メインメニューを開く

スパルタカス』は、宝塚歌劇団によって制作されたミュージカル作品。花組[1][2][3]公演。形式名は「ミュージカル・トラジディ」[1][2]。本公演は18場[1][2]。作・演出は小原弘稔[1][2]。本公演における併演作品は『白扇花集[1][2]安寿ミラ森奈みはるの宝塚大劇場・トップコンビお披露目公演であった[4]

目次

公演期間と公演場所編集

解説編集

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演[4]参考。

紀元前のローマ共和国で起こったスパルタクスの反乱を題材とする(『スパルタカス』はハリウッド映画などで用いられる英語読み)。奴隷の身分でありながら、叛乱軍を組織し、奴隷解放運動のために立ち上がった英雄スパルタカスの激動の半生を描く。

捕虜奴隷から剣闘士となったスパルタカスは、軍政官のサビヌスをもてなす試合で超一流の剣闘士に勝つ。彼はトラキア軍最高の戦士だった。スパルタカスを長に、剣闘士と奴隷たちは一大奴隷軍を組織して立ち上がる。

スタッフ(本公演)編集

※氏名の後ろに「宝塚[1]」「東京[2]」の文字がなければ両劇場共通。

主な配役編集

※氏名の前に「宝塚[5]」「東京[2]」の文字がなければ両劇場共通。()は新人公演[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 80年史 1994, p. 352.
  2. ^ a b c d e f g h 80年史 1994, p. 354.
  3. ^ a b c d 80年史 1994, p. 356.
  4. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 168.
  5. ^ a b 80年史 1994, pp. 352-353.
  6. ^ a b c d e f g h 80年史 1994, p. 353.

参考文献編集

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英『夢を描いて華やかに -宝塚歌劇80年史-』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3