2017年 > 2017年のスポーツ > 2017年の野球

2017年の野球(2017ねんのやきゅう)では、2017年野球界における動向をまとめる。

2016年の野球 - 2017年の野球 - 2018年の野球

目次

出来事編集

1月編集

3月編集

  • 16日
    • 【WBC】第2次ラウンド、日本対イスラエル(東京ドーム)は日本がイスラエルに8-3で勝利。4大会連続で決勝ラウンドに進出する[13]
  • 22日
    • 【WBC】決勝戦のアメリカ対プエルトリコ(ドジャー・スタジアム)は、アメリカが8-0で勝利し、初優勝を達成[15]
  • 29日
    • 【高校野球】 全国制覇7度(全国高等学校野球選手権大会4回、選抜高校野球大会3回)を数え、春夏の甲子園大会で通算96勝を記録した古豪のPL学園高等学校がこの日、大阪府高等学校野球連盟に対して脱退届を提出し、同日受理された[19]

4月編集

5月編集

6月編集

7月編集

8月編集

9月編集

  • 1日
    • 【独立・ルートインBCリーグ】東地区で後期優勝マジックを1としていた群馬ダイヤモンドペガサスは、高崎市城南野球場でおこなわれた巨人3軍との交流戦に12対11で勝利し、2年連続となる前後期連覇を達成した[26]
  • 2日
    • 【独立・ルートインBCリーグ】西地区で後期優勝マジックを1としていた信濃グランセローズは、小諸市南城公園野球場でおこなわれた福井ミラクルエレファンツ戦に9対0で勝利し、創設11年目で初の半期優勝となる、後期優勝を達成した[27]
  • 18日
    • 【独立・ルートインBCリーグ】東西両地区で地区チャンピオンシップ第2戦がおこなわれ、東地区(前橋市民球場)は群馬ダイヤモンドペガサスが年間勝率2位の福島ホープスに1対0で勝利し[28]、西地区(長野県営野球場)は信濃グランセローズが富山GRNサンダーバーズに4対3で勝利して[29]、地区優勝を達成した。群馬は2年連続6回目[28]、信濃は初めて[29]
  • 19日
    • 【高校野球】日本高等学校野球連盟は2018年第90回選抜高等学校野球大会運営委員会を開催し、本大会出場校選考委員会を2018年1月26日に開催すること並びに、本大会の試合日程を同年3月23日から12日間(途中の休養日を含む)とすることを正式に決定[30]
    • 【高校野球】日本高等学校野球連盟はこの日の理事会に於いて、2018年第90回選抜高等学校野球大会から、延長戦試合での早期勝敗決着を企図したタイブレーク方式の導入を行うことを決定。方式の詳細については2017年11月を目処に決定する方針[30][31]
  • 20日
    • 【独立・四国アイランドリーグplus】後期優勝マジックを1としていた香川オリーブガイナーズは、マジック対象の愛媛マンダリンパイレーツが徳島インディゴソックスに敗れたことで、2年ぶりの後期優勝を達成した[32]。香川の半期優勝は11度目[32]
  • 22日
  • 23日

10月編集

  • 1日
    • 【独立・四国アイランドリーグplus】徳島インディゴソックスは香川オリーブガイナーズとのリーグチャンピオンシップ第4戦(丸亀市民球場)に4対0で勝利し、対戦成績3勝1敗で3年ぶり4度目となる年間総合優勝を達成[35]
  • 2日
    • 【独立・ルートインBCリーグ】信濃グランセローズは群馬ダイヤモンドペガサスとのリーグチャンピオンシップ第5戦(前橋市民球場)に4対3で勝利し、対戦成績3勝2敗でチーム創設11年目で初となるリーグ優勝を達成した[36]
  • 4日
    • 【独立・ベースボール・ファースト・リーグ】リーグ戦の優勝が決定している兵庫ブルーサンダーズは、2位の06BULLSとのゲーム差がチャンピオンシップ開催条件の5.0ゲームを上回ることが確定したことで、年間優勝が決定した[37]
  • 18日

