スカイライン -征服-

スカイライン -征服-』(スカイライン -せいふく-、原題: Skyline)は、2010年アメリカ合衆国SF映画

スカイライン -征服-
Skyline
Skyline.logo.jpeg
監督 グレッグ・ストラウス
コリン・ストラウス
脚本 リアム・オドネル
ジョシュア・コーデス
製作 クリスチャン・ジェームズ・アンダーソン
ジョシュア・コーデス
コリン・ストラウス
グレッグ・ストラウス
製作総指揮 ブライアン・キャバノー=ジョーンズ
ライアン・カヴァナー
ブレット・ラトナー
タッカー・トゥーリー
音楽 マシュー・マージソン
撮影 マイケル・ワトソン
編集 ニコラス・ウェイマン=ハリス
製作会社 レラティヴィティ・メディア
ハイドラックス
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 松竹
公開 アメリカ合衆国の旗 2010年11月12日
日本の旗 2011年6月18日
上映時間 94分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $10,000,000[1]
興行収入 $66,821,036[1]
2億7100万円[2] 日本の旗
次作 ビヨンド・スカイライン
テンプレートを表示

目次

概要編集

突如、世界各地に襲来した地球外生命体の攻撃をロサンゼルスに訪れていた民間人の視点で描くSF映画。地球全土が異星人に襲来されているという状況でありながら、序盤と終盤のわずかな時間を除いて一つの高層マンション敷地内で物語が終始展開されるという特殊な作風である。 また、現実の軍事作戦でドローンが積極活用されている21世紀の軍事情勢を反映して、攻撃能力を備えたドローンが異星人への攻撃に投入されるシーンがある。 製作費 が$10,000,000と安価なのに対し、アメリカ国内興行が21,393,620[1]と大ヒット作になった。

ストーリー編集

親友テリーの誕生日パーティに参加するためロサンゼルスに来ていたジャロッドとエレイン。パーティの会場である高層マンションのペントハウスで楽しい一夜を明かす一同であったが、早朝に仲間の一人レイが青白い光の中に吸い込まれるという異常事態に出くわす。ジャロッドも光に吸い込まれかけるがエレインのお陰で窮地を脱する。空が明るくなると窓の外には、巨大な未確認飛行物体が大量に飛来し、地上から人間を次々と吸い上げていく光景が広がっていた。ジャロッドらはマンションの中で状況を把握しようとするが・・・・・・。エイリアンによる地球征服の3日間が始まるのであった。

侵略者編集

タンカー
巨大なゴリラ型エイリアン。手から捕食用接触を発射し、捕らえた人間を捕食する。中には「パイロット」という人型エイリアンがいる。
ドローン
タコ型エイリアン。複数の触手を持ち、人間を捕獲する。
ハイドラ
クラゲ型エイリアン。空中から様々の家を探索し、発見した場合、捕獲する。いわゆる「空飛ぶ戦闘機」である。
パイロット
人型エイリアン。ゴリラ型エイリアン「タンカー」を運転する。
マザーシップ
ロサンゼルス上空に複数浮遊する母艦エイリアン。人間を吸い込み中に収容する。一度は、軍によって破壊されたが、自然に再生してしまう。

キャスト編集

提訴の可能性編集

2010年8月ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントが本作を監督したストラウス兄弟に対する法的措置を検討していると報じられた。ソニー・ピクチャーズはハイドラックスに『世界侵略: ロサンゼルス決戦』のVFX製作資金を支払ったが、ハイドラックスは、兄弟が監督し、『世界侵略』より先に公開された同じくロサンゼルスを舞台にエイリアンによる地球侵略を描いた本作の存在を、ソニー・ピクチャーズに一切知らせていなかった。そのため、内容の酷似する本作品に、ソニー・ピクチャーズが資金負担をしている『世界侵略: ロサンゼルス決戦』の製作過程で生じたVFXの盗用や撮影資源の流用が行われているのではないかという疑念をもたれたものである。これに対しストラウス兄弟の広報は「われわれが不当だとする(ソニー側の)主張はすべて根拠のないものだ。『スカイライン』の公開日は監督の意思に関わらずユニバーサルレラティビティが以前から決めていたもので、これは組織に属さない製作者に公開を延期させようとするソニーの明らかに不当な試みである」と答えている[3]

2011年3月17日、ソニーは『世界侵略: ロサンゼルス決戦』に使用されたビジュアル・エフェクトは『スカイライン』では使用されていないとし、ストラウス兄弟に対する法的処置を取り下げることを表明した。

続編編集

2017年12月15日に『ビヨンド・スカイライン英語版』が公開された。

参考文献編集

  1. ^ a b c Skyline (2010)” (英語). Box Office Mojo. 2012年1月14日閲覧。
  2. ^ キネマ旬報」2012年2月下旬決算特別号 211頁
  3. ^ Flemming, Mike (2010年8月16日). “Battle Over L.A. Alien Invasion Films” (英語). Deadline New York. Mail.com Media Corporation. 2010年12月25日閲覧。

外部リンク編集