メインメニューを開く

宝塚舞踊詩[1]白扇花集』 -白井鐵造作品集より-(はくせんかしゅう)は宝塚歌劇団舞台作品。15場[1]

花組[1]公演。

監修は内海重典[1]。構成・演出は横澤英雄[1]。演出・振付は花柳寿楽[1]

併演作品は『スパルタカス[1]』。

概要編集

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演[2]参考。

日本物のショー作品。

白井鐵造のかつての作品、場面を一本のショーにまとめた作品。「レインボウ宝塚」、「花詩集」、「源氏物語」、「白蓮記」等、この年限りとなった旧・宝塚大劇場の思い出の世界を再現している。

公演期間と公演場所編集

スタッフ編集

※氏名の後ろに「宝塚」、「東京」の文字がなければ両公演共通

主な配役編集

宝塚公演編集

東京公演の変更点編集

第四場

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 80年史 1994, p. 352、354.
  2. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 168.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag 80年史 1994, p. 352.
  4. ^ a b c d 80年史 1994, p. 354.

参考文献編集

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英『夢を描いて華やかに -宝塚歌劇80年史-』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5