予定編集

競技結果編集

独立リーグ(日本)編集

四国アイランドリーグplus編集

前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 徳島インディゴソックス 21 9 4 .700 - 香川オリーブガイナーズ 15 13 3 .536 -
2位 高知ファイティングドッグス 17 13 4 .567 4.0 愛媛マンダリンパイレーツ 13 12 6 .520 0.5
3位 香川オリーブガイナーズ 13 18 3 .419 4.5 高知ファイティングドッグス 12 13 6 .480 1.0
4位 愛媛マンダリンパイレーツ 11 20 3 .355 2.0 徳島インディゴソックス 12 14 5 .500 0.5
リーグチャンピオンシップ編集
第1戦 徳島 8 - 1 香川
第2戦 香川 3 - 1 徳島
第3戦 徳島 2 - 1 香川
第4戦 徳島 4 - 0 香川
(徳島は3年ぶり4回目の総合優勝)

ベースボール・チャレンジ・リーグ編集

東地区
前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 群馬ダイヤモンドペガサス 19 11 5 .633 - 群馬ダイヤモンドペガサス 23 10 3 .697 -
2位 新潟アルビレックスBC 18 16 1 .529 3.0 福島ホープス 18 12 6 .600 3.5
3位 福島ホープス 15 17 3 .469 2.0 新潟アルビレックスBC 15 13 8 .536 2.0
3位 武蔵ヒートベアーズ 15 17 3 .469 0.0 栃木ゴールデンブレーブス 12 20 4 .375 5.0
5位 栃木ゴールデンブレーブス 7 28 0 .200 9.5 武蔵ヒートベアーズ 12 23 1 .343 1.5
西地区
前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 富山GRNサンダーバーズ 22 13 0 .629 - 信濃グランセローズ 26 10 0 .722 -
2位 信濃グランセローズ 21 14 0 .600 1.0 富山GRNサンダーバーズ 22 12 2 .647 3.0
3位 福井ミラクルエレファンツ 19 14 2 .576 1.0 福井ミラクルエレファンツ 15 19 2 .441 7.0
4位 滋賀ユナイテッドBC 11 22 2 .333 8.0 石川ミリオンスターズ 12 22 2 .353 3.0
5位 石川ミリオンスターズ 10 22 3 .313 0.5 滋賀ユナイテッドBC 11 24 1 .314 1.5
プレーオフシリーズ編集
第1戦 福島 7 - 1 群馬
第2戦 群馬 1 - 0 福島
第1戦 信濃 5 - 1 富山
第2戦 信濃 4 - 3 富山
第1戦 群馬 10 - 3 信濃
第2戦 信濃 3 - 0 群馬
第3戦 信濃 3 - 1 群馬
第4戦 群馬 10 - 3 信濃
第5戦 信濃 4 - 3群馬
(信濃は初の総合優勝)

グランドチャンピオンシップ編集

第1戦 信濃 10 - 4 徳島(10月7日長野オリンピックスタジアム
第2戦 徳島 2 - 1 信濃(10月8日、長野オリンピックスタジアム)
第3戦 徳島 3 - 0 信濃(10月14日JAバンク徳島スタジアム
第4戦 信濃 1 - 0 徳島(10月17日、JAバンク徳島スタジアム)
第5戦 徳島 2 - 1 信濃(10月18日、JAバンク徳島スタジアム)
  • (徳島は3年ぶり2回目の優勝)

BASEBALL FIRST LEAGUE編集

リーグ戦
年間
順位 球団 勝率
優勝 兵庫ブルーサンダーズ 24 9 3 .727 -
2位 06BULLS 13 19 4 .406 10.5
3位 和歌山ファイティングバーズ 12 21 3 .364 1.5

※リーグ規定により、チャンピオンシップを開催せずに兵庫の年間優勝が決定。

(兵庫は3年連続の年間優勝)

社会人野球編集

決勝:NTT東日本硬式野球部東京都)10-4日本通運さいたま市)(36年ぶり2回目)[42]

大学野球編集

決勝 立教大東京六大学) 9-2国際武道大千葉県[43]
(立教大は59年ぶり4回目の優勝)
決勝 :

高校野球編集

男子編集

決勝 :大阪桐蔭近畿大阪)8-3履正社(近畿・大阪)[44]
  • 大阪桐蔭は5年ぶり2度目の優勝  
決勝 :花咲徳栄埼玉)14-4広陵広島[45]
  • 花咲徳栄は初優勝
決勝 :中京学院大中京東海岐阜)1-0茗溪学園北関東茨城[46]
  • 中京学院大中京は3年ぶり8回目の優勝  
硬式の部決勝:広陵7-4大阪桐蔭[47]
  • 広陵は初優勝
軟式の部決勝:中京学院大中京6-1仙台商
  • 中京学院大中京は7年ぶり6回目の優勝


