ザ・ストロークス

ストロークスから転送)

ザ・ストロークスThe Strokes)は、アメリカ合衆国ニューヨーク出身のロックバンド2000年代におけるガレージロック・リバイバルロックンロール・リバイバル、ポストパンク・リバイバル)ムーブメントの代表的なグループとして知られる。

ザ・ストロークス
The Strokes
StrokesOhana270919-148 (48829440792).jpg
USハワイ公演(2019年9月)
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州 ニューヨーク
ジャンル オルタナティヴ・ロック
インディー・ロック
ガレージロック・リバイバル
ポストパンク・リバイバル
ロックンロール・リバイバル
活動期間 1999年 -
レーベル ソニーBMG
RCA(北アメリカ)
ラフ・トレード(ヨーロッパ)
公式サイト The Strokes (英語)
メンバー ジュリアン・カサブランカスボーカル
ニック・ヴァレンシギター
アルバート・ハモンドJr. (ギター)
ニコライ・フレイチュアベース
ファブリツィオ・モレッティドラムス

略歴編集

 
ザ・ストロークス(2002年)

1999年、NYのアッパーウェストサイドにある上流階級や富裕層の子弟が通う学校で、幼馴染で一緒にバンドをやっていたジュリアンとニコライのコンビに、ニックとファブのこちらも幼馴染コンビが出会う。そこに、ジュリアンのル・ロゼでの友人でLAからニューヨーク大学に映画の勉強にやってきていたアルバートが加わり、ザ・ストロークスが結成された。

2001年、イギリスラフ・トレードにデモ・テープを送り、契約に至る。3曲入りのEP『ザ・モダン・エイジ』(The Modern Age)を発表。これがきっかけでイギリスで人気が爆発。音楽誌はこぞって“NEXT BIG THING”として取り上げる。同年8月にデビューアルバム『イズ・ディス・イット』(Is This It)を発売し、全世界でヒットさせる。

2002年、2月に初の来日公演を行う。チケットは即日完売となり、会場によっては当初より大きい会場に変更されるハプニングもあった。

2003年、2ndアルバム『ルーム・オン・ファイア』(Room on Fire)を発表する。「12:51」、「レプティリア」(Reptilia)がヒットし、人気を確かなものとする。8月にはサマーソニックに出演。

2006年、3rdアルバム『ファースト・インプレッションズ・オブ・アース』(First Impressions of Earth)を発表[1]。この年のフジロックフェスティバルではヘッドライナーを務めた。

2011年、4thアルバム『アングルズ』(Angles)を発表[2]。この年のサマーソニックでヘッドライナーを務めた。

2013年、5thアルバム『カムダウン・マシーン』(Comedown Machine)を発表[3]

2016年、4曲入りのEP『フューチャー・プレゼント・パスト』(Future Present Past)を発表[4]

2020年、6thアルバム『ザ・ニュー・アブノーマル』(The New Abnormal)を発表[5]

評価編集

 
ライブでのストロークス(2019年)

1960年代前後のガレージロックサウンドを彷彿とさせ、ザ・ホワイト・ストライプスと共にガレージロック・リバイバルの代表格として有名である。しかしその音楽性はストライプスとは大きく異なり、都会的で洗練された曲調が持ち味。同じく出自がニューヨークであり、そのアンダーグラウンドで活躍して後のロックに多大な影響を与えたヴェルヴェット・アンダーグラウンドテレヴィジョンといったバンドと似た雰囲気を持っていると評価されるが、メンバーは特に影響を受けていないという[6]

ロックンロール・リバイバルの旗手編集

2000年代に差し掛かった当時、アメリカではヒップホップR&Bなどの黒人音楽勢やラップメタル/ヘヴィロックが、イギリスではレディオヘッドコールドプレイなどの陰鬱な雰囲気を持った、およそ陽性なロックンロールとは相容れないアーティスト達がそれぞれセールスを伸ばして隆盛していた。そんな中でストロークスは"60年代前後のロックンロール/ガレージ・ロックを現代の若者風にスタイリッシュに解釈"したとも言えるサウンドにより人気を博し、そのようなシーンの中で「ロックの復権」「ロックンロール・リバイバルの旗手」として評された。

これは、ロックミュージックのセールスが黒人音楽勢に押されて危うくなっていたイギリスを中心としたマスメディアによるハイプだ、との見方もあったが、結果的にストロークスは前述のアーティスト以上のリスナーからの支持を勝ち得ることになり、実際にその後のシーンではストロークスに影響を受けて感化された後進バンドが数多く登場した。フランツ・フェルディナンドアークティック・モンキーズ[7]カイザー・チーフスなど、大きな成功を収めた2000年代のUKガレージ・ロック/ポストパンクバンドの多くは、ストロークスからの影響を公言している。

楽曲「ラスト・ナイト」は、ローリング・ストーン誌による「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500」に於いて478位に選ばれている。

