ジョー・ディロン

ジョゼフ・ウィリアム・ディロンJoseph William Dillon, 1975年8月2日 - )はアメリカ合衆国カリフォルニア州スタニスラウス郡モデスト出身の元プロ野球選手ユーティリティプレイヤー)、野球指導者。右投右打。2020年シーズンよりMLBフィラデルフィア・フィリーズで打撃コーチを務める。

ジョー・ディロン
Joe Dillon
フィラデルフィア・フィリーズ コーチ #33
Joe Dillon (46667344905) (cropped).jpg
ワシントン・ナショナルズでのコーチ補佐時代
(2019年4月8日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州スタニスラウス郡モデスト
生年月日 (1975-08-02) 1975年8月2日(45歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手外野手二塁手一塁手
プロ入り 1997年 MLBドラフト7巡目
初出場 MLB / 2005年5月18日
NPB / 2006年5月5日
最終出場 MLB / 2009年8月4日
NPB / 2006年8月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

現役時代編集

 
タンパベイ・レイズ時代
(2010年3月7日)

1997年MLBドラフト7巡目(全体211位)でカンザスシティ・ロイヤルズから指名され、プロ入り。故障により一度引退→地元アマチュアチームのコーチ→再契約という経緯を持ち、プロ入りから8年目にしてメジャー昇格した苦労人である。

2006年1月5日に読売ジャイアンツへの入団が発表された。巨人では主に左翼三塁を守った。巨人が新ルートで獲得した1人目の「助っ人」のため、推定年俸は4,000万円と格安であった。清原和博が前年まで着けていた背番号5をそのまま与えられ、初出場後数試合は期待に違わない活躍をしたものの、日本でも腰痛に苦しめられ、数試合で体調を維持できず登録抹消されてしまう。特に守備面でエラーを頻発し、それが原因でチームも連敗を繰り返したため、スポーツ新聞やファンから連日のように槍玉に挙げられていた。

一軍再登録後も持病の腰の故障が再発して満足にプレー出来ず、同年9月2日にウェイバー公示され、11月2日に退団が発表された。

巨人退団後の翌2007年ミルウォーキー・ブルワーズとマイナー契約し、同年にメジャー復帰を果たした。

2009年オークランド・アスレチックスとマイナー契約を結んで開幕から傘下のAAA級サクラメント・リバーキャッツに所属していた(プレーはせず)が、5月10日にアダム・ケネディとのトレードで、タンパベイ・レイズへ移籍した。しかし、8月8日にレイズからDFAとなり[1]、12日にマイナー契約で傘下のAAA級ダーラム・ブルズへ配属された[2]2010年はレイズとマイナー契約で再契約した。一年間AAA級ダーラムでプレーし、この年限りで引退した。

引退後編集

引退後はワシントン・ナショナルズ傘下のAAA級シラキュース・チーフスの打撃コーチ(2014年 - 2015年)とマイアミ・マーリンズの打撃コーディネイター(2016年 - 2017年)を務めた後[3]2018年からはナショナルズの打撃コーチ補佐となり[4]、2年間務めた。

2020年シーズンからはフィラデルフィア・フィリーズの打撃コーチを務める[5]

プレースタイル編集

選球眼が良く広角に打ち分ける中距離打者だった。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2005 FLA 27 39 36 6 6 1 0 1 10 1 0 0 1 0 1 0 1 8 3 .167 .211 .278 .488
2006 巨人 31 95 87 9 17 3 1 2 28 7 0 0 0 0 8 0 0 17 4 .195 .263 .322 .585
2007 MIL 39 82 76 12 26 8 2 0 38 10 0 0 0 0 5 0 1 14 2 .342 .390 .500 .890
2008 56 90 75 13 16 3 0 1 22 6 1 0 1 0 13 0 1 21 1 .213 .337 .293 .630
2009 TB 15 35 30 4 9 0 0 1 12 2 0 0 0 0 3 0 2 4 1 .300 .400 .400 .800
MLB:4年 137 246 217 35 57 12 2 3 82 19 1 0 2 0 22 0 5 47 7 .263 .344 .378 .722
NPB:1年 31 95 87 9 17 3 1 2 28 7 0 0 0 0 8 0 0 17 4 .195 .263 .322 .585

年度別守備成績編集

内野守備


一塁(1B) 二塁(2B) 三塁(3B)




































2005 FLA 1 2 0 0 0 1.000 4 5 7 1 2 .923 2 2 1 0 0 1.000
2007 MIL 5 25 2 0 5 1.000 3 10 6 0 2 1.000 3 1 2 0 1 1.000
2008 4 25 3 0 4 1.000 6 9 18 1 5 .964 1 0 2 0 0 1.000
2009 TB - 2 1 1 0 0 1.000 3 0 1 0 0 1.000
MLB 10 52 5 0 9 1.000 15 25 32 2 9 .966 9 3 6 0 1 1.000
外野守備


左翼(LF) 右翼(RF)
























2005 FLA 3 2 0 0 0 1.000 -
2007 MIL 8 13 0 0 0 1.000 1 0 1 0 0 1.000
2008 2 1 0 0 0 1.000 -
MLB 13 16 0 0 0 1.000 1 0 1 0 0 1.000

記録編集

NPB

背番号編集

  • 29(2005年)
  • 5(2006年)
  • 27(2007年 - 2008年)
  • 11(2009年)
  • 25(2018年 - 2019年)
  • 33(2020年 - )

脚注編集

  1. ^ Bob Sherwin (2009年8月8日). “Rays' roster getting mini-makeover Tampa Bay (61-49) at Seattle (57-53), 4:10 p.m. ET”. MLB.com. 2009年8月14日閲覧。
  2. ^ MLB公式プロフィール参照。2017年11月21日閲覧。
  3. ^ Noah Frank (2017年11月9日). “Nationals announce majority of 2018 coaching staff” (英語). wtop.com. https://wtop.com/washington-nationals/2017/11/nationals-announce-majority-of-2018-coaching-staff/ 2017年11月21日閲覧。 
  4. ^ Mark Zuckerman (2017年11月15日). “Nats’ new staff complete with hiring of Blanco as bullpen coach” (英語). masnsports.com. http://www.masnsports.com/nationals-pastime/2017/11/nats-new-staff-complete-with-hiring-of-blanco-as-bullpen-coach.html 2017年11月21日閲覧。 
  5. ^ Todd Zolecki (2019年11月21日). “Phils hire hitting coach Joe Dillon from Nats” (英語). MLB.com. 2019年11月25日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集