女子編集

決勝 :履正社(大阪)1-0埼玉栄埼玉[48]
  • 履正社は初優勝  
決勝 :埼玉栄(埼玉)1-0履正社(大阪)[49]
  • 埼玉栄は2年ぶり7回目の優勝 

死去編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 現行の2代目優勝旗は、1958年の第40回全国高等学校野球選手権大会から使用されているものである。
  2. ^ 現地時間。日本では22日。

出典編集

  1. ^ 新監督 『 河原 純一 』 就任のお知らせ【チームからのお知らせ】”. 愛媛マンダリンパイレーツ (2017年1月4日). 2017年1月4日閲覧。
  2. ^ マニー・ラミレス選手 入団合意のお知らせ”. 高知ファイティングドッグス (2017年1月9日). 2017年1月9日閲覧。
  3. ^ ピッチングコーチ決定のお知らせ”. 栃木ゴールデンブレーブス (2017年1月10日). 2017年1月10日閲覧。
  4. ^ 選手兼任ピッチングコーチ決定のお知らせ”. 栃木ゴールデンブレーブス (2017年1月10日). 2017年1月10日閲覧。
  5. ^ “平成29年 野球殿堂入り発表 伊東氏、星野氏、平松氏、郷司氏、鈴木氏が殿堂入り” (プレスリリース), 野球殿堂博物館, (2017年1月16日), http://i.baseball-museum.or.jp/baseball_hallo/news/halloffame2017_02.html 2017年1月16日閲覧。 
  6. ^ a b “1200万円! 「深紅の大優勝旗」を新調 来夏の甲子園100回記念”. スポニチアネックス. (2017年1月24日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/01/24/kiji/20170124s00001002162000c.html 2017年1月24日閲覧。 
  7. ^ 徳島IS 新コーチ就任のお知らせ”. 四国アイランドリーグplus (2017年1月24日). 2017年1月24日閲覧。
  8. ^ 香川OG 江村将也投手コーチ就任のお知らせ”. 四国アイランドリーグplus (2017年1月26日). 2017年1月26日閲覧。
  9. ^ 新コーチ・トレーナー就任のお知らせ【チームからのお知らせ】”. 愛媛マンダリンパイレーツ. 2017年1月30日閲覧。
  10. ^ 木俣達彦ヘッドコーチ就任のお知らせ”. 滋賀ユナイテッドベースボールクラブ (2017年3月2日). 2017年3月3日閲覧。
  11. ^ 日程&開催地 World Baseball Classic
  12. ^ 侍初!開幕3連勝 中田2戦連発「落としていい試合なんてない」”. スポニチアネックス (2017年3月11日). 2017年3月11日閲覧。
  13. ^ 中田欠場も筒香がいる!4番弾で侍打線息吹き返した”. スポニチアネックス (2017年3月16日). 2017年3月23日閲覧。
  14. ^ 侍ジャパンまた準決勝で涙…米国に1点差惜敗、世界一奪回ならず”. スポニチアネックス (2017年3月22日). 2017年3月23日閲覧。
  15. ^ “WBC アメリカが初優勝”. NHK. (2017年3月23日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170323/k10010921641000.html 2017年3月26日閲覧。 
  16. ^ “選抜高校野球 史上初の2試合連続引き分け再試合に 夏の甲子園でもなし”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年3月26日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/03/26/kiji/20170326s00001002285000c.html 2017年3月26日閲覧。 
  17. ^ “選抜高校野球 再試合2戦は28日に実施 準々決勝以降繰り下げ、休養日なくなる”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年3月26日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/03/26/kiji/20170326s00001002287000c.html 2017年3月26日閲覧。 
  18. ^ 高知FD 山越吉洋野手コーチ就任のお知らせ - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2017年3月27日)
  19. ^ “PL学園、大阪府高野連に「脱退届」受理される…名門の歴史に幕”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2017年3月29日). http://www.hochi.co.jp/baseball/hs/20170329-OHT1T50110.html 2017年3月29日閲覧。 
  20. ^ “元メジャー岩村明憲が現役引退発表会見「思い出に残る試合ができれば」”. Full-Count. (2017年4月10日). https://full-count.jp/2017/04/10/post64594/ 2017年4月11日閲覧。 
  21. ^ 福岡の2校出場が決定 18年夏の高校野球西日本新聞 2017年4月19日
