爵ジョージ・ルーソン=ゴア(後の初代サザーランド公爵)の娘レディ・エリザベス・メアリの間に次男としてチェシャーチェスターイートン・ホール英語版で生まれた[2]

兄は既に夭折しており、出生時から継嗣であった。祖父の第2代グローヴナー伯爵ロバート英語版がウェストミンスター侯爵に叙された1831年から父親が2代侯爵となる1845年までは「ベルグレイヴ子爵(Viscount Belgrave)」の、1845年から自身が襲爵する1869年までは「グローヴナー伯爵(Earl Grosvenor)」の儀礼称号で称された。

イートン校を経てオックスフォード大学ベリオール・カレッジで教育を受ける[3]1847年チェスター選挙区英語版から選出されて自由党所属の庶民院議員となった。以降1869年の襲爵まで同選挙区から庶民院議員に選出され続ける[3][4][1]

1869年10月31日に父の死去により第3代ウェストミンスター侯爵位を継承し[3][4]貴族院議員に転じた[1]

1874年2月27日ウェストミンスター公爵に叙された。ヴィクトリア朝においては初代ビーコンズフィールド伯爵ベンジャミン・ディズレーリや第3代ソールズベリー侯爵ロバート・ガスコイン=セシルも公爵に叙すとの内諭を受けたが、二人は「公爵家の体面を保てる財産がない」として断っている。一方財産に余裕があるヒュー・グローヴナーは公爵位を受けた形であった[5]

当時、彼はグローヴナー家の私的財産として、ロンドン市内のメイフェア、ベルグラヴィア、ピムリコを抱えるイギリス有数の資産家であった。彼はチェシャーのイートン・ホールを本宅とし、他に例のないほどの金額をかけて再建設させた。彼はまた、当時最も成功した馬主の一人でもあった。

1880年から1885年にかけては第2次グラッドストン内閣において主馬頭英語版を務めた[3][4]

1899年12月22日に死去。爵位は孫のリチャード・グローヴナー英語版が継承した[4]

栄典編集

爵位編集

1869年10月31日に父 リチャード・グローヴナー英語版の死去により、以下の爵位を継承した[3][4]

  • 第3代ウェストミンスター侯爵 (3rd Marquess of Westminster)
    (1831年9月13日の勅許状による連合王国貴族爵位爵位)
  • 第4代グローヴナー伯爵 (4th Earl Grosvenor)
    (1784年7月5日の勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • 第4代ベルグレイヴ子爵 (4th Viscount Belgrave)
    (1784年7月5日の勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • チェスター州におけるイートンの第4代グローヴナー男爵 (4th Baron Grosvenor, of Eaton in the County of Chester)
    (1761年4月8日の勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • (イートンの)第10代準男爵 (10th Baronet, styled "of Eaton")
    (1622年2月23日の勅許状によるイングランド準男爵)

1874年2月27日に以下の爵位を新規に叙された[3][4]

勲章編集

その他編集

競馬編集

ヒュー・グローヴナーはイートン・スタッドを相続し、馬主であると同様にブリーダーとしても成功をおさめた。彼はエプソム・ダービーの優勝馬ベンドア号、三冠馬オーモンド号、二頭目の三冠馬となったフライングフォックス号を所有していた。生産馬としては他に四冠馬セプター号がいる。

アーサー・コナン・ドイルが、私立探偵シャーロック・ホームズシリーズの短編『白銀号事件』で創作したロス大佐のモデルは、ヒュー・グローヴナーであると信じられている。

家族編集

ウェストミンスターは2度結婚している。最初の妻は第2代サザーランド公爵ジョージ・サザーランド=ルーソン=ゴアの五女であるレディ・コンスタンス・ガートルード・サザーランド=ルーソン=ゴアで、1852年4月28日セント・ジェームズ宮殿チャペル・ロイヤルで結婚した。彼女は母方の従妹にあたる。

コンスタンスと死別した後、第2代チェサム男爵ウィリアム・キャヴェンディッシュ英語版の三女であるオナラブル・キャサリン・キャロライン・キャヴェンディッシュと1882年7月19日ノーフォーク州のホーカム・ホールで結婚した。

  • レディ・メアリ・キャヴェンディッシュ・グローヴナー (1883年 – 1959年) - 初めクリントン子爵ヘンリー・クリントン夫人、後にアルジャーノン・フランシス・スタンリー夫人
  • ヒュー・ウィリアム・グローヴナー卿英語版 (1884年 – 1914年) - 第4代ウェストミンスター公爵ジェラルド・グローヴナー英語版と第5代ウェストミンスター公爵ロバート・グローヴナー英語版の父。
  • レディ・ヘレン・フランセス・グローヴナー (1888年 – 1970年) - ヘンリー・シーモア卿夫人。
  • エドワード・アーサー・グローヴナー卿 (1892年 – 1929年)

脚注編集

  1. ^ a b c d UK Parliament. “Earl Grosvenor” (英語). HANSARD 1803–2005. 2019年4月21日閲覧。
  2. ^ Thompson, F. M. L., (2004) (online edition 2006) 'Grosvenor, Hugh Lupus, first duke of Westminster (1825–1899)', Oxford Dictionary of National Biography, Oxford University Press(subscription or UK public library membership required)
  3. ^ a b c d e f g h Lundy, Darryl. “Hugh Lupus Grosvenor, 1st Duke of Westminster” (英語). thepeerage.com. 2016年4月21日閲覧。
  4. ^ a b c d e f Heraldic Media Limited. “Westminster, Duke of (UK, 1874)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年4月21日閲覧。
  5. ^ 山田勝 1994, p. 11.

参考文献編集

  • 山田勝『イギリス貴族 ダンディたちの美学と生活』創元社、1994年。ISBN 978-4422230016

外部リンク編集


グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国議会
先代:
ロバート・グローヴナー卿英語版
サー・ジョン・ジェーヴィス英語版
チェスター選挙区英語版選出庶民院議員
1847年英語版1869年英語版
同職:サー・ジョン・ジェーヴィス英語版 1847–1850
ウィリアム・スタンリー英語版 1850–1857
エノク・ソールズベリー英語版 1857–1859
フィリップ・ハンバーストン英語版 1859–1865
ウィリアム・グラッドストン英語版 1865–1868
ヘンリー・レイクス英語版 1868–1869
次代:
ヘンリー・レイクス英語版
ノーマン・グローヴナー英語版
公職
先代:
第3代ブラッドフォード伯爵英語版
主馬頭英語版
1880年–1885年
次代:
第3代ブラッドフォード伯爵英語版
名誉職
先代:
ウィリアム・エジャートン英語版
チェシャー統監英語版
1883年–1899年
次代:
初代エジャートン伯爵英語版
新設官職 ロンドン州統監英語版
1889年–1899年
次代:
初代ファイフ公爵
イギリスの爵位
爵位創設 初代ウェストミンスター公爵
1874年–1899年
次代:
ヒュー・グローヴナー英語版
先代:
リチャード・グローヴナー英語版
第3代ウェストミンスター侯爵
1869年–1899年