メンバー編集

ディスコグラフィー編集

スタジオアルバム編集

タイトル 詳細 最高順位 備考
US
[8]
AUS
[9]
AUT
[10]
BEL
[11]
FRA
[12]
GER
[13]
NOR
[14]
NZ
[15]
SWE
[16]
UK
[17]
イズ・ディス・イット
Is This It [I]
33 5 35 47 19 13 2 23 3 2
ルーム・オン・ファイア
Room on Fire
  • Released: 2003年10月28日
  • Label: Rough Trade (#130), RCA (#55497)
  • Formats: CD, LP
4 6 14 14 16 5 3 6 6 2
ファースト・インプレッションズ・オブ・アース
First Impressions of Earth
  • Released: 2006年1月3日
  • Label: Rough Trade (#330), RCA (#73177)
  • Formats: CD, enhanced CD, LP
4 4 9 21 9 10 22 10 9 1
アングルズ
Angles
  • Released: 2011年4月5日
  • Label: Rough Trade (#530), RCA
  • Formats: CD, LP, download
4 1 9 18 6 15 15 6 21 3
カムダウン・マシーン
Comedown Machine
  • Released: 2013年3月26日
  • Label: RCA
  • Formats: CD, LP
10 7 21 49 17 50 10 18 28 10
ザ・ニュー・アブノーマル
The New Abnormal
  • Released: 2020年4月10日
  • Label: Cult, RCA
  • Formats: CD, LP, cassette, download
  • I^ 写真が卑猥であるとされUSバージョンのみジャケットを差し替えられた。また、"New York City Cops"が"When It Started"に差し替えられている。

EP編集

タイトル 詳細 最高順位
CAN
[25]
NOR
[26]
UK
[27]
ザ・モダン・エイジ
The Modern Age
20 28 68
フューチャー・プレゼント・パスト
Future Present Past
  • Release: 2016年6月3日
  • Label: Cult
  • Formats: LP, download

受賞歴編集

日本公演編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ AllMusic | Record Reviews, Streaming Songs, Genres & Bands” (英語). AllMusic. 2020年4月11日閲覧。
  2. ^ Stone, Rolling (2011年3月16日). “Strokes' New Album 'Angles' is Best Since Their Debut” (英語). Rolling Stone. 2020年4月11日閲覧。
  3. ^ The Strokes Announce Fifth Studio Album, 'Comedown Machine'”. Billboard (2013年1月30日). 2020年4月11日閲覧。
  4. ^ Album Review: The Strokes - Future Present Past EP” (英語). Consequence of Sound (2016年5月30日). 2020年4月11日閲覧。
  5. ^ Stream The Strokes' First Album In 7 Years, 'The New Abnormal'”. Stereogum (2020年4月10日). 2020年4月11日閲覧。
  6. ^ ニックとニコライ、デビューから快進撃の1年を語る
  7. ^ FUJI ROCK FESTIVAL '06、大トリはザ・ストロークスに決定。
  8. ^ The Strokes Artist Chart History: Albums”. Billboard. 2009年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年3月14日閲覧。
  9. ^ The Strokes Australia album chart history”. australian-charts.com. 2008年3月14日閲覧。
  10. ^ The Strokes Austria album chart history”. AustrianCharts.at. 2008年3月14日閲覧。
  11. ^ The Strokes Belgium album chart history”. ultratop.be. 2008年3月14日閲覧。
  12. ^ The Strokes France album chart history”. lescharts.com. 2008年3月14日閲覧。
  13. ^ The Strokes Germany album chart history”. Musicline.de. 2008年3月14日閲覧。
  14. ^ The Strokes Norway album chart history”. NorwegianCharts.com. 2008年3月14日閲覧。
  15. ^ The Strokes New Zealand album chart history”. charts.org.nz. 2008年3月14日閲覧。
  16. ^ The Strokes Sweden album chart history”. SwedishCharts.com. 2008年3月14日閲覧。
  17. ^ UK charts”. Everyhit.com. 2008年3月14日閲覧。
  18. ^ a b Gold and Platinum database”. Recording Industry Association of America. 2008年3月14日閲覧。
  19. ^ ARIA Charts – Accreditations – 2002 albums”. Australian Recording Industry Association. 2008年3月14日閲覧。
  20. ^ a b Canadian Recording Industry Association – Search Certification Database”. Canadian Recording Industry Association. 2008年3月14日閲覧。
  21. ^ Is This It Certified Awards”. British Phonographic Industry. 2008年3月14日閲覧。
  22. ^ ARIA Charts – Accreditations – 2004 Albums”. Australian Recording Industry Association. 2008年3月14日閲覧。
  23. ^ Room on Fire Certified Awards”. British Phonographic Industry. 2008年3月14日閲覧。
  24. ^ First Impressions of Earth Certified Awards”. British Phonographic Industry. 2008年3月14日閲覧。
  25. ^ The Strokes Billboard Chart History: Singles”. Allmusic. 2008年3月14日閲覧。
  26. ^ The Strokes Norway singles chart history”. NorwegianCharts.com. 2008年3月14日閲覧。
  27. ^ UK chartlog”. zobbel.de. 2009年7月9日閲覧。

外部リンク編集