  22. ^ “徳島が前期優勝 香川、7-8で惜敗 四国ILplus”. 四国新聞. (2017年5月23日). https://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20170523000133 2017年5月23日閲覧。 
  23. ^ “プロ球団へ「茨城アストロプラネッツ」 31年BCリーグ参入目指す”. 産経新聞. (2017年6月13日). http://www.sankei.com/region/news/170613/rgn1706130060-n1.html 2017年8月2日閲覧。 
  24. ^ “ペガサスが前期優勝 BCリーグ東地区”. 上毛新聞. (2017年6月14日). http://www.jomo-news.co.jp/ns/8114973727561307/news.html 2017年6月14日閲覧。 
  25. ^ “富山、前期優勝 ルートインBCリーグ”. 富山新聞. (2017年6月18日). http://www.hokkoku.co.jp/subpage/TH20170618411.htm 2017年6月18日閲覧。 
  26. ^ “ペガサス 後期もV 昨季に続き完全優勝 BCリーグ”. 上毛新聞. (2017年9月2日). http://www.jomo-news.co.jp/ns/9615042820728115/news.html 2017年9月2日閲覧。 
  27. ^ “BCリーグ信濃 歓喜の初優勝 西地区後期”. 信濃毎日新聞. (2017年9月3日). http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20170903/KT170902ATI090013000.php 2017年9月3日閲覧。 
  28. ^ a b “《BCリーグ》ペガサス東地区連覇 信濃とリーグCS”. 上毛新聞. (2017年9月19日). http://www.jomo-news.co.jp/ns/5915057506172070/news.html 2017年9月19日閲覧。 
  29. ^ a b “初の地区V リーグ優勝懸け群馬と対戦へ”. 信濃毎日新聞. (2017年9月19日). http://www8.shinmai.co.jp/grandserows/article.php?id=GRAN20170919008801 2017年9月19日閲覧。 
  30. ^ a b “選抜高校野球、タイブレーク来春導入 延長十三回から”. 日経電子版. 日本経済新聞社. (2017年9月19日). https://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK20383_Z10C17A9000000/ 2017年9月19日閲覧。 
  31. ^ “高校野球 来春センバツからタイブレーク導入を決定”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2017年9月19日). https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201709190000511.html 2017年9月19日閲覧。 
  32. ^ a b “香川OG後期V 5期ぶり11度目 チャンピオンシップ徳島と対戦”. 四国新聞. (2017年9月21日). https://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20170921000126 2017年9月21日閲覧。 
  33. ^ 早実 清宮幸太郎選手 プロ志望を表明「大きな夢に挑戦」 NHKニュース、2017年9月22日
  34. ^ “兵庫ブルサンが4連覇 ファンとともに栄冠喜ぶ”. 神戸新聞. (2017年9月23日). https://www.kobe-np.co.jp/news/sanda/201709/0010582215.shtml 2017年9月24日閲覧。 
  35. ^ “徳島インディゴソックスが年間優勝 四国IL、香川に競り勝つ”. 徳島新聞. (2017年10月1日). http://www.topics.or.jp/localSports/122545376129/2017/10/2017_15068558959322.html 2017年10月2日閲覧。 
  36. ^ “リーグ初優勝 守りの野球結実”. 信濃毎日新聞. (2017年10月3日). http://www8.shinmai.co.jp/grandserows/ 2017年10月3日閲覧。 
  37. ^ リーグの年間優勝が確定いたしました。 - 兵庫ブルーサンダーズ(2017年10月10日)
  38. ^ “徳島インディゴソックス日本一 野球独立リーグGSC、信濃下す”. 徳島新聞. (2017年10月19日). http://www.topics.or.jp/localSports/122545376129/2017/10/2017_15083305453106.html 12017-10-19閲覧。 
  39. ^ “2017年「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」開催要項のお知らせ” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 日本野球機構, (2017年9月14日), http://npb.jp/news/detail/20170914_01.html 2017年9月22日閲覧。 
