メインメニューを開く

ジョー・ランフトJoe Ranft, 1960年3月13日 - 2005年8月16日)はアメリカ合衆国カリフォルニア州パサディナ生まれの、アニメーション脚本家・声優。おもにピクサーディズニーの作品を手がける。ピクサーではストーリー部門の総轄をしていた。

交友範囲が広く、ティム・バートンとはカルフォルニア芸術大学来の親友。また、ジョン・ラセターブラッド・バードともそのころから交友がある。また、ディズニー時代からヘンリー・セリックとの交友がある。

来歴編集

1982年カルフォルニア芸術大学に入学しアニメーションを学び、卒業後ディズニーに就職、1980年代はそこで脚本作成、ストーリー構成を主として仕事をしている。途中で『The Brave Little Toaster』に携わるため一度ディズニーから退社しているがその後、ディズニーにもどる。ディズニーでは『ビアンカの大冒険 ゴールデン・イーグルを救え!』、『美女と野獣』などの作品で脚本作成に参加している。

その後、『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』に関わる為に、ディズニーを退社。この作品ではストーリーボード監修として参加している。

1992年からピクサーの作品制作に参加、『トイ・ストーリー』では脚本制作をしている。

『ジャイアント・ピーチ』制作の為に、ピクサーを一旦退社、その後ピクサーに戻り、劇場公開作品すべてに携りまた声優としても参加している。主にヨーロッパ語訛りの声のキャラクターの声を担当。

日本語吹き替えでは斉藤志郎島香裕などが担当した。

2005年8月16日、旅行のために友人のエレグバ・アールが運転するホンダ・エレメントで州道1号線を北上中、メンドシーノ郡ナバロ川河口付近で車がガードレールを超えて海へ墜落するという自動車事故に遭い死亡した。満45歳没。但し、2人とともに車に同乗していたエリック・フリーソンはサンルーフのおかげで一命を取り留めたという[1][2]

カーズ』制作中に死去したことから、追悼の言葉がエンディングに追加された。またヘンリー・セリックは「彼は私たちの世代において物語の巨人だった」と述べている。

作品リスト編集

声優参加作品編集

脚注編集

外部リンク編集