メインメニューを開く
自動車 > スポーツユーティリティトラック
代表的なSUTの一つ、シボレー・アバランチ

スポーツユーティリティトラック (Sport Utility Truck, SUT) とは、ピックアップトラックSUVを融合した性格の自動車マーケティング用語であるため明確な定義は存在しないが、SUVや乗用車から派生し、4ドアのキャビンはそのままにリアセクションをオープンベッド化している車種が多い。

この用語を最初に使用したのは、フォード2000年に発表したエクスプローラー派生の中型ピックアップであるエクスプローラースポーツトラックとされる。翌2001年にはゼネラルモーターズが初のフルサイズSUTであるシボレー・アバランチ/キャデラック・エスカレードEXTを発表した。アバランチ/エスカレードEXTは可倒式の後席と「ミッドゲート」を備え、長い荷物の積載を可能とした。その後、スバル・バハホンダ・リッジライン、さらにハマーのH2 SUTとH3T、双竜自動車のムッソースポーツ、アクティオンスポーツ、コランドスポーツが市場に投入されたが、2012年時点で販売が行われているのはアバランチ/エスカレードEXT、リッジライン、コランドスポーツのみとなっている。

なお、シボレー・エルカミーノスバル・ブラットなどのように乗用車をベースに作られた2ドアのキャビンを備えたものはSUTではなくクーペユーティリティ (en:Coupé utility) と呼ばれる。

代表的なSUT編集

関連項目編集