  40. ^ “10・26ドラフト NPBが今年も観覧希望者募集” (日本語). ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2017年9月14日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201709140000450.html 2017年9月22日閲覧。 
  41. ^ 「アジア プロ野球チャンピオンシップ2017」が11月に開催決定 侍ジャパン 2017年1月23日
  42. ^ NTT東日本36年ぶり2度目V/都市対抗決勝結果] -日刊スポーツ 2017年7月25日掲載・閲覧
  43. ^ 【大学選手権】立大が59年ぶり4度目の日本一- スポーツ報知 2017年6月11日掲載・閲覧
  44. ^ 大阪桐蔭が5年ぶり優勝! 4発で履正社との大阪対決制す SANSPO.COM  2017年4月1日配信
  45. ^ <夏の高校野球>花咲徳栄16安打14点 中盤大量点で初V 毎日新聞 2017年8月23日配信
  46. ^ 中京学院大中京、茗渓学園破り8度目V  全国高校軟式野球- 朝日新聞デジタル   2017年8月29日配信
  47. ^ 広陵が大阪桐蔭破り初優勝/愛媛国体高校野球詳細 日刊スポーツ 2017年10月9日配信
  48. ^ 【女子センバツ】履正社が初優勝!男子の雪辱果たす  スポーツ報知  2017年4月2日配信
  49. ^ 埼玉栄が7度目V、春敗れてチームに変化 女子高校野球  朝日新聞デジタル  2017年8月2日配信
  50. ^ “元阪急のスペンサー氏が死去 地元メディアが報じる 88歳”. デイリースポーツ. (2017年1月3日). https://www.daily.co.jp/baseball/2017/01/03/0009799926.shtml 2017年1月3日閲覧。 
  51. ^ 161キロ右腕ベンチュラが交通事故死 昨季11勝 日刊スポーツ 2017年1月23日9時6分
  52. ^ 元大洋 プロ野球からプロゴルフ 藤池昇龍氏が死去 日刊スポーツ 2017年2月20日
  53. ^ “プロ通算26勝の西三雄さんが逝去 西武が発表”. デイリースポーツ. (2017年4月6日). https://www.daily.co.jp/baseball/2017/04/06/0010072182.shtml 2017年6月2日閲覧。 
  54. ^ “元阪神タイガース投手、西尾慈高氏が死去”. サンケイスポーツ. (2017年5月7日). http://sanspo.com/baseball/news/20170507/tig17050705000017-n1.html 2017年7月29日閲覧。 
  55. ^ 河野昌人氏死去…39歳 96年ドラフト3位、広島、ダイエーで活躍” (201-06-16). 2017年6月16日閲覧。
  56. ^ “永射保さん死去 “左殺し”先駆者、あのヒット曲のモデルに”. スポーツニッポン. (2017年6月25日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/06/25/kiji/20170624s00001173449000c.html 2017年6月25日閲覧。 
  57. ^ “西武・森慎二投手コーチが死去 42歳 多臓器不全のため”. デイリースポーツ. (2017年6月28日). https://www.daily.co.jp/baseball/2017/06/28/0010323747.shtml 2017年6月28日閲覧。 
  58. ^ “名将・上田利治氏死去 阪急で黄金時代、伝説の1時間19分猛抗議”. スポーツニッポン. (2017年7月2日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/07/02/kiji/20170702s00001173109000c.html 2017年7月2日閲覧。 
  59. ^ “元阪急監督の上田利治氏、1日に肺炎で死去 葬儀は6日、横浜市内で”. デイリースポーツ. (2017年7月2日). https://www.daily.co.jp/baseball/2017/07/02/0010334423.shtml 2017年7月2日閲覧。 
  60. ^ Baylor touched hearts as a manager, 'mate MLB.com (英語) (2017年8月7日) 2017年8月8日閲覧
  61. ^ Phillies legend Daulton passes away at 55 MLB.com (英語) (2017年8月7日) 2017年8月8日閲覧
  62. ^ “Well-respected youth baseball coach Dave Hilton dies”. azcentral. The Arizona Republic. (2017年9月18日). http://www.azcentral.com/story/sports/high-school/2017/09/18/well-respected-youth-baseball-coach-dave-hilton-dies/679369001/ 2017年9月19日閲覧。 
  63. ^ “デーブ・ヒルトン氏が死去 67歳 ヤクルト初の日本一に貢献”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年9月19日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/09/19/kiji/20170919s00001173156000c.html 2017年9月19日